制海艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SeaControlShip 想像図

制海艦 (Sea Control Ship) とは、アメリカ海軍1960年代から70年代にかけて計画した小型の航空母艦軽空母)。

小型で安価な航空母艦として、脅威の限定された状況下に高価な大型空母(正規空母)を投入することなく制海権を確保することを目的とした艦種であった。イオー・ジマ級強襲揚陸艦の1隻である「グアム」が最初の制海艦としてAV-8SH-3を搭載して実験に当たったが、評価終了後に強襲揚陸艦に復している。

制海艦は、アメリカ海軍では実用化されなかったが、強襲揚陸艦に同様の能力が付与されることとなった。現代においては、ワスプ級強襲揚陸艦イギリス海軍ヘリコプター揚陸艦オーシャン」がペルシャ湾において海兵隊ヘリコプターを組み合わせることで、制海艦が想定した任務をより柔軟にこなしている。

また、コンセプトとしては安価な航空母艦を求める中小国の海軍の要求に合致しており、スペイン海軍の「プリンシペ・デ・アストゥリアス」は、制海艦を元に旗艦機能を加えて再設計することで建造された軽空母である。また、タイ海軍の「チャクリ・ナルエベト」は同級の縮小改良版であり、制海艦の子孫と言える。

関連項目[編集]

  • XFV-12 - 制海艦への搭載を目的に開発された超音速戦闘機

外部リンク[編集]