神沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神沢駅
神沢駅1番出入口
神沢駅1番出入口
かみさわ - Kamisawa
S19 相生山 (1.4km)
(0.8km) 徳重 S21
所在地 名古屋市緑区神沢1丁目303
駅番号 S20
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 桜通線
キロ程 18.3km(中村区役所起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,813人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 2011年平成23年)3月27日

神沢駅(かみさわえき)は、愛知県名古屋市緑区神沢1丁目にある名古屋市営地下鉄桜通線である。駅番号S20

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、可動式ホーム柵が設置されている。ホームは20m車6両編成まで対応している。名古屋市営地下鉄で初めて駅のイメージカラーが設定され、その色は黄櫨染である[1]。出入口は2箇所あり、いずれもエレベーターが設置されている。

駅業務は日本通運に委託されている[2]

のりば
1 桜通線 徳重ゆき
2 桜通線 今池名古屋中村区役所方面

利用状況[編集]

2013年度の乗車人員は1,026,822人である[3]。したがって、同年度の1日平均乗車人員は2,813人である。桜通線の駅では最も乗車人員が少なく、名古屋市営地下鉄全線でも妙音通駅に次いで少ない駅である。

開業以降の年度別乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別乗車人員
年度 乗車人員
1日平均 年度毎[3]
2010年(平成22年) [4] 2,556 12,780
2011年(平成23年) 2,305 843,738
2012年(平成24年) 2,586 944,072
2013年(平成25年) 2,813 1,026,822

駅周辺[編集]

周囲には、集合団地など住宅が多数存在する。

路線バス[編集]

最寄りのバス停は、名古屋市営バス地下鉄神沢である。地下鉄延伸前は野並駅原駅からの路線があったが、現在は地域巡回系統のみが経由する。

地下鉄開業前は神沢一丁目という名称だった。

隣の駅[編集]

名古屋市交通局
桜通線
相生山駅 (S19) - 神沢駅 (S20) - 徳重駅 (S21)

脚注[編集]

  1. ^ 中京テレビニュース 名古屋市営地下鉄桜通線の延伸部分を公開 2011年2月18日放送の『news every.中京テレビローカルパートより。
  2. ^ 経営健全化計画に対する取り組み状況 (PDF) (資料3) P.18 - 名古屋市交通局(2013年2月17日閲覧)
  3. ^ a b 市営地下鉄 各駅乗車人員の推移 - 名古屋市
  4. ^ 2011年3月27日開業。開業日から同年3月31日までの5日間のデータ。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]