学都仙台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙台市 > 学都仙台

学都仙台(がくとせんだい)とは、仙台市役所が、同市の学術・教育事業、政策等に関連して用いることのあるキャッチコピーである。

ここでは、仙台市における学校教育についてとりあげる。

概要[ソースを編集]

養賢堂正門(現・泰心院山門)

仙台を「学都」と称した文献的初出は1905年明治38年)とされており、1894年(明治27年)創立の(旧制)第二高等学校の校友会誌『尚志会雑誌 67号』において、同校上級生が下級生に向けて書いた「学都たらしめよ」との標題の文章とされる[1][2]

これ以前には仙台を「教育地」とする表現が用いられていた[1][3]が、学生の監督強化などを実施した当時の仙台市長[1]、後に東北帝国大学総長となる澤柳政太郎[注 1]など権力側が用いていたためか、当時の『尚志会雑誌』において、二高生こそが仙台市民を「学都化」させる主役とならねばならない、といった趣旨の文章が頻繁に書き記されており[1]、「学都」はスローガン的な言葉として出発したと見られる。しかし、東北帝国大学(現・東北大学)が創立した1907年(明治40年)には、地元紙に「学都と学界」との記事も見られ[4]、学生側の意図から離れて一般にも用いられる名称になっていったことが分かる。

なお、「学都」の歴史的系譜を紹介する場合には、1736年元文元年)に開設された仙台藩藩校養賢堂」から記載されている[4]

2002年(平成14年)5月1日現在、仙台市内には、大学短期大学高等専門学校が計16校、専修学校、各種学校が計64校あり、それらの在学者数は77,112名、本務教員数は4,820名であり[5]、これらの若者や教職員らは、同市にとって重要な資源となっている[5]2008年(平成20年)5月1日現在、仙台市内で幼稚園から大学までの教育機関に在校するのは約20万人[6]とされるほか、2001年(平成13年)5月1日現在における、人口あたりの学生数は13大都市中、大学院生で2位、大学・短大生で4位、専修学校・各種学校の学生数で2位である[5]

これらの事実から、仙台を「学都」であると称する場合がある[5]一方で、少子化によって高校在学者数は減少傾向、また、2004年(平成16年)までの10年間には、宮城県外からの宮城県内の大学・短大への進学者数の減少と、宮城県内からの宮城県外の大学・短大への進学者数の増加があり、学生の差し引き流入数は減少している状況にある[5]

大学[ソースを編集]

仙台市内には10の大学がある。学生数は 47,742人(2004年度)であり、東京23区および政令指定都市のなかでは、学生数は8番目、人口に対する学生比率は京都市福岡市・東京23区に次ぐ4番目となっている。2006年(平成18年)には、仙台圏の大学が加盟する組織 「学都仙台コンソーシアム」が設立され、文部科学省による大学連携支援事業に基づく活動などを行っている。

国立[ソースを編集]

東北大学
  • 宮城教育大学
    戦前は宮城師範学校と称され、戦後には一時期東北大学に統合されたが、再び独立するかたちで1965年昭和40年)に開学した。大学キャンパスは東北大学のキャンパスもある青葉山地区に所在する。

県立[ソースを編集]

私立[ソースを編集]

1886年(明治19年)に設立された私塾を起源とし、現在は東北地方で最大規模の私立総合大学となっている東北学院大学や、同じく1886年にキリスト教主義に基づく女子教育を目的として設立された女学校を起源とする宮城学院女子大学などをはじめとする諸大学がある。東北文化学園大学2004年(平成16年)に経営破綻し、大学としては初めて民事再生法の適用を受けることとなった。

東北学院大学

大学院[ソースを編集]

学生数は、7,481人(2004年度)であり、人数では第5位、人口比率では京都市に次ぐ2位である。仙台市内の大学の多くには大学院が設置されているが、東北大学は大学院重点化による 「大学院大学」である。また、「専門職大学院」 としては、東北大学の法科大学院会計大学院公共政策大学院や、東北学院大学の法科大学院がある。

