原シナイ文字から派生した文字体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地球上で使われている音素文字 (「アルファベット」と呼ばれることがあるが、厳密な用語法は下記参照) の大多数は、原シナイ文字から派生したものである。ラテン文字 (今日、多数の言語で表記に使っている)、類縁のヘブライ文字アラビア文字、いわゆるルーン文字 (ゲルマン人のルーン文字とマジャル人のロヴァーシュ文字)、エチオピア文字 (ゲエズ文字)、インドの文字体系であるデーヴァナーガリーフィリピンインドネシアの伝統的な文字体系などがある。クリー語のカナダ先住民文字もおそらくそうである。チェロキー文字のように、こういった文字体系の外見をまねて作られたが音節を表記する体系もある。

原シナイ文字から派生したのではない音素文字体系としては、オル・チキ文字注音符号メロエ文字等を挙げることができる。

青銅器時代中期の音素文字で最初のものは、エジプトヒエログリフから生じた。メロエ文字は、おそらく独立した音素文字体系としては最初のものだが、やはりエジプトヒエログリフから生じたものなので、原シナイ文字の系統と類縁かもしれない。

系統[編集]

[編集]

  • 年代は、その文字体系の「誕生」のおおよその時期を表す。ただし多くの場合 (「頃」としたもの) いくらか幅があり、数世紀の幅があるものもある。場合によっては、ある文字体系が他の文字体系から発展してくる過程が何世紀にもわたる漸進的なものであることもあるので、厳密に年代を定めるのは困難である。年代の後に括弧書きで、その文字体系が初めて広く使われた地域がある現代の国名をひとつかふたつ挙げた。若干の文字体系では、「親の文字体系」と子の文字体系の間での継承関係を、文字ごとの字形の比較から直接に確定できておらず、特定の系統に入れることには疑問の余地がある。たとえば、チベット文字やグルジア文字の場合である。ここに挙げた情報は、多くが "Ancient Scripts" ウェブサイトおよび "Omniglot" ウェブサイトを元にまとめたものだが、両者の見解が一致しない点もある。ここに挙げた文字体系を「アルファベット」と呼んでいる例があるが、今日の言語学による類型でアブギダセミシラバリーに分類されるものは斜体で示した。それ以外のものはアブジャドまたは狭義のアルファベットである。ここに挙げた文字体系には、今日ではもはや言語の表記には広く使われていない (他の文字体系を採用したため放棄された) ものも多い。現在も使われるものには「*」を付け、太字にした。
  • Gari Ledyard など一部の研究者は、ハングルの子音の符号が初期のパスパ文字の影響を受けていることを示唆している。より詳細な情報はen:Gari Ledyardの項を参照。
  • 日本語表記での文字体系の名称は、原則として[1]によった。
  1. ^ 河野六郎・千野栄一・西田龍雄編著 『言語学大辞典 別巻 世界文字辞典』 三省堂、2001年7月。ISBN 4-385-15177-6

関連項目[編集]