渡辺凌磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「渡邊 凌磨」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
渡邊 凌磨 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ワタナベ リョウマ
ラテン文字 Watanabe Ryoma
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-10-02) 1996年10月2日(24歳)
出身地 埼玉県東松山市
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション MF
背番号 23
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 ドイツの旗 インゴルシュタットII 74 (12)
2017-2018 ドイツの旗 FCインゴルシュタット04 0 (0)
2018-2019 日本の旗 アルビレックス新潟 28 (4)
2020 日本の旗 モンテディオ山形 39 (7)
2021- 日本の旗 FC東京
代表歴
2013  日本 U-17
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

渡邊 凌磨(わたなべ りょうま、1996年10月2日 - )は、埼玉県東松山市出身のサッカー選手JリーグFC東京所属。ポジションはミッドフィールダー

略歴[編集]

小学時代にサッカーを始め、前橋育英高校に進学。高校3年生時に中心選手として活躍し、全国高校サッカー選手権の準優勝に貢献し、チームメイトの吉永大志吉田舜鈴木徳真と共に大会優秀選手にも選出された。高校卒業後は早稲田大学に進学。

2015年にNIKEが主催している育成プロジェクト「NIKE MOST WANTED」に参加し、日本人初となるナイキアカデミーの参加が決定した[1]。同年9月、インゴルシュタットの下部組織であるインゴルシュタットU-23に加入することが発表された。2016年7月28日、インゴルシュタットのトップチームの合宿に初めて合流した[2]

2017年4月26日、インゴルシュタットのトップチームに昇格して、新契約を結んだことが発表された[3]が、ブンデス2部での出場機会はなく、2018年7月にアルビレックス新潟へ完全移籍で加入した[4]

2019年4月4日、第7節のFC町田ゼルビア戦でJリーグ初得点を決めた[5]

2020年よりモンテディオ山形へ完全移籍で加入[6][7]

2021年1月5日、FC東京への完全移籍が発表された[8]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2017-18 インゴルシュタット 23 ブンデス2部 0 0 - 0 0 0 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 新潟 18 J2 5 0 - 0 0 5 0
2019 23 4 - 1 0 24 4
2020 山形 40 39 7 - - 39 7
2021 FC東京 23 J1
通算 ドイツ ブンデス2部 0 0 - 0 0 0 0
日本 J1
日本 J2 67 11 - 1 0 68 11
総通算 67 11 - 1 0 68 11
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 期間通算
2015-16 インゴルシュタットII 17 ブンデス4部 22 4 22 4
2016-17 22 2 22 2
2017-18 28 6 28 6
通算 ドイツ ブンデス4部 74 12 74 12
総通算 74 12 74 12
出場歴

タイトル[編集]

個人[編集]

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]