山形県山形市に本拠のある東北芸術工科大学は、その大学院の一部を仙台駅前の再開発ビル 「アエル(AER)」に設置している。

短期大学[ソースを編集]

4校あり、学生数は 1,173人(2004年)となっている。近年、閉学する女子短大が相次ぎ、2001年(平成13年)には宮城学院女子短期大学、2003年(平成15年)には仙台白百合女子短期大学が閉学した。

高等専門学校[ソースを編集]

唯一の高等専門学校として、仙台高等専門学校があり、旧仙台電波工業高等専門学校を前身とする広瀬キャンパスが仙台市青葉区に、旧宮城工業高等専門学校を前身とする名取キャンパスが宮城県名取市にある。

中等教育学校[ソースを編集]

唯一の中等教育学校として、仙台市立仙台青陵中等教育学校がある。

高等学校[ソースを編集]

仙台第二高等学校
東北学院中学校・高等学校

宮城県の公立高等学校は入学試験(学力検査)で「合格したら必ず入らなければいけない」という独自の規定がある(かつての国立高校と国立高専を除く)。このため例えば、私立高校を第一志望とし、公立高校を第二志望として入学願書を提出し、私立高校に合格した場合、事前に公立入試辞退届を出すか、公立高校の入学試験においてわざと不合格にならない限りは、受験者の意思に関らず公立高校に必ず進学しなければならないとされている。よって、公立高校合格後、その高校を辞退して私立高校に進学したケースも過去に何度か発生しているが、その場合は受験辞退者・保護者・中学校教諭の三者が公立高校に謝罪する必要があり、謝罪後も中学校からその高校への推薦枠は減らされる。しかしながら、この規定は入学確約書と同様に法的には有効であるとは考えられない。また、宮城県は公立高校一般入試で内申点と学力試験の配点比率を明らかにしておらず、内申点もまた非公表であり秘密主義の色彩が強い。

宮城県では1977年より県立・市立高校の普通科に限り学区制を導入しており、仙台市においては、泉区・宮城野区・青葉区が仙台北学区、若林区・太白区が仙台南学区となっている。ただし、青葉区の中心商業地(一番町から仙台駅西口一帯 = 五橋中の通学区)、および、宮城野区の仙台駅東口地区(= 宮城野中と東華中の通学区)は北学区に含まれず、南学区に含まれる。このため、住む地区によって進学できる高校は限られる。ただし、学区外受験も受験者の3%以内で許可されている。この仙台市内における南北の学区制では、北学区の男子校2、女子校1に対し、南学区では男子校1、女子校2となっており、定員の男女比率上問題があるとされていた。このため、北学区の女子が南学区の女子校(第二女子高等学校第三女子高等学校)を受験する場合に限って定員の25%に限って許可する措置がとられている。なお、学区制については、宮城県の教委審議会が学区制の廃止を目指す答申素案をまとめるなど、現在、そのありかたについて検討が行われていたが、2010年度に学区制が完全撤廃となった。また、後述するように、県立高校の共学化が進められていることから、定員の男女比率問題をめぐる状況も大幅に変わりつつある。

全国的にも珍しく、別学の公立高校や私服の公立高校が多い。高度経済成長期までは私立も公立も別学校のみであった(東北学院榴ケ岡高校が移転時に共学化に対応した校舎であったにも関わらず1995年まで男子校だったのはこのため)。これは1960年代に全国的に吹き荒れた学園紛争が大きく影響している。仙台では仙台一高に全共闘が組織されて校内に県警機動隊が導入された。

戦後宮城県では、新制高校になってからも、昭和30年代後半まで、旧制一中を前身とする仙台一高と、旧制二中を前身とする仙台二高は、東北大合格者実績による激しいトップ争いをくり広げていた。ただ一高、二高とも東大合格者数は非常に少なかった。 東北大合格者数において、常にこの二校が1,2位を独占し、東北の他の高校の追従を許さなかった。仙台市内の学区の存廃は、お互いライバルであり敵でもある仙台一高と仙台二高の利害による所が大きい。基本的には現在でもこの構図は変わらず、仙台二高と仙台一高が東北大の合格者数では1,2位を独占している。

