阿比留文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿比留文字(ただし写真のものは異体字であるアメコアヒルモジ)
Ahiru moji 1.jpg
類型: 音節文字
言語: 日本語
発明者: 未詳
時期: 未詳(1700年頃説、538年以前説)
親の文字体系:
未詳
  • 阿比留文字(ただし写真のものは異体字であるアメコアヒルモジ)
Unicode範囲: 割り当てなし
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

阿比留文字(あびるもじ)は、神代文字の一種である。

概要[編集]

対馬国卜部氏阿比留氏に伝わったといわれる文字で、阿比留家の文書に阿比留草文字対馬文字と共に書かれている。江戸時代の国学者である平田篤胤が『神事日文伝』で「阿比留文字」として紹介し「日文四十七音」とも呼んだ。

阿比留文字は、漢字でいうと右側のにあたる部分に母音が、左側のにあたる部分に子音を配置し[1]、子音と母音を組み合わせることで、日本のかな五十音表に対応できる形をとっている。

また、平田篤胤が『神事日文伝上』で『釈日本紀』に述べられていた「肥人之字」であると書いたのは、篤胤が阿比留文字の草書体と考えていた「阿比留草文字」である[2]。篤胤は「阿比留草文字」は「阿比留文字」の草書体であるとしていたが、現在は一般的に別の文字であるとされる。

ハングルとの比較[編集]

阿比留文字と、朝鮮半島で使われるハングルは形が似ており、関連が指摘されている。

日本語のエ段音を表すために朝鮮語で /ɔ/(現代の発音では[ɔ])を表す字母()が使用されていたり、ラ行を表すために朝鮮語で /d/ を表す字母()を左右反転させた形が(あるいは朝鮮語で /r/ を表す字母()の上半分の形ともいえる)使われている。但しハングルと違い、母音字母は必ず子音字母の右に置かれる(全て下に置くものもある。竹内文書では縦文字をアメコアヒルモジという)。またハングルではヤ行 /j/ を表す子音字母はなく、/ja/、/ju/、/jo/ 全体を母音字母として表記するが、阿比留文字ではヤ行を表す子音字母が新設されている。またヂ・ヅはダ・デ・ドと同様、朝鮮語で/d/を表す字母()で綴られている。

太古から日本と朝鮮半島には交流があった事から、阿比留文字はハングルとは何らかの関係があるのだろうとしている者もおり、国学者伴信友の『仮字本末』や、国語学者の山田孝雄の『所謂神代文字の論』においてハングルとの類似が指摘された[3]。また、成立を538年以前とする説に従うと訓民正音の公布(1446年)より前となることから、ハングルの基になったという見解を持つ人々もいる[1](ただし、ハングルの基の文字としてはモンゴルパスパ文字とする説もある[4][5][6][7])。

用途[編集]

阿比留文字による銘文が刻まれた石碑が宮崎県の円野神社にあり、また安曇野市の道祖神にも刻まれている。

脚注・参考資料[編集]

  1. ^ a b 竹下義朗『教科書になれなかった史実』第5章 雷韻出版 ISBN 978-4947737083
  2. ^ 篤胤は『釈日本紀』に肥人の字について「或乃川等字明見之」とあり、阿比留草文字に「乃川」に見える文字が存在することを根拠として「神字の草書を肥國人の書るなること疑なく」と述べた。
  3. ^ ほかに吾郷清彦『日本神代文字研究原典』新人物往来社、1996年など。
  4. ^ Ledyard, Gari K. (1998). The Korean Language Reform of 1446. Seoul: Shingu munhwasa.Ledyard, Gari K. (1997). "The International Linguistic Background of the Correct Sounds for the Instruction of the People". In Young-Key Kim-Renaud, ed. The Korean Alphabet: Its History and Structure. Honolulu: University of Hawai'i Press.
  5. ^ 正木晃『裸形のチベット チベットの宗教・政治・外交の歴史』、37-38頁
  6. ^ 「訓民正音、モンゴル‘パスパ文字’の影響受けた」…高麗大教授(2013年5月閲覧)
  7. ^ 岡田英弘『皇帝たちの中国』、第3章 ISBN-10:4-562-03148-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]