「東鹿越駅」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
Mosburger (会話) による ID:82959456 の版を取り消し 他の駅記事に表記に合わせる
m
(Mosburger (会話) による ID:82959456 の版を取り消し 他の駅記事に表記に合わせる)
タグ: 取り消し
 
 
== 歴史 ==
* [[1941年]]([[昭和]]16年)[[12月29日]] - [[日本国有鉄道|国有鉄道]]の'''東鹿越[[信号場]]'''として開設。[[専用鉄道|専用線]]発着貨物の取り扱いを開始。
* [[1946年]](昭和21年)[[3月1日]] - [[日本の鉄道駅#一般駅|一般駅]]に昇格し、'''東鹿越駅'''となる。
* [[1949年]](昭和24年)[[6月1日]] - [[公共企業体]][[日本国有鉄道]](国鉄)に移管。
* [[1982年]](昭和57年)[[11月15日]] - [[チッキ|荷物]]、専用線発着を除く車扱貨物の取り扱いを終了。
* [[1987年]](昭和62年)[[4月1日]] - [[国鉄分割民営化]]に伴い、[[北海道旅客鉄道]](JR北海道)・[[日本貨物鉄道]](JR貨物)の駅となる。
* [[1994年]]([[平成]]6年)4月1日 - [[北海道旅客鉄道釧路支社|釧路支社]]管轄から[[北海道旅客鉄道鉄道事業本部|本社鉄道事業本部]]直轄に変更。
* [[1997年]](平成9年)[[3月22日]] - 当駅に停車する貨物列車が運行終了。同時に無人化。
* [[2016年]](平成28年)
** [[6月]]上旬 - JR:JR北海道が当駅と[[島ノ下信号場|島ノ下駅]]([[富良野市]])を、2017年(平成29年)3月のダイヤ改正に合わせて廃止する意向を地元に伝える<ref name="dd.hokkaido-np/2016-07-21/news/society/society/1-0295318">{{Cite news|author=|url=http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0295318.html|language=日本語|title=東鹿越駅と島ノ下駅を来年3月廃止 JR北海道が意向|newspaper=[[北海道新聞]]|agency=どうしんウェブ/電子版(社会)|publisher=[[北海道新聞社]]|date=2016-07-21|accessdate=2016-07-21|archiveurl=https://web.archive.org/web/20160721101155/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0295318.html|archivedate=2016年7月21日|deadlinkdate=2017年10月}}</ref>。
** [[8月31日]] - [[平成28年台風第10号|台風10号]]による降雨災害の影響で当駅を含む根室本線の富良野駅 - 音別駅間が不通となる。
** [[10月17日]] - 富良野駅 - 当駅間が復旧<ref name="jrhokkaido20161013">{{Cite press release|url=https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161013-1.pdf|format=PDF|title=一連の台風による石勝線・根室線の災害復旧の状況について|publisher=北海道旅客鉄道株式会社|date=2016-10-13|accessdate=2018-09-05|archiveurl=https://web.archive.org/web/20180904165834/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161013-1.pdf|archivedate=2018-09-05}}</ref>。同時に、当駅 - [[落合駅 (北海道)|落合駅]]間で代行バスの運行を開始<ref name="jrhokkaido20161013"/>。
*** なお、当駅から新得方面の復旧のめどは立っていない<ref name="jrhokkaido20161214">{{Cite press release|url=http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/161214-4.pdf|format=PDF|title=台風等の被害による道内の列車の運行状況について|publisher=北海道旅客鉄道株式会社|date=2016-12-14|accessdate=2016-12-16}}</ref>。以上の状況に伴って当駅は滝川方面からの暫定的な[[終着駅]]となっている状況もあり、2017年3月のダイヤ改正においては存続された(島ノ下駅は当初の意向通り、[[2017年]](平成29年)[[3月4日]]に廃止され、信号場化された)<ref name="jrhokkaido20161216">{{Cite press release|url=http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161216-3.pdf|format=PDF|title=平成29年3月ダイヤ改正について|publisher=北海道旅客鉄道株式会社|date=2016-12-16|accessdate=2016-12-16}}</ref>。
* [[2017年]](平成29年)[[3月28日]] - 当駅 - 落合駅間の代行バス運行形態を変更。当駅 - 落合・新得駅の運行とし、ダイヤ改正<ref>{{Cite web|url=http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/170322-1.pdf|title=根室線 東鹿越駅〜新得駅間 バス代行輸送の実施について|publisher=北海道旅客鉄道株式会社|format=PDF|language=日本語|date=2017-03-22|accessdate=2017-05-16}}</ref>。
 
== 駅構造 ==

案内メニュー