東北大進学実績は一高、二高と固定されたが、序列化されたとはいえ、この二校が1、2位を独占するという状況は変わらなかった。

一方、県側の理不尽なやり方に反発した仙台二高の教員は、その後学区制導入を支持し、仙台市内に仙台南学区、仙台北学区の二つの学区を導入する事で、一高、二高という序列化を断ち切った。仙台市内での学区導入に直接影響を受けたのは、仙台一高と仙台二高である。仙台三高は学区関係なく入れる理数科を持っていたため、影響は少なかった。宮城一女も理数科を持ち、学区の影響は軽微であった。仙台市内の学区は仙台二高と仙台一高の対立を防ぐための、軍事境界線と言われる事も多い。仙台市内の女子高で全国区の進学校と呼べる高校は、学区制導入前も後もない。

学区制度や学校群制度を実施したのは仙台市に限らない。学区制度を導入した所はトップ層が特定校に集中する事もなく、進学実績も一定レベルを保ち、学区がうまく機能している所が多いが、(例:愛知、茨城、札幌市など)東京のように、それまでうまく機能していた合同選抜方式を廃止して、学校群制度を導入した地域では、受験生の公立高校離れに拍車がかかり、その結果として学力低下と進学実績の低下を招いた。その象徴的存在として都立日比谷高校が上げられる。

多くの都市では公立校が迷走する間隙を縫って、私立高校が急激に力を伸ばしていったが、仙台の私立高校の場合、定員増や学科の新設を行ったが、他の諸都市の私立校とは違い、大学進学率向上や有名大学進学を目標とはしなかった。このような勢力図のため、学歴偏重主義の否定が始まった80年代以降、公立進学校は公立であるが故に難関大学進学を声高に目標とはせず、仙台の教育レベルの低下を招いた(「一億総中流意識」が浸透した80年代には、学歴が豊かさを生まなくなったため、学歴否定が社会の趨勢となった)。

しかし1990年代末あたりから、少子化やバブル経済崩壊などによる影響で再び大学進学率向上や有名大学進学を求める声が強まり、仙台一高・仙台二高などをはじめとした上位校が再びこれらの大学を目指したため、進学率が向上し始めた。同時に私立高校も下記の通り、大学進学率を向上し、公立vs私立の生徒の獲得競争が強まっている。近年では仙台市が2009年4月より仙台市立仙台青陵中等教育学校を、2010年には宮城二女を中高一貫型に変更と、公立校は「中高一貫」という戦略を利用し、私立に対して優位に立とうとする姿勢も見られる。

第二次ベビーブーマーが高校を卒業し終わり、少子化の影響が見え始めた90年代以降、学校運営上、学生数の確保を狙う私立高校が、次々と男女共学化と難関大学進学への投資などを行い始めた。公立の進学校の側では、このままだと私立に進学校の地位を奪われてしまいかねないという危機感が出て、浅野史郎宮城県知事のリーダーシップにより、県立高校全ての共学化が決定されるに到った。しかし、高校の数を減らさずに1クラス分程度の定員減で共学化する政策を提案したため、伝統維持(特にナンバースクール)や校風がなくなるなどの理由により共学化反対の声が大きくなった。例えば、旧・宮城三女高では生徒総会で99%が反対の意を示していた。

2005年12月に県議会は2度目となる共学化推進決議を全会一致(4名棄権)で可決し、選挙で共学化の見直しを掲げていた村井知事(県議時代は共学推進の立場だった)も「県議会の意向を尊重する」として、承諾した。これに基づいて県教委も改めて共学化を推進することを確認した。これによって、2010年に全県立校が共学化される見通しとなった。

※下記学校一覧において、私服校には★印を付記

県立[ソースを編集]

旧・仙台北学区

旧・仙台南学区

市立[ソースを編集]

かつて仙台市立の高等学校の正式名称は、「○○高等学校」となっており、「仙台市立」は付けないことになっていた。しかしながら、2009年の仙台商業と仙台女子商業の統合共学化を機に、すべての市立高校は「仙台市立」をつけることになった。

