オリヤー文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
オリヤー文字
Tierecke OriyaSign.jpg
オリヤー文字とラテン文字による看板。
類型: アブギダ
言語: オリヤー語
時期: 1051年頃-現在
親の文字体系:
Unicode範囲: U+0B00 - U+0B7F
ISO 15924 コード: Orya
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。

オリヤー文字(オリヤーもじ)は、ブラーフミー文字から派生した文字体系。主にオリヤー語を表記する。ほとんどの字が丸っこいのが特徴的だが、これはデーヴァナーガリーの横棒が丸く収まったものである。

コンピュータ[編集]

Unicode[編集]

オリヤー文字は Unicode の U+0B00 - U+0B7F の範囲に収録されている。

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+0B0x
U+0B1x
U+0B2x
U+0B3x ି
U+0B4x
U+0B5x
U+0B6x
U+0B7x

キーボード[編集]

Windowsのオリヤー語キーボードの配列は以下の通り。

赤字部分は「右Alt」を用いて入力。デーヴァナーガリー(ヒンディー語など)と同じく、InScript配列になっている。


外部リンク[編集]