1924年の日本公開映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1924年の日本公開映画(1924ねんのにほんこうかいえいが)では、1924年大正13年)1月1日から同年12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。

記載の凡例については年度別日本公開映画#凡例を参照

作品一覧[編集]

日本映画だけで523作品が公開された[1]

1月[編集]

  • 嵐の国のテス(アメリカ)
  • 過去からの呼声(イタリア)[2]
  • 孔雀の路(アメリカ)
  • 白絹の女(アメリカ)
  • 7日
  • 13日

2月[編集]

  • 愛の燈明(アメリカ)
  • 不滅の情火(アメリカ)

3月[編集]

  • 女の魅力(アメリカ)
  • 人生のメリー・ゴーラウンド(ドイツ)
  • 放埓娘(アメリカ)
  • 若きダイアナ(アメリカ)
  • 23日
    • はたちの頃(日本)

4月[編集]

  • 久遠の微笑(アメリカ)
  • 国民の創生(アメリカ)
  • 人形の家(アメリカ)
  • メリー・ゴー・ラウンド(アメリカ)

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • カルメン(ドイツ)
  • 極北の怪異(アメリカ)

9月[編集]

  • 尖塔の声(アメリカ)
  • ホリウッド(アメリカ)
  • 幌馬車(アメリカ)
  • 5日

10月[編集]

  • 結婚哲学(アメリカ)
  • 椿姫(アメリカ)
  • 巴里の女性(アメリカ)
  • 舞姫ザザ(アメリカ)
  • ロジタ(アメリカ)
  • 1日
  • 3日
    • ノートルダムのせむし男(アメリカ)※5月18日に帝国ホテル演芸場で先行上映[3]
  • 17日

11月[編集]

  • 思ひ出(ドイツ)
  • 西班牙の踊子(アメリカ)
  • チート(アメリカ)
  • 21日
    • 嘆きの孔雀(日本)

12月[編集]

  • 寵姫ズムルン(ドイツ)
  • 31日
    • 不如帰浪子(日本)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1924年 公開作品一覧 523作品 - 日本映画データベース、2011年11月1日閲覧。
  2. ^ 『帝都封切館 戦前映画プログラム・コレクション』(松田集編 フィルムアート社 1994年)p42。
  3. ^ 『帝都封切館』p47

参考文献[編集]

  • 世界映画史研究会『舶来キネマ作品辞典・戦前編―日本で戦前に上映された外国映画一覧』(科学書院、1997年)
  • 畑暉男(編)『20世紀アメリカ映画辞典』(カタログハウス、2002年)

外部リンク[編集]