1929年の日本公開映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1929年の日本公開映画(1929ねんのにほんこうかいえいが)では、1929年昭和4年)1月1日から同年12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。

記載の凡例については年度別日本公開映画#凡例を参照

作品一覧[編集]

1月[編集]

  • 空中サーカス(アメリカ)
  • 熊馴らしの娘(アメリカ)
  • 人生の乞食(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画3位
  • 紐育の波止場(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画1位
  • 夜明け前(アメリカ)
  • 笑ふ男(アメリカ)
  • 15日
  • 27日
    • 彼と人生(日本)

2月[編集]

  • アビーの白薔薇(アメリカ)
  • 噂の女(アメリカ)
  • 市俄古(シカゴ)(アメリカ)
  • 情炎の美姫(アメリカ)
  • 女優情史(アメリカ)
  • 都会の哀愁(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画10位
  • 都会の幻想(アメリカ)
  • モン・パリ(フランス)
  • リーベ(ドイツ)
  • 1日
    • 日本橋(日本)
  • 8日
  • 15日
  • 21日

3月[編集]

  • 女の一生(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画8位
  • 銀界征服(スイス)
  • キング・オブ・キングス(アメリカ)
  • 紅の踊(アメリカ)
  • 三週間(アメリカ)
  • 知られぬ人(アメリカ)
  • 肉体と悪魔(アメリカ)
  • ヴェルダン(フランス)
  • モダン結婚(アメリカ)
  • 1日
    • 灰燼(日本) - キネマ旬報ベストテン2位
  • 2日
  • 8日

4月[編集]

  • 赤毛布恋の渦巻(アメリカ)
  • ヴァレンシア(アメリカ)
  • ウォール街の狼(アメリカ)
  • カナリヤ殺人事件(アメリカ)
  • 彼の捕へし女(アメリカ)
  • 気まぐれ女優(アメリカ)
  • シンガポール(アメリカ)
  • 店曝らしの天使(アメリカ)
  • 鉄仮面(アメリカ)
  • メトロポリス(ドイツ) - キネマ旬報ベストテン外国映画4位
  • 12日
    • 朝日は輝く(日本)
  • 13日
  • 19日
    • 生ける人形(日本) - キネマ旬報ベストテン4位

5月[編集]

  • 海のロマンス(アメリカ)
  • マッターホーン(ドイツ)
  • 目覚め(アメリカ)
  • モスコーの女(アメリカ)
  • レッド・スキン(アメリカ)
  • ワルツの夢(ドイツ)
  • 3日
    • からたちの花(日本)
  • 18日
    • 大都会 労働篇(日本) - キネマ旬報ベストテン9位
  • 31日

6月[編集]

  • アクメッド王子の冒険(ドイツ)
  • 狼の唄(アメリカ)
  • 躍る青春(アメリカ)
  • クオリティ街(アメリカ)
  • 三人の踊子(アメリカ)
  • 青春(アメリカ)
  • 世界大戦(ドイツ)
  • 底抜け騒ぎ(ワイルド・パーティー)(アメリカ)
  • 14日

7月[編集]

  • アッシャー家の末裔(フランス)
  • 裏切者(アメリカ)
  • ダンセ・パリ(フランス)
  • レヴューの巴里っ子(アメリカ)
  • 5日
  • 7日
    • 日活行進曲(日本)
  • 19日
    • 多情仏心(日本)

8月[編集]

  • 赤い酒(アメリカ)
  • アルプス征服(ドイツ)
  • 君恋し(アメリカ)
  • 手紙(アメリカ)
  • 懐しのアリゾナ(アメリカ)
  • マタ・ハリ(ドイツ)
  • 1日
    • 無理矢理三千石(日本) - キネマ旬報ベストテン8位

9月[編集]

10月[編集]

  • 思ひ出(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画9位
  • 活動役者(アメリカ)
  • 恋の走馬燈(アメリカ)
  • 撮影所殺人事件(アメリカ)
  • 裁かるゝジャンヌ(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画7位
  • ショウ・ボート(アメリカ)
  • ブロードウェイ(アメリカ)
  • 四枚の羽根(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画6位
  • 17日
    • 不壊の白珠(日本)
    • 摩天楼 争闘篇(日本) - キネマ旬報ベストテン5位
  • 25日
    • 雲の王座(日本)

11月[編集]

  • 黄金の世界へ(アメリカ)
  • 踊る人生(アメリカ)
  • (アメリカ)
  • 曲線悩まし(アメリカ)
  • グリーン家の惨劇(アメリカ)
  • クリスティナ(アメリカ)
  • コケット(アメリカ)
  • コサック(アメリカ)
  • 南海の白影(アメリカ)
  • 母と子(ドイツ)
  • ブルドッグ・ドラモンド(アメリカ)
  • 港の女(アメリカ)
  • ラスト・モーメント(アメリカ)
  • 1日
    • 荒木又右衛門(日本)
    • 大尉の娘(日本)
  • 9日
    • 赤穂浪士 第一篇 堀田隼人の巻(日本)
  • 15日
  • 29日

12月[編集]

  • キートンの結婚狂(アメリカ)
  • 危険大歓迎(アメリカ)
  • 恋のデパート(アメリカ)
  • ココナッツ(アメリカ)
  • 紳士は金髪がお好き(アメリカ)
  • 白銀の翼(フランス)
  • 1日
    • 母(日本)
  • 14日
    • 貝殻一平 前篇(日本、帝国キネマ)
    • 貝殻一平 前篇(日本、東亜キネマ)
  • 25日
    • 貝殻一平 前篇(日本、松竹キネマ)
  • 31日
    • 貝殻一平 前篇(日本、河合)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 世界映画史研究会『舶来キネマ作品辞典・戦前編―日本で戦前に上映された外国映画一覧』(科学書院、1997年)
  • 畑暉男(編)『20世紀アメリカ映画辞典』(カタログハウス、2002年)

外部リンク[編集]