私立[ソースを編集]

全日制

通信制

学校により学科・コースにより男子のみ、女子のみとする募集もあり、必ずしも全てにおいて共学校になっているわけではない。

中学校[ソースを編集]

市内には現在、公立、私立をあわせて65校の中学校が存在する。1996年(平成8年)を最後に、以後新規の開校はない。

県立[ソースを編集]

唯一の県立中学校として、宮城県仙台二華中学校がある。

市立[ソースを編集]

通学には学区制が導入されているが、他都市と比較して越境入学や転校が容易な傾向にある[要出典]。また、全市規模での2学期制が全国に先がけて導入されており、すべての学校が2学期制を採用している。同制度下では、仕事量の多くなる学期末が年3回から年2回に減ることによって教員の労働環境が改善されるとされる。

秋休みを挟んだ2学期制に伴い、季節休暇の期間は概ね以下のようになっている。

  • 夏休み:7月20日ごろから8月25日ごろまで
  • 秋休み:10月中旬の2日間であるが、一部の中学校では市新人大会の日の振替休日を秋休みの前後に組んで5日間から7日間のところもある。
  • 冬休み:12月23日ごろから1月7日まで
  • 春休み:3月25日ごろから4月7日まで

私立[ソースを編集]

市内には、私立中学校が6校ある。

学校一覧[ソースを編集]

小学校[ソースを編集]

市内には現在、公立、私立をあわせて123校の小学校が存在する。1873年(明治6年)、前年に発布された学制に従って当時の仙台市内(仙台区内)に設立された小学校には以下のものがある。同年に改正された学制では、これらの学校は何れも「第七大学区(大区) 第一中学区(中区)」に属するとされた。

  1. 一番小学校[7] (現在の荒町小学校
  2. 二番小学校[8] (現在の東二番丁小学校
  3. 三番小学校[9] (現在の上杉山通小学校
  4. 四番小学校[10] (現在の木町通小学校
  5. 五番小学校[11] (現在の片平丁小学校
  6. 六番小学校 (現在の東六番丁小学校
  7. 七番小学校[12] (現在の立町小学校

2度にわたるベビーブームの結果、1970年代から1980年代にかけては新規開校が続き、マンモス校と呼ばれる生徒数過多の学校も出現した。一方、近年では児童数が著明に減少した学校が多くなり、1学級30人未満でのクラス編成が行われている。仙台市による「仙台市立小・中学校の一定規模、適正配置に関する基本的考え方及び具体的方策」では、今後も減少が予想される児童数に合わせた市立学校の統廃合の方針が示された。

学校一覧[ソースを編集]

特別支援学校[ソースを編集]

視覚障害を対象とする学校[ソースを編集]

聴覚障害を対象とする学校[ソースを編集]

知的障害を対象とする学校[ソースを編集]

県立の知的障害を対象とした特別支援学校は、学区制となっている。このため、市内からの交通のアクセスが良いとは言えない市外の特別支援学校に通学を余儀なくされるケースもある(2012年時点で、旧宮城町と合併した1985年以前の市域では、知的障害を対象とした県立の特別支援学校が1校も存在しない)。

このため、仙台市内の住民(児童・生徒)を対象とする知的障害に関する特別支援学校は、仙台市に飽き足らず、仙台圏全体(塩竈市・多賀城市・黒川郡・宮城郡・名取市・岩沼市・亘理郡)で過密状態にあるとされる(実際に、名取・利府の両支援学校では、校地内へのプレハブ設置でかろうじて対処している現状がある)。このため、本来は、病弱を対象とする宮城県立山元支援学校亘理郡)で知的障害を扱うようになった理由として、知的障害の学校が近隣には、専門課程を有する高等部のみが設置されている宮城県立支援学校岩沼高等学園岩沼市)しかなく、中学部までの児童生徒が宮城県立名取支援学校名取市)まで通わねばならなかったことと、併せて山元まで通う病弱の生徒が減少傾向にあったためとされる。なお、宮城教育大学附属特別支援学校仙台市立鶴谷特別支援学校は、宮城県の方針と一線を画して定員に対して厳密に合格者数を出していることもあり、県立の知的障害者を教育領域とする特別支援学校(光明・名取・利府・古川)のような、過密状態には至っていない。

