タイコンデロガ級航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイコンデロガ級航空母艦
USS Ticonderoga CV-14 at Norfolk, May 30, 1944.jpg
タイコンデロガ」(1944年5月30日)
艦級概観
艦種 航空母艦正規空母
艦名 アメリカに関する戦い(古戦場)、政治家、過去の武勲艦等
建造期間 1943年 - 1950年
就役期間 1944年 - 1976年
前級 エセックス級
次級 ミッドウェイ級
諸元 全長および兵装については記事本文に記載。それ以外はエセックス級と同一

タイコンデロガ級航空母艦(タイコンデロガきゅうこうくうぼかん、Ticonderoga class aircraft carrier)は、アメリカ海軍エセックス級の改修型である。

概要[編集]

停泊中の「ハンコック」(1945年3月撮影)。後方の「ワスプ」(短船体型)と艦首の形状が比較できる

エセックス級はその建造計画の全体に渡って絶えず修正が行われた。最も重要度の高い課題は近距離の対空火力で、特に艦首・艦尾の火力増強が必要とされていた。1943年の対空火器改善計画の中で、従来は艦首・艦尾に各1基ずつ搭載していたボフォース40mm四連装機関砲銃座をさらに各1基増設することが決まった。そこで艦首の先端の幅および艦尾のスポンソン(張り出し)を拡大し、四連装銃座を2基並列して搭載できるよう設計変更が行われた[1]

艦首については幅だけでなく長さも5メートル延長して喫水線から前方に大きく張り出した形状(クリッパー型)に改めたが、これには凌波性の向上を図る目的もあった[2]。艦の全長は、従来のエセックス級は265.8メートルのところ、艦首延長により270.8メートルとなった。

それ以外にも対空火器を全体的に増強して四連装銃座を合計11基、20mm対空機関砲を合計57門に改め(初期のエセックス級の搭載数はそれぞれ8基、44門であった)、艦橋の容積を拡大し、さらにカタパルトも飛行甲板に2基搭載を標準とした(初期のエセックス級は格納庫にも1基搭載していた)。これらの設計変更を踏まえて起工されたエセックス級16隻は、特に船体の延長が顕著な特徴であるため、しばしば「短船体型("short-hull"group)/長船体型("long-hull"group)[3])」「初期/後期建造艦[4]」「タイコンデロガ級[5][6]」などと区分される。ただし、これらはあくまでも非公式な区分であることに注意する必要がある。

変更点の詳細[編集]

飛行甲板[編集]

飛行甲板改修後の「タイコンデロガ」(1944年12月8日)

艦首の延長とともに、対空兵装および射撃指揮装置の視界確保も設計変更の段階で検討され、飛行甲板を一部切り取るという処置がなされた。エセックス級は左舷前方のスポンソンに12.7センチ単装砲を2基搭載し、その射撃は艦橋上のMk.37 砲射撃指揮装置2基で指揮されていた。しかし視界不足が指摘されていたため、左舷格納庫開口部にあるスポンソン(初期の艦が格納庫カタパルトを設置していた位置)に3基目を設置するよう設計変更が行われた。さらにこの位置では十分な視界が得られないため、視界に干渉する分だけ飛行甲板を切り取ることになった(飛行甲板の左舷前方が少しくびれた形状となった)。

また、艦首・艦尾の四連装銃座の視界も確保するため、飛行甲板の前端を11フィート、後端を7フィート切り詰めた[7]。しかし飛行甲板の面積縮小は航空機運用に支障をきたすことから、これらの設計変更を踏まえて完成した艦は「タイコンデロガ」「ハンコック」のみ[8]で、両艦とも大戦中の改修で飛行甲板の面積を元に戻している。

対空兵装[編集]

40mm四連装銃座を艦首・艦尾に各2基、艦橋の容積拡大に伴い艦橋前端の四連装銃座を1基撤去している点が特徴である。また、先述した3基目のMk.37射撃指揮装置を撤去し、跡地に四連装銃座を2基追加した。

また、艦首の四連装銃座の射撃指揮のため、就役当初の「タイコンデロガ」「ハンコック」は銃座の背後にMk.51 射撃指揮装置を2基配置していたが、飛行甲板を拡大した後の両艦および他の同型艦は射撃指揮装置の位置を飛行甲板前端の左右両端に移している。

活動歴[編集]

「タイコンデロガ級」の名称は艦番号の最も若い「タイコンデロガ」にちなむが、起工は「シャングリラ」が最も早く、最初に竣工した艦は「ハンコック」であった。この3隻と「ランドルフ」は1944年に竣工し第二次世界大戦で活躍したが、それ以降に竣工した艦は参加していない。終戦までに完成しなかった艦のうち「レプライザル」および「イオー・ジマ」は建造中止、「オリスカニー」は工程85パーセントで建造を中断したのちSCB-27改装の要素を盛り込んだ再設計のうえ1950年に竣工した。なお、SCB-27改装の対象は短船体・長船体の区別なく選ばれ、短船体型の艦は艦首を延長する工事を受けたので、ここでエセックス級とタイコンデロガ級を区別する点は完全になくなった。

