砂沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
砂沼サンビーチから転送)
移動先: 案内検索
砂沼
Sanuma0022.JPG
所在地 日本の旗 日本 茨城県下妻市
位置
面積 0.55 km2
周囲長 6 km
最大水深 約3 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

砂沼(さぬま)は、茨城県下妻市にある周囲6km・面積55ha・満水時の水深約3mの農業用ため池。茨城百景にも選定されている。また、2010年(平成22年)3月25日砂沼湖として農林水産省ため池百選に選定された[1]

概要[編集]

江戸時代中期頃の新田開発施策の推進により、一度干拓され新田となるが、その後深刻な水不足が続いた。干拓から60年後、周辺の農民による砂沼復活の願いが聞き入れられ、再びため池となる。現在は、砂沼下流域1800haの水田の灌漑に用いられる。

自然[編集]

砂沼周辺の空中写真。1990年撮影の3枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

秋・冬はカモ類の絶好の生息地であり、コガモマガモカルガモがよく見られオナガガモヒドリガモオカヨシガモも時々見ることができる。また、ゲンゴロウブナヘラブナ)・オイカワヤマベ)・タモロコ等が生息する。

周辺[編集]

周辺は「砂沼広域公園」[2]として整備され、砂沼の地形や自然を生かして、プール(砂沼サンビーチ、夏季のみ営業)、スポーツ、水生植物、遊歩道、沼のゾーンに分けられており、スポーツや散策などが行える。中でも観桜苑は公園を代表する桜の園で、5haを超える敷地内には約50種類・350本の桜が植えられており、また、6月には2万9000本の花菖蒲が花を咲かせる。

砂沼の東岸と西岸は砂沼大橋で結ばれ、橋は西岸が二つに分かれたY字形をしている。橋中央には飛翔像が置かれ、像の足元からは童謡「ふるさと」や、ご当地ソング「砂沼夜曲」が流れる。

橋中央の飛翔像

アクセス[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

夏季の砂沼サンビーチ営業期間中は関鉄パープルバスの直行バスが運行される。

脚注[編集]

  1. ^ 砂沼湖
  2. ^ 砂沼広域公園

外部リンク[編集]