未解読文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

未解読文字(みかいどくもじ)とは、未だ解読されていない文字体系のことである。

未解読となる原因[編集]

人類は文字を獲得して以来、様々な事柄を文字にして記録に残してきた。昔の人間が書いた内容は様々な学問の分野において価値がある。しかし現在の視点から見て、昔の文字体系の全てが伝えられてきたわけではなく、詳細不明となった昔の文字体系の全てを解明することはできていない。

理由として以下のことが挙げられる。

  • 既知の言語からかけ離れた関係の孤立した言語である。
  • 発見された文献に使用されている文字の量が少なく、情報が不足している。

未解読とされる文字体系のいくつか(例として、後オルメカ、ファイストスおよびインダス文字)には解読されたという主張もあるが、これらの主張は独立の研究者などによって確認されておらず、主流になっていない。

未解読文字の例[編集]

関連項目[編集]