藤田保健衛生大学病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 藤田保健衛生大学病院
Fujita health university hospital.jpg
情報
正式名称 藤田保健衛生大学病院
英語名称 FUJITA HEALTH UNIVERSITY HOSPITAL
前身 名古屋保健衛生大学病院
藤田学園保健衛生大学病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、矯正歯科、小児歯科、麻酔科
許可病床数 1,505床
精神病床:51床
一般病床:1,454床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 学校法人藤田学園
管理者 星長清隆(病院長)
開設年月日 1973年5月29日
所在地
470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
位置 北緯35度4分14秒
東経137度0分2秒
二次医療圏 尾張東部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

藤田保健衛生大学病院(ふじたほけんえいせいだいがくびょういん)は、愛知県豊明市にある藤田保健衛生大学の附属大学病院である。病床数は1,505床であり、単一の病院としては国内最多である。愛知県に2施設ある基幹災害医療センター(もう1カ所は愛知医科大学病院)として、愛知県の災害医療の拠点の役割を果たすほか、特定機能病院その他の機能を有する。略称として保健衛生大学病院衛生大病院保衛大病院と呼ばれる。


沿革[編集]

診療科目[編集]

施設[編集]

南玄関前から見た正面玄関
病院へ向かうあけぼの杉の並木

建物は1号棟、2号棟、3号棟、外来棟、低侵襲画像診断・治療センターで構成され、病院内又は学園敷地内に以下の施設がある。

関連病院 ・診療所[編集]

交通アクセス[編集]

  • 名鉄名古屋本線前後駅」から名鉄バスに乗り換え「藤田保健衛生大学病院」で下車、所要時間15分。この系統の半数は更に先の「徳重駅」や「赤池駅」にも乗り入れており、これらの駅からも利用できる。所要時間は徳重駅から20分、赤池駅から40分。
  • 名古屋市営地下鉄桜通線鳴子北駅」(鳴子16)または「徳重駅」(徳重13)から名古屋市営バスに乗り換え「藤田保健衛生大学病院」で下車。所要時間は鳴子北駅から35分、徳重駅から20分。
  • 名古屋市営地下鉄鶴舞線原駅」から名古屋市営バス徳重13号系統に乗り換え「藤田保健衛生大学病院」で下車、所要時間40分。
  • この他にも名古屋市営地下鉄桜通線「神沢駅」やJR東海道本線大高駅」または名鉄名古屋本線「有松駅」から名古屋市営バスに乗り換えてもアクセスできるが、巡回系統(徳重巡回および緑巡回)であるために本数が少ないうえ、大回りになる。
  • 一般路線バスの他に、豊明市公共施設巡回バス「ひまわりバス」も乗り入れている。1号・2号・3号の全ての路線を利用できる。
  • かつてはバスのりばは病院玄関から離れたところに位置していた(降車所は玄関前)が、近年玄関前に移動し、利用しやすくなった。
  • 2003年(平成15年)3月27日より名鉄バスのほかに名古屋市営バスも病院まで乗り入れるようになり、名古屋市側からのアクセスが向上した(それまでは藤田学園が運行するマイクロバスで諸ノ木バス停まで行く必要があった)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]