同じく非公式なもので「ハンコック級」という呼称が用いられることもあるが、これはSCB-27およびSCB-125改装の内容に基づくもので、「タイコンデロガ級」の区分とは無関係である。


同型艦[編集]

Essex class aircraft carrier[9]
Hull No. 艦名 発注 起工 就役 退役 除籍
CV-14 タイコンデロガ
USS Ticonderoga
1940年09月09日 1943年02月01日 1944年05月08日 1973年09月01日 1973年11月16日
CV-15 ランドルフ
USS Randolph
1940年09月09日 1943年05月10日 1944年10月09日 1969年02月13日 1973年06月01日
CV-19 ハンコック
USS Hancock
1940年09月09日 1943年01月26日 1944年04月15日 1976年01月30日 1976年01月31日
CV-21 ボクサー
USS Boxer
1941年12月15日 1943年09月13日 1945年04月16日 1969年12月01日 1969年12月01日
CV-32 レイテ
USS Leyte
1942年08月07日 1944年02月21日 1946年04月11日 1959年05月15日 1969年06月01日
CV-33 キアサージ
USS Kearsarge
1942年08月07日 1944年03月01日 1946年03月02日 1970年02月13日 1973年05月01日
CV-34 オリスカニー
USS Oriskany
1942年08月07日 1944年05月01日 1950年09月25日 1976年09月30日 1989年07月25日
CV-35 レプライザル
USS Reprisal
1942年08月07日 1944年07月01日 1945年08月12日建造中止
CV-36 アンティータム
USS Antietam
1942年08月07日 1943年03月15日 1945年01月28日 1963年05月08日 1973年05月01日
CV-37 プリンストン
USS Princeton
1942年08月07日 1943年09月14日 1945年11月18日 1970年01月30日 1970年01月30日
CV-38 シャングリラ
USS Shangri-la
1942年08月07日 1943年01月15日 1944年09月15日 1971年07月30日 1982年07月15日
CV-39 レイク・シャンプレイン
USS Lake Champlain
1942年08月07日 1943年03月15日 1945年06月03日 1966年05月02日 1969年12月01日
CV-40 タラワ
USS Tarawa
1942年08月07日 1944年03月01日 1945年12月08日 1960年05月13日 1967年06月01日
CV-45 ヴァリー・フォージ
USS Valley Forge
1943年06月14日 1943年09月14日 1946年11月03日 1970年01月15日 1970年01月15日
CV-46 イオー・ジマ
USS Iwo Jima
1943年06月14日 1945年01月29日 1945年08月12日建造中止
CV-47 フィリピン・シー
USS Philippine Sea
1943年06月14日 1944年08月19日 1946年05月11日 1958年12月28日 1969年12月01日

脚注[編集]

  1. ^ Raven 1988, p.9
  2. ^ 多田 2012, p.87
  3. ^ Friedman 1983, p.151
  4. ^ 多田 2012, p.86
  5. ^ St. John, Philip (1999). USS Essex (CV/CVA/CVS-9). Nashville, TN: Turner Publishing Company. p. 10. ISBN 1-56311-492-5. 
  6. ^ St. John, Philip (2000). USS Randolph (CV/CVA/CVS-15). Nashville, TN: Turner Publishing Company. p. 11. ISBN 1-56311-539-5. 
  7. ^ Raven 1988, p.10
  8. ^ Friedman 1983, p.151
  9. ^ The Carriers The List Official Website of the United States Navy
    Aircraft Carriers - CV/CVN navysite.de
    NavSource Aircraft Carriers navsource.org

参考文献[編集]

  • Friedman, Norman (1983). U.S. Aircraft Carriers: An Illustrated Design History. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-739-9. 
  • Raven, Alan (1988). Essex-Class Carriers. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-021-1. 
  • 多田智彦「エセックス級のメカニズム (特集 米空母エセックス級)」『世界の艦船』第761号、海人社、2012年6月、 84-91頁、 NAID 40019305383
  • 岡部いさく「史上最多建造の艦隊空母エセックス級 (特集 米空母エセックス級)」『世界の艦船』第761号、海人社、2012年6月、 75-83頁、 NAID 40019305375
  • 野木恵一「エセックス級戦後近代化改装の概要 (特集 米空母エセックス級)」『世界の艦船』第761号、海人社、2012年6月、 102-109頁、 NAID 40019305396

外部リンク[編集]