バムン文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バムン文字
Shumom-text.jpg
バムン文字で書かれたテキスト。
類型: 音節文字 (当初は象形文字
言語: バムン語
発明者: ンジョーヤ(バムン王)
時期: 1903年 - 現在
Unicode範囲: U+A6A0-U+A6FF (提案中(Bamum Supplement 47P))
ISO 15924 コード: Bamu
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。

バムン文字(バムンもじ)はカメルーンに住むバムン人バムン語を表記するために作られた表音文字20世紀初頭にバムン王国スルターンであったンジョーヤが考案した。初期のバムン文字は絵文字であったが、やがて象形文字のような線記号に変化を遂げていった。

一般普及したヴァイ文字とは違い、宮廷内の一部の者に限って使用された。

外部リンク[編集]