神沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神沢駅
Kamisawa Station Entrance 1.jpg
神沢駅1番出入口
かみさわ
Kamisawa
S19 相生山 (1.4 km)
(0.8 km) 徳重 S21
所在地 名古屋市緑区神沢一丁目303
駅番号 S20
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 桜通線
キロ程 18.3 km(中村区役所起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,257人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗降人員
-統計年度-
6,388[1]人/日
-2019年-
開業年月日 2011年平成23年)3月27日
テンプレートを表示
プラットホーム

神沢駅(かみさわえき)は、愛知県名古屋市緑区神沢一丁目にある名古屋市営地下鉄桜通線である。駅番号S20。駅のテーマカラーは黄櫨染である[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、可動式ホーム柵が設置されている。ホームは20m車6両編成まで対応している。出入口は2箇所あり、いずれもエレベーターが設置されている。当駅周辺は傾斜地であるため駅は全体的に深めに造られており、ホームは地表から約20mの深さに位置する。

当駅は、桜通線駅務区桜本町管区駅が管轄している。

駅業務は日本通運に委託されている[3]

のりば[編集]

ホーム 路線 行先
1 Nagoya Subway Logo V2 (Sakura-dori Line).svg 桜通線 徳重方面
2 今池名古屋中村区役所方面
Kamisawa station map Nagoya subway's Sakura-dori line 2014.png

利用状況[編集]

2019年度の乗車人員は1,192,191人で[4]、1日平均乗車人員は3,257人である。桜通線の駅では鶴里駅に次いで乗車人員が少なく、名古屋市営地下鉄全線でも妙音通駅上飯田駅(名鉄直通利用者を含まず)、鶴里駅に次いで少ない駅である。終点の徳重駅まで比較的近いため、当駅の利用者はほとんど今池・名古屋方面へ向かう。

開業以降の年度別乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別乗車人員
年度 乗車人員
1日平均 年度毎[4]
2010年(平成22年) [5] 2,556 12,780
2011年(平成23年) 2,305 843,738
2012年(平成24年) 2,586 944,072
2013年(平成25年) 2,813 1,026,822
2014年(平成26年) 2,969 1,083,801
2015年(平成27年) 3,087 1,129,996
2016年(平成28年) 3,204 1,169,528
2017年(平成29年) 3,288 1,200,241
2018年(平成30年) 3,266 1,192,191
2019年(令和元年) 3,257 1,192,191

駅周辺[編集]

周囲には、集合団地など住宅が多数存在する。

周辺の施設[編集]

路線バス[編集]

最寄りのバス停は、名古屋市営バス地下鉄神沢である。地下鉄延伸前は神沢一丁目という名称で、野並駅原駅からの路線があったが、現在は地域巡回系統のみが経由する。

隣の駅[編集]

Nagoya Subway Logo (black).svg 名古屋市交通局
Nagoya Subway Logo V2 (Sakura-dori Line).svg 桜通線
相生山駅 (S19) - 神沢駅 (S20) - 徳重駅 (S21)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 交通広告メディアガイド2021年版 (PDF)”. 名古屋市交通局. 2021年4月6日閲覧。
  2. ^ 中京テレビニュース 名古屋市営地下鉄桜通線の延伸部分を公開 2011年2月18日放送の『news every.中京テレビローカルパートより。
  3. ^ 交通局事業概要(令和元年度) 名古屋市交通局の組織 (PDF)”. 名古屋市交通局. p. 54 (2019年7月). 2020年6月22日閲覧。
  4. ^ a b 市営地下鉄 各駅乗車人員の推移 - 名古屋市
  5. ^ 2011年3月27日開業。開業日から同年3月31日までの5日間のデータ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]