ショー文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ショー文字
Shavian in Shavian.png
ショー文字で「Shavian alphabet」と書いた例
類型: アルファベット
言語: 英語
発明者: キングズリー・リード
時期: 1959年
Unicode範囲: U+10450..U+1047F
ISO 15924 コード: Shaw
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

ショー文字(Shaw's alphabet、Shavian alphabet)は、ジョージ・バーナード・ショーの遺言によって英語の表音的な正書法のために制定された、40文字(合字を含めて48文字)からなるアルファベットである。1959年にキングズリー・リードによって作成された[1]

英語の正書法改革案としておそらくもっとも有名で、かつもっとも過激なものだが[1]、現実に使われることはほとんどなかった。

歴史[編集]

ジョージ・バーナード・ショーは英語のつづり字改革の必要性を長年にわたって主張してきたが、従来のラテン文字と異なる、40文字以上からなるまったく新しい表音的な文字だけが英語のつづり字の問題を解決できるという信念を持っていた[2]。晩年のショーは大金持ちだったが、この新しい文字の開発のために遺産から資金を提供することに決めた[2]。1950年にショーが没した後、遺産をめぐって法廷闘争がおきたが、最終的に遺産のごく一部を使って新文字のコンテストが行われた結果、キングズリー・リード(en)の案が採用された。これがショー文字である[3](実際には4つの案がコンテストの「勝者」とされたが、その後にさらに検討が行われた結果、キングズリー・リードの案が改訂の上で使われることになった[4])。

ピーター・マッカーシーによってこの文字で書き直された、ショーの『アンドロクリーズとライオン』が1962年にペンギン・ブックスから出版された[3][4]

特徴[編集]

ショーの文字は左から右へつづられるアルファベットであり、すべて一筆で書くことができる。40文字から構成され、大文字と小文字の区別はない。文字はアセンダーを持つ「高い字(tall letters、10字)」、ディセンダーを持つ「深い字(deep letters、10字)」、およびどちらも持たない「短い字(short letters、20字)」から構成される。深い字は高い字のそれぞれを180度回転させたものであり、高い字が無声音の場合、それを回転させた深い字は対応する有声音になる(p/b, t/d, k/g, f/v, θ/ð, s/z, ʃ/ʒ, tʃ/dʒ の8対)。

このほかに、続けて1文字のようにつづられる8つの複合文字(合字)がある[5]。その大半は英語をつづるときに問題になりやすい、「Shavian Roar.svg(r)」で終わる音のためにある[4]

4つのもっともよく使われる単語(the, of, and, to)はそれぞれ1文字で「Shavian They.svg Shavian Vow.svg Shavian Nun.svg Shavian Tot.svgð v n t)」とつづられる。また、固有名詞は前に中黒を置いてもよい[5]

文字 文字名 文字 文字名
tall letters deep letters
Shavian Peep.svg peep p Shavian Bib.svg bib b
Shavian Tot.svg tot t Shavian Dead.svg dead d
Shavian Kick.svg kick k Shavian Gag.svg gag ɡ
Shavian Fee.svg fee f Shavian Vow.svg vow v
Shavian Thigh.svg thigh θ Shavian They.svg they ð
Shavian So.svg so s Shavian Zoo.svg zoo z
Shavian Sure.svg sure ʃ Shavian Measure.svg measure ʒ
Shavian Church.svg church Shavian Judge.svg judge
Shavian Yea.svg yea j Shavian Woe.svg woe w
Shavian Hung.svg hung ŋ Shavian Ha-ha.svg ha-ha h
short letters
Shavian Loll.svg loll l Shavian Roar.svg roar ɹ
Shavian Mime.svg mime m Shavian Nun.svg nun n
Shavian If.svg if ɪ Shavian Eat.svg eat
Shavian Egg.svg egg ɛ Shavian Age.svg age
Shavian Ash.svg ash æ Shavian Ice.svg ice
Shavian Ado.svg ado ə Shavian Up.svg up ʌ
Shavian On.svg on ɒ Shavian Oak.svg oak əʊ
Shavian Wool.svg wool ʊ Shavian Ooze.svg ooze
Shavian Out.svg out Shavian Oil.svg oil ɔɪ
Shavian Ah.svg ah ɑː Shavian Awe.svg awe ɔː
合字
文字 文字名
Shavian Are.svg are ɑːɹ
Shavian Or.svg or ɔːɹ
Shavian Air.svg air ɛəɹ
Shavian Err.svg err əːɹ
Shavian Array.svg array əɹ
Shavian Ear.svg ear ɪəɹ
Shavian Ian.svg ian ɪə
Shavian Yew.svg yew juː

Unicode[編集]

Unicodeではバージョン4.0(2003年)でショー文字を追加多言語面のU+10450からU+1047Fまでに加えた[6]。合字を含めて全48字を収録している。

Shavian[7]
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+1045x 𐑐 𐑑 𐑒 𐑓 𐑔 𐑕 𐑖 𐑗 𐑘 𐑙 𐑚 𐑛 𐑜 𐑝 𐑞 𐑟
U+1046x 𐑠 𐑡 𐑢 𐑣 𐑤 𐑥 𐑦 𐑧 𐑨 𐑩 𐑪 𐑫 𐑬 𐑭 𐑮 𐑯
U+1047x 𐑰 𐑱 𐑲 𐑳 𐑴 𐑵 𐑶 𐑷 𐑸 𐑹 𐑺 𐑻 𐑼 𐑽 𐑾 𐑿

脚注[編集]

  1. ^ a b Geofrey Sampson (1985). Writing Systems. Stanford University Press. p. 195. ISBN 0804717567. 
  2. ^ a b Collins & Mees (1998) p.365
  3. ^ a b Collins & Mees (1998) p.509注43
  4. ^ a b c Warren S. Smith (1963), “First "Shaw Alphabet" Book”, The Shaw Review 6 (1): 34-36, JSTOR 40681984, http://jstor.org/stable/40681984 
  5. ^ a b Shaw alphabet, https://mattoid.com/data/Literature/Shaw_alphabet.htm 
  6. ^ Supported Scripts, Unicode, Inc., https://www.unicode.org/standard/supported.html 
  7. ^ Shavian, Unicode, Inc, https://www.unicode.org/charts/PDF/U10450.pdf 

参考文献[編集]

  • Collins, Beverly; Mees, Inger M. (1998). The Real Professor Higgins: The Life and Career of Daniel Jones. Mouton de Gruyter. ISBN 3110151243. 

外部リンク[編集]