静岡製機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
静岡製機株式会社
Shizuoka-Seiki Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
437-8601
静岡県袋井市山名町4-1
設立 1914年6月
業種 機械
事業内容 農産物関連機器、業務用熱桟器などの開発・製造・販売
代表者 鈴木直二郎 (代表取締役社長)
資本金 1億5,355万円
売上高 93億円(2016年度)
従業員数 355名
決算期 3月
外部リンク http://www.shizuoka-seiki.co.jp/
テンプレートを表示
静岡製機

静岡製機(しずおかせいき)は、日本農業機械メーカーである。

概要[編集]

静岡県袋井市に本社を置き、農産物関連機器、業務用熱桟器などの製造・販売を行っている。創業は1914年大正3年)6月。全国9か所に営業所を持つ。2014年7月に創業100周年を迎える。

沿革[編集]

  • 1914年(大正3年) 鈴木貞三郎が個人経営にて製莚織り機の製造販売を始める
  • 1938年(昭和13年) 株式会社に組織変更し、鈴木製莚機製造株式会社と改名。

                鈴木貞三郎が社長に就任

  • 1941年(昭和16年) 同業3社を合併して静岡製莚機製造株式会社を設立
  • 1952年(昭和27年) 鈴木伊作が社長に就任(2代)
  • 1953年(昭和28年) 鈴木重夫が社長に就任(3代)
  • 1957年(昭和32年) 通風乾燥機の製造販売を開始
  • 1958年(昭和33年) 静岡製機株式会社と改称
  • 1968年(昭和43年) 浅羽工場操業開始、穀物用循環型乾燥機の製造販売を開始
  • 1974年(昭和49年) 7月 太陽熱温水器(サニオンヒーター)の製造販売を開始

               10月 赤外線オイルヒーター(VAL6)の製造販売を開始

  • 1976年(昭和51年) 自動水分計(コメットS)の製造販売を開始
  • 1982年(昭和57年) 放電加工機の研究を開始
  • 1987年(昭和62年) 光沢面仕上げ電解加工機を開発
  • 1991年(平成3年) 玄米低温貯蔵庫の製造販売を開始
  • 1993年(平成5年) 生ゴミ自家処理装置の製造販売を開始
  • 1994年(平成6年) 鈴木直二郎社長に就任(4代)
  • 1997年(平成9年) ISO9001認証取得
  • 1998年(平成10年) 中国大連遠江工貿有限公司開業
  • 2001年(平成13年) ISO14001認証取得
  • 2007年(平成19年) 7月 株式会社プランエコを設立

               10月 農産物直売所「とれたて食楽部開業」

  • 2010年(平成22年) SHIZUOKA SEIKI CANADA INC.を設立
  • 2012年(平成24年) 静岡ハンソン株式会社を設立

主要製品[編集]

  • 穀物乾燥調製機械(米麦などの穀物乾燥機、色彩選別機、籾摺機、選別計量機、精米機、多目的電気乾燥庫(食品乾燥機)など)
  • 農産物調製貯蔵施設(ライスセンター、低温保管施設など)
  • 低温貯蔵庫(玄米低温貯蔵庫(玄米保冷庫)、農産物低温貯蔵庫など)
  • 業務用精米機器(精米機、無洗米製造装置、石抜機、光選別機、計量・包装機、食味計、米麦水分計など)
  • 業務用製粉機器(旋回流式製粉機など)
  • 環境機器(家庭用生ゴミ処理機など)
  • 産業機械(赤外線ヒーター、熱風スポットヒーター、気化式冷風機、加湿器、送風機など)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]