なお、光明支援学校については、2014年に、近隣の旧宮城県特別支援教育センター跡地に小学部の新校舎を設置し、校舎を2分割する形で逼迫対応を行い、同年には旧光明養護学校跡地(青葉区小松島新堤)に宮城県立小松島支援学校を設置した。それでも、狭小化の解消にはまだ至っておらず、太白区秋保町にある宮城県立拓桃支援学校(肢体不自由対象)の青葉区落合への移転後の建物に、知的障害の支援学校の分校設置を要望するなど、いまだ対策が急務とされる。2016年度時点では、統合などで廃校となった旧小学校や旧中学校の校舎を活用する形で、分校や分教室を少なくとも2ないし3箇所程度の設置が検討されていることが明らかにされている。

肢体不自由を対象とする学校[ソースを編集]

病弱(身体虚弱を含む)を対象とする学校[ソースを編集]

その他の学校[ソースを編集]

専門学校等[ソースを編集]

研修機関[ソースを編集]

インターナショナル・スクール[ソースを編集]

民族学校[ソースを編集]

フリースクール・サポート校[ソースを編集]

  • 民間フリースクールは宮城県内に約20カ所
    • 予備校、フリースクール全国チェーン、県内資本、NPO法人などが運営。
  • 宮城県教育委員会による不登校の児童生徒支援施設「けやき教室」は県内8カ所
  • 宮城県内の不登校児童生徒数は、小学校が397人、中学校が2015人(2004年度)
  • NPO法人が運営する「仙台インターナショナルスクール」(フリースクール + 幼稚園)が、2006年1月に資金繰り悪化で開校4ヶ月余で休校となった。

学習塾・予備校[ソースを編集]

仙台市においては、中学受験は活発でなく、学習塾予備校の主な対象は高校受験生と大学受験生となっている。一方、首都圏の私立中学や仙台都市圏内に数校存在する私立中学、中等教育学校に対応したコースを併設している学習塾や予備校もある。

主な学習塾・予備校[ソースを編集]

仙台市を本拠とするもの

その他

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 「大東評論」創刊号(1908年(明治41年)1月)において、「仙台と教育」との標題の論説を記し、「教育地」としての仙台を語っている。
  2. ^ ただし、小学部については、一部地域在住者は、宮城県立利府支援学校富谷校黒川郡)の学区となるケースもある。中学部以降は、利府支援学校本校となる。

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d 東北大学史料館だより No.6 2007年3月 (PDF) (東北大学「東北大学史料館だよりISSN 1347-6211
  2. ^ 東北学院史資料センター年報 創刊号 2016年3月1日 (PDF) (東北学院)
  3. ^ 1897年(明治30年)5月15日河北新報の記事より。
  4. ^ a b 学都仙台とは(学都仙台コンソーシアム)
  5. ^ a b c d e まちと学が連携する新しい学都仙台をめざして -新学都像とその実現方策に関する研究(仙台都市総合研究機構)平成16年3月 (PDF)
  6. ^ 2009年版仙台市勢要覧
  7. ^ 荒町小学校の歴史 仙台市立荒町小学校、2010年5月20日閲覧
  8. ^ 平成21年度 学校要覧 (PDF) 仙台市立東二番丁小学校
  9. ^ 学校の歴史 仙台市立上杉山通小学校、2010年5月20日閲覧
  10. ^ 平成24年度学校要覧2ページ目「学校の沿革」 (PDF) 仙台市立木町通小学校、2012年11月21日閲覧
  11. ^ 片平丁小学校の歴史 仙台市片平丁小学校、2010年5月20日閲覧
  12. ^ 沿革の概要 仙台市立立町小学校、2010年5月20日閲覧

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]