アファカ文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アファカ文字
ジュカ音節文字
類型: 音節文字
言語: ジュカ語英語版
発明者: アファカ・アトゥミシ
時期: 1910年以前-現在
ISO 15924 コード: Afak
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

アファカ文字(Afáka)は、ジュカ音節文字(Djuka[1], Ndyuka)[2]ともいい、オランダ領ギアナ(今のスリナム)でジュカ語英語版を表記するためにアファカ・アトゥミシによって1910年ごろに考案された音節文字。左から右に書かれる。

概要[編集]

18子音と5母音の組み合わせによる文字表

ジュカ語は英語系のクレオールであり、1667年のブレダの和約でスリナムがイギリスからオランダに割譲された後も使われ続けた[3]。音節構造は単純で、CV型の開音節言語である[4]

オランダ領ギアナのマルーンであったアファカ・アトゥミシ(1918年没)が、1910年のハレー彗星出現の少し前に夢のおつげによってこの文字を伝えるように言われたという[5]カトリック宣教師もこの文字を宣教のために使った[6]。しかし、文字はごく一部の人々にしか普及しなかった[3]。2012年現在で使用者は20人以上あるという[7]

1955年生まれのジュカ語話者であるAndré Pakosieはこの文字を学んだ後、スリナム内戦英語版のために1987年にオランダに逃がれたが[8]、そこでマルーンの文化振興のためのサバナペティ財団を設立し、この文字を推進している[9]。現代のアファカ文字ではいくつかの新しい文字が追加されつつある[7]

アファカ文字は56文字からなるCV型の音節文字だが、ジュカ語を過不足なく表現できているわけでない。母音eとi、oとuはしばしば区別されない。音節末の鼻音や鼻母音は表記されず、有声子音と前鼻音化子音も区別されない。長母音については、 は ‹ko-o› のように母音を追加することで表すことができる[7]

Unicode[編集]

アファカ文字をUnicode追加多言語面に収録するための提案が提出されている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 古いオランダ式の表記
  2. ^ 言語学大辞典』別巻『世界文字辞典』(2001)
  3. ^ a b Daniels (1996) p.584
  4. ^ Dubelaar & Pakosie (1993) p.239
  5. ^ Dalby (1971) p.115
  6. ^ Dubelaar & Pakosie (1988) pp.146-148
  7. ^ a b c d Michael Everson (2012-07-17), N4292 Revised proposal for encoding the Afáka script in the SMP of the UCS, https://www.unicode.org/L2/L2012/12228-n4292-afaka.pdf 
  8. ^ Dubelaar & Pakosie (1988) p.149
  9. ^ Interview with Andre Pakosie, Kabiten of the Ndyuka in the Netherlands, (2011), https://abengcentral.wordpress.com/interview-with-andre-pakosie-kabiten-of-the-ndyuka-in-the-netherlands/ 

参考文献[編集]

  • Dalby, David (1971). “The Historical Problem of the Indigenous Scripts of West Africa and Surinam”. In David Dalby. Language and History in Africa. Cass. pp. 109-119. ISBN 0714624209. 
  • Daniels, Peter T. (1996). “The Invention of Writing”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 579-586. ISBN 0195079930. 
  • Dubelaar, C. N.; Pakosie, André (1988年). “Seven Notes in Afaka Script”. New West Indian Guide 62 (3-4): 146-164. doi:10.1163/13822373-90002042. JSTOR 41849333. 
  • Dubelaar, C. N.; Pakosie, André (1993年). “Kago Buku: Notes by Captain Kago from Tabiki, Tapanahoni River, Suriname, Written in Afaka Script”. New West Indian Guide 67 (3-4): 239-279. doi:10.1163/13822373-90002667. JSTOR 41849538. 

外部リンク[編集]