ゴバ文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴバ文字
Geba.jpg
類型: 音節文字
言語: ナシ語英語版
ISO 15924 コード: Nkgb
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

ゴバ文字中国語: 哥巴文、ナシ語: ɡə31ba31the33ɤɯ33[1]、「弟子の文字」を意味する)は、ナシ族が使用していた文字のひとつである。ナシ族のもう一つの文字であるトンバ文字とは異なり、ゴバ文字は音節文字の一種である。ゴバ文字がいつ作られたかはわかっていない。この文字がトンバ文字より後に作られ、ゴバ文字とは「トンバ文字の弟子」という意味だと主張する学者もあるが、別な学者はトンバ文字よりゴバ文字の方が古いと考えている[1][2]

ゴバ文字の字形は主にトンバ文字と漢字が変化したものであり[1][2]、500文字前後が存在する[3]

ゴバ文字は1文字が1音節を表し、筆画は簡単である。左から右に横書きされる。声調は表示されず、字体が一定でなく、同じ音が異なる字で表されたり、同じ字が異なる音を表したりする現象があるため、完全に理解するのは難しい。使用される地理的範囲は比較的狭く、麗江市維西リス族自治県の一部でのみ行われる[1][2][3]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 『納西族文化大観』雲南省民族事務委員会、雲南民族出版社、2013年、105-106頁。
  2. ^ a b c 『中国少数民族史大辞典』高文徳、吉林教育出版社、1995年。
  3. ^ a b 『中国少数民族文化大辞典 西南地区卷』鉄木爾・達瓦買提、民族出版社、1998年。

外部リンク[編集]