1927年の日本公開映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1927年の日本公開映画(1927ねんのにほんこうかいえいが)では、1927年昭和2年)1月1日から同年12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。

記載の凡例については年度別日本公開映画#凡例を参照

作品一覧[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 歓楽の舞姫(アメリカ)
  • ネル・ギン(イギリス)
  • 夢想の楽園(アメリカ)
  • 9日

3月[編集]

  • 恋は異なもの(アメリカ)
  • 謎の刺青(アメリカ)
  • 1日
  • 10日
  • 11日
    • 女優ナナ(フランス)帝国劇場[2]
  • 18日
    • 彼をめぐる五人の女(日本) - キネマ旬報ベストテン2位
    • ボー・ジェスト(アメリカ)武蔵野館[2] - キネマ旬報ベストテン外国映画4位
  • 29日

4月[編集]

  • 愛の坩堝(スウェーデン)
  • 粋な殿様(アメリカ)
  • イスラエルの月(オーストリア)
  • キートンの西部成金(アメリカ)
  • 田吾作ロイド一番槍(アメリカ)
  • 悲恋舞曲(アメリカ)
  • 復活(アメリカ)
  • 誉れの一番乗(アメリカ)
  • 落花長恨(アメリカ)
  • 我れ若し王者なりせば(アメリカ)
  • 7日
  • 29日
    • 鬼あざみ(日本)

5月[編集]

  • 霧の裏街(アメリカ)
  • サタンの嘆き(アメリカ)
  • 野薔薇(アメリカ)
  • 1日
    • 椿姫(日本)
  • 6日
  • 13日
    • 悪魔の星の下に(日本) - キネマ旬報ベストテン8位
  • 20日
  • 26日
  • 29日
    • 阿里山の侠児(日本)

6月[編集]

  • 3日
  • 5日
  • 15日
    • からくり娘(日本) - キネマ旬報ベストテン6位
  • 17日
    • 道中悲記(日本) - キネマ旬報ベストテン10位
  • 26日
    • 白虎隊(日本)

7月[編集]

  • 怪巡洋艦エムデン(ドイツ)
  • 百貨店(アメリカ)
  • 古着屋クーガン(アメリカ)
  • 1日
  • 14日
    • 地雷火組 第一篇(日本)
    • 鳴門秘帖 第六篇(日本、マキノ)
  • 22日
    • 地雷火組 第二篇(日本)
  • 31日

8月[編集]

9月[編集]

  • 栄光(アメリカ)
  • 想ひ叶ふて(アメリカ)
  • キートンの大学生(アメリカ)
  • 決死隊(アメリカ)
  • 椿姫(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画8位
  • ドン・ファン(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画10位
  • 肉体の道(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画5位
  • 美人帝国(アメリカ)
  • ビッグ・パレード(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画3位
  • 8日
  • 15日
    • 慈悲心鳥(日本) - キネマ旬報ベストテン7位
    • 鳴門秘帖 最終篇(日本、マキノ)

10月[編集]

  • 青鷲(アメリカ)
  • カルメン(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画9位
  • チャング(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画6位
  • 鉄条網(アメリカ)
  • ヴォルガの船唄(アメリカ)
  • 娘新旧両面鏡(アメリカ)
  • 1日
    • 建国史 尊王攘夷(日本) - キネマ旬報ベストテン3位
  • 14日
    • 下郎(日本) - キネマ旬報ベストテン9位
  • 26日
    • 海の勇者(日本) - キネマ旬報ベストテン5位

11月[編集]

  • 赤ちゃん母さん(アメリカ)
  • 悪魔の曲馬団(アメリカ)
  • 五つの魂を持つ女(アメリカ)
  • 第七天国(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画1位
  • タルチュフ(ドイツ)
  • 魔炎(アメリカ)
  • 力漕一艇身(アメリカ)
  • 3日
    • 砂絵呪縛 第二篇(日本、阪東妻三郎プロダクション)
    • 砂絵呪縛 第二篇(日本、日活)

12月[編集]

  • あれ(アメリカ)
  • 15日
    • 砂絵呪縛 終篇(日本、マキノ)
    • 砂絵呪縛 第三篇(日本、阪東妻三郎プロダクション)
    • 砂絵呪縛 完結篇(日本、日活)
  • 27日
  • 31日
    • 弥次喜多 尊王の巻(日本)

公開日不明[編集]

  • 砂絵呪縛(日本、東亜キネマ
  • 鳴門秘帖(日本、日活)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 田中純一郎『日本映画発達史Ⅱ 無声からトーキーへ』、中公文庫、P.122
  2. ^ a b c d e f 田中純一郎『日本映画発達史Ⅱ 無声からトーキーへ』、中公文庫、P.123
  3. ^ 東京朝日新聞 1927年5月5日夕刊の広告(武蔵野館
  4. ^ 東京朝日新聞 1927年5月19日夕刊夕刊の広告(帝国館武蔵野館
  5. ^ 東京朝日新聞 1927年9月7日夕刊夕刊の広告

参考文献[編集]

  • 世界映画史研究会『舶来キネマ作品辞典・戦前編―日本で戦前に上映された外国映画一覧』(科学書院、1997年)
  • 畑暉男(編)『20世紀アメリカ映画辞典』(カタログハウス、2002年)

外部リンク[編集]