1933年の日本公開映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1933年の日本公開映画(1933ねんのにほんこうかいえいが)では、1933年昭和8年)1月1日から同年12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。

記載の凡例については年度別日本公開映画#凡例を参照

作品一覧[編集]

1月[編集]

  • ウォール街の女将(アメリカ)
  • 極楽特急(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画9位
  • 蜃気楼の女(アメリカ)
  • 進め女性軍(アメリカ)
  • 街の風景(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画5位

2月[編集]

  • お化け大統領(アメリカ)
  • 貝殻と僧侶(フランス)
  • スザン・レノックス(アメリカ)
  • 制服の処女(ドイツ) - キネマ旬報ベストテン外国映画1位
  • 第一年(アメリカ)
  • 突貫勘太(アメリカ)
  • ひとで(フランス)
  • マデロンの悲劇(アメリカ)
  • 夜毎来る女(アメリカ)
  • 2日
  • 9日
    • 東京の女(日本)

3月[編集]

  • 裏町(アメリカ)
  • お蝶夫人(アメリカ)
  • お転婆キキ(アメリカ)
  • 自由の魂(アメリカ)
  • 人生謳歌(ドイツ)
  • 暴君ネロ(アメリカ)

4月[編集]

  • 暗黒街の顔役(アメリカ)
  • お気に召す儘(アメリカ)
  • 狂乱のアメリカ(アメリカ)
  • 心の青空(アメリカ)
  • 今宵ひととき(アメリカ)
  • たそがれの女(アメリカ)
  • 巴里祭(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画2位
  • 巴里-伯林(フランス/ドイツ)
  • 夫婦戦線(アメリカ)
  • 落下傘(アメリカ)
  • 1日
    • 君と別れて(日本) - キネマ旬報ベストテン4位
  • 27日
    • 非常線の女(日本)
    • 堀田隼人(日本) - キネマ旬報ベストテン9位

5月[編集]

  • 暁の耕地(アメリカ)
  • 競馬天国(アメリカ)
  • 犯罪都市(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画3位
  • 宝石泥棒(アメリカ)
  • ミス・ヨーロッパ(フランス)
  • 令嬢殺人事件(アメリカ)

6月[編集]

  • O.F氏のトランク(ドイツ)
  • 仮面の米国(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画6位
  • シナラ(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画8位
  • 永遠に微笑む(アメリカ)
  • 春の驟雨(フランス)
  • ミス・ダイナマイト(アメリカ)
  • 四十二番街(アメリカ)
  • 1日
    • 瀧の白糸(日本) - キネマ旬報ベストテン2位
  • 8日
    • 夜ごとの夢(日本) - キネマ旬報ベストテン3位
  • 15日

7月[編集]

  • 成吉思汗の仮面(アメリカ)
  • 戦場よさらば(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画6位
  • ミイラ再生(アメリカ)
  • 私重役様よ(アメリカ)
  • 13日
    • 二つ燈籠(日本) - キネマ旬報ベストテン4位

8月[編集]

  • 蒼白い瞼(アメリカ)
  • 仰言ひましたわネ(アメリカ)
  • カンターの闘牛師(アメリカ)
  • 銀嶺征服(ドイツ)
  • 散り行く魂(アメリカ)
  • 春なき二万年(アメリカ)
  • ヘル・ビロウ(アメリカ)
  • 10日
    • 音楽喜劇 ほろよひ人生(日本)
  • 31日
    • 祇園祭(日本)

9月[編集]

  • (アメリカ)
  • 嵐の国のテス(アメリカ)
  • キング・コング(アメリカ)
  • 恋の凱歌(アメリカ)
  • 女囚の意気地(アメリカ)
  • 肉の蝋人形(アメリカ)
  • 7日
    • 出来ごころ(日本) - キネマ旬報ベストテン1位
  • 14日
    • 新しき天 前篇(日本)
  • 28日
    • 鼠小僧次郎吉・前篇(日本) - キネマ旬報ベストテン8位
  • 29日
    • 新しき天 後篇(日本)

10月[編集]

  • あめりか祭(アメリカ)
  • 今日限りの命(アメリカ)
  • グランド・ホテル(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画9位
  • 紅塵(アメリカ)
  • 殺人魔の魂(アメリカ)
  • 無名戦士(フランス/ドイツ)
  • モナ・リザの失踪(ドイツ)
  • 夢みる唇(ドイツ) - キネマ旬報ベストテン外国映画9位
  • リオの誘惑(アメリカ)
  • 鷲と鷹(アメリカ)
  • 笑ふ罪人(アメリカ)
  • 12日
    • 鯉名の銀平(日本) - キネマ旬報ベストテン9位

11月[編集]

  • 秋の女性(ドイツ)
  • 仮面の男(アメリカ)
  • クウレ・ワムペ(ドイツ)
  • 恋の日曜日(ドイツ)
  • 黒衣の処女(ドイツ)
  • 人類の戦士(アメリカ)
  • 霧笛の波止場(アメリカ)
  • 1日
    • 鼠小僧次郎吉・中篇(日本)
  • 15日
    • 丹下左膳 第一篇(日本) - キネマ旬報ベストテン6位
  • 16日
    • 沈丁花(日本)

12月[編集]

  • SOS氷山(ドイツ/アメリカ)
  • 大帝国行進曲(アメリカ)
  • キートンの麦酒狂(アメリカ)
  • 紅唇罪あり(アメリカ)
  • ゴールド・ディガース(アメリカ)
  • 三角の月(アメリカ)
  • 征空大艦隊(イタリア)
  • 戦線の嵐(アメリカ)
  • 秘密(アメリカ)
  • プラチナ・ブロンド(アメリカ)
  • 14日
    • 鼠小僧次郎吉・後篇(日本)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 世界映画史研究会『舶来キネマ作品辞典・戦前編―日本で戦前に上映された外国映画一覧』(科学書院、1997年)
  • 畑暉男(編)『20世紀アメリカ映画辞典』(カタログハウス、2002年)

外部リンク[編集]