新・がんばる商店街77選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新・がんばる商店街77選(しんがんばるしょうてんがい77せん)は、日本の中小企業庁が選定し、2009年平成21年)3月31日に発表した77か所の商店街である。

2006年(平成18年)5月30日に発表した「がんばる商店街77選」に続くものである。

概要[編集]

1980年代後半から各地の商店街の衰退が顕在化し、通称「シャッター通り」と呼ばれるようになった。その背景には、少子高齢化人口の減少など様々な原因がある。一方そのような事態に対処し衰退を未然に克服するために日本の各地のいくつかの商店街は活性化や賑わいあふれる街づくりを目指している。中小企業庁はこれらの商店街を「新・がんばる商店街」として77の商店街などを選びそれを参考として他の商店街にも参考としてがんばって貰いたいと発表した。

選定方法[編集]

経済産業省経済産業局地方公共団体や全国商店街振興組合連合会などの協力を得て集めた情報から、中小企業政策審議会商業部会の事例検討小委員会(委員長:石原武政:関西学院大学)が選定した[1]。3年前の「がんばる商店街77選」とは視点を換え次の5項目が主な選定のポイントとなっている。

  • 社会的弱者に配慮した商店街づくり
  • 環境に優しい商店街づくり
  • 安心・安全な商店街づくり
  • 地域の魅力を発信する取組み
  • 地域住民と連携したまちづくりの取組み

下記はそれらの商店街の一覧である。

北海道[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州・沖縄地方[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 全国の『新・がんばる商店街77選』 (PDF)”. 新潟県中小企業団体中央会. 2009年8月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]