米・食味分析鑑定コンクール:国際大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米・食味分析鑑定コンクール:国際大会(こめ・しょくみぶんせきかんていコンクール:こくさいたいかい)は、米・食味鑑定士協会が主催する新米の食味鑑定による国際コンクールである。1999年より実施。

審査部門[編集]

審査方法[編集]

実施・予定会場[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ニュースリリース 2019年”. 東洋ライス. 2019年12月3日閲覧。
  2. ^ 米の精”. 東洋ライス. 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ 米・食味分析コンクールで佐藤さんら特別優秀賞”. 柏崎日報 (2020年1月22日). 2020年3月18日閲覧。
  4. ^ 「2020世界最高米™」とそれに次ぐ次世代ブランドのコメ事業をスタート”. 東洋ライス (2020年2月4日). 2020年3月18日閲覧。
  5. ^ これからのお米の健康格付け”. 東洋ライス (2020年2月4日). 2020年3月18日閲覧。
  6. ^ 第2回コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  7. ^ 第3回コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  8. ^ 第4回コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  9. ^ 第5回コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  10. ^ 第6回コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  11. ^ 第7回コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  12. ^ 第8回コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  13. ^ 第9回 米・食味分析鑑定コンクール概要”. 2015年3月8日閲覧。
  14. ^ 第10回コンクール”. 2015年3月8日閲覧。
  15. ^ 第11回コンクール”. 2015年3月8日閲覧。
  16. ^ 第12回コンクール”. 2015年3月8日閲覧。
  17. ^ 「全国コンクール入賞者ゼロ」県産米食味振るわず?”. 新潟日報 (2011年11月25日). 2012年5月12日閲覧。
  18. ^ 第13回コンクール”. 2015年3月8日閲覧。
  19. ^ 第14回コンクール”. 2015年3月8日閲覧。
  20. ^ なぜ?県産米、3年連続入賞ゼロ 食味コンクール”. Facebook (2013年11月28日). 2014年8月25日閲覧。
  21. ^ 第15回コンクール”. 2015年3月8日閲覧。
  22. ^ 第16回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 田舎館村”. 2015年3月8日閲覧。
  23. ^ 第17回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 小松市”. 2015年9月9日閲覧。
  24. ^ 第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 菊池市”. 2016年12月16日閲覧。
  25. ^ 第19回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 菊池市”. 2017年12月4日閲覧。
  26. ^ 第20回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 飛騨”. 米・食味鑑定士協会. 2018年11月28日閲覧。
  27. ^ 「お米のソムリエ」が金賞米を選ぶコンクールで使う炊飯器は?”. BCN (2018年11月27日). 2018年11月28日閲覧。
  28. ^ 米・食味分析鑑定コンクール 受賞結果”. 米・食味鑑定士協会. 2019年12月3日閲覧。
  29. ^ 「米・食味分析鑑定コンクール」木更津大会”. 米・食味鑑定士協会. 2019年12月3日閲覧。
  30. ^ 記事概要”. 米 商経アドバイス. 2019年12月3日閲覧。
  31. ^ 第22回 米・食味分析鑑定コンクール”. 米・食味鑑定士協会. 2021年1月2日閲覧。
  32. ^ 第22回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in 富士山が11月27日、28日に静岡県小山町で開催されます。”. 関東甲信クボタ (2020年7月28日). 2021年1月3日閲覧。
  33. ^ 米作り2度目の金賞 北上・八重樫さん「家族に感謝」 食味分析鑑定コン国際大会”. 岩手日日新聞社 (2020年12月24日). 2021年1月2日閲覧。
  34. ^ 佐久地域で「一番うまい米」が決定!「第1回お米コンクールこもろ&第2回JA佐久浅間一番うまい米コンテスト」”. 小諸市 (2020年12月15日). 2021年1月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]