オリスカニー (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SCB-125A改装後(1959年4月27日)
艦歴
発注 1942年8月7日
起工 1944年5月1日
進水 1945年10月13日
就役 1950年9月25日
1959年3月7日
退役 1957年1月2日
1975年9月30日
除籍 1989年7月25日
その後 人工岩礁として2006年5月17日沈没処分
性能諸元(竣工時)
排水量 30,800トン
全長 270.8 m
全幅 39m
吃水 満載:9.3 m
機関 ウェスティングハウス製蒸気タービン4機, 4軸推進, 150,000 shp
最大速 33ノット
航続距離 20,000海里(15ノット時)
兵員 士官、兵員 2,600名
兵装 単装38口径5インチ砲8基
連装50口径3インチ砲8基
単装78口径20mm機関砲46基
搭載機 90 - 100
エレベーター 中央2基、舷側1基
カタパルト 油圧式H8×2基

オリスカニー(USS Oriskany, CV/CVA-34)は、アメリカ海軍航空母艦エセックス級航空母艦(長船体型)。艦名はアメリカ独立戦争オリスカニーの戦いに因んで命名された。オリスカニと表記されることもある。「マイティ・O(オー)」の愛称を持つ。後述するように建造が一時中断されていた関係で、エセックス級の中では最後の就役となった。

艦歴[編集]

就役当日

オリスカニーはブルックリン海軍工廠1944年5月1日起工し、1945年10月13日にクラレンス・キャノン夫人によって進水する。艦の建造は1947年8月12日に85%の段階で中断され、SCB-27近代化計画のプロトタイプとして再設計された。新世代の艦上戦闘機を運用するため、フライトデッキの構造は強化され、より強力なエレベーター、H-8油圧カタパルト、新型着艦制動装置が装備された。アイランドは構築し直され、対空砲塔は撤去された。また船体はバルジが装着されて横幅を広げられた。オリスカニーは艦長パーシー・H・ライアン大佐の指揮のもと、1950年9月25日に就役する。

1950 - 1956[編集]

1950年12月6日撮影
朝鮮戦争における艦上の光景(1953年1月10日)

オリスカニーは1950年12月6日ニューヨークを出港し、フロリダ州ジャクソンヴィル沖で空母着艦資格訓練に従事する。ロードアイランド州ニューポートでクリスマス休暇に入り、1951年1月11日にジャクソンヴィル沖での訓練を再開、グアンタナモ湾で第1空母航空団を乗艦させる。

その後ニューヨーク海軍造船所で3月6日から4月2日まで改修を行い、第4空母航空団を訓練のためジャクソンヴィルで乗艦させた後、1951年5月15日にニューポートを出港した。

朝鮮戦争時の1953年、オリスカニー内部には核兵器(新型原子爆弾 Mark 5)の組立工場が設置されており、核兵器製造の為の「工場艦」として稼働していた。北朝鮮 への核攻撃を想定してMark 5を搭載したまま日本横須賀港に寄港していたという。この事実は2008年11月9日放映の『NHKスペシャル』「こうして“核”は持ち込まれた〜空母オリスカニの秘密〜」において紹介された。

なお、1950年代から1960年代半ばまでSCB27A〜C並びにSCB125改装を施したエセックス級、またミッドウェイ級以降の大型攻撃空母には潜水艦発射弾道ミサイル の登場まで米海軍の核戦略を担った重攻撃飛行隊(A-3等の大型艦上攻撃機で編成され、有事には核兵器による戦略爆撃を想定した航空隊)が大部分の艦に配属されており、核兵器運用に関する諸設備を有していた空母はオリスカニーに限らなかった。

1957 - 1969[編集]

ベトナム戦争中の艦影(1968年1月3日)

1957年1月2日に一度退役し、艦載機の大型化・高速化に対応するSCB-125A改装(飛行甲板のアングルド・デッキ化、エレベータの移設および能力向上等)を施した上で1959年3月7日に再就役した。オリスカニーはSCB-125改装を最後に受けた艦であり、飛行甲板の素材にアルミニウムを導入、カタパルトを油圧式H8から蒸気式改良型のC11-1に、アレスティング・ギアをフォレスタル級と同じMk.7-1に更新するなど、他の艦に比べ一層充実した内容となった[1]。よって本艦の改装のみ「SCB-125A改装」と呼ばれ区別されている[2])。

以後、1965年ベトナム戦争に参加するまでの間西太平洋を中心とした数回の作戦航海を行った。

ベトナム戦争に参加していた1966年10月26日トンキン湾沖で艦内前部右側格納庫内のパラシュート付フレアが不時発火、弾火薬庫の誘爆に至る大規模な火災事故を起こして44名が死亡、16人が重軽傷を負い、6機の飛行機が焼失。大きな損傷を受けたためにフィリピンでの応急修理後アメリカ本土に回航され本格的な修理を受け、再びベトナムに戻る。翌1967年には、ジョン・マケインが搭乗している。その後、1968年カリフォルニア州アラメダ海軍航空基地に戻る。

1975 - 2006[編集]

25年に及ぶ活動の後、オリスカニーは1975年9月30日に退役し、ワシントン州ブレマートンモスボール状態で保管された。1980年代初めに再就役の提案がなされたが、艦の保存状態や近代化のためのコスト、艦に配備する航空団の不足等の問題から再就役はなされなかった。オリスカニーは1989年7月25日に除籍され、1995年9月9日に廃棄のため売却されたが、業者が契約を守らなかったため1997年7月30日に契約が破棄され海軍が再入手する。その後メア・アイランドの旧海軍造船所で数年間係留された後、テキサス州ボーモントのボーモント予備艦隊に廃棄のため回航された。

1990年代の初めに東京湾世界都市博覧会の「アメリカの都市」展にオリスカニーを展示する計画が作成された。しかしながら計画は調達資金の不足により失敗した。(世界都市博覧会自体も中止された)

海軍は2004年4月5日にオリスカニーをフロリダ州に回航し人工魚礁にすることを発表した。船体からは再使用が可能な設備が全て撤去された。艦で使用された鐘はニューヨーク州オリスカニーに展示されている。また、船体の様々な部品はアラメダのホーネット博物館に流用される。

オリスカニーは2004年度国防認可行為(公法108-136)によって認可され、人工漁礁として使用される最初の軍艦となった。艦は当初2005年6月25日ペンサコーラの24マイル南へ沈められる予定であった。艦からは塗料石綿が撤去されたが、相当量のPCBが含まれており、環境への影響が考慮され計画は延期された。環境保護局は艦を沈めるための最終承認を2006年2月に与え、オリスカニーは2006年5月17日フロリダ沖のメキシコ湾の海底65mに沈められた。なお、この魚礁化作業はディスカバリーチャンネルで「空母オリスカニーの最後」として放送されている。

オリスカニーは朝鮮戦争で2つ、ベトナム戦争で10個の従軍星章を受章し、艦歴を通じて3つの海軍部隊章を受章した[3]

登場作品[編集]

奇蹟の輝き
メア・アイランドのドックで錆び付き状態が悪化していたオリスカニーが、地獄の表現として撮影に使用された。
トコリの橋
朝鮮戦争を舞台とした1954年公開の映画。空母「サヴォ号」として登場しており、日本海上で北朝鮮空爆に向かう航空機の離着陸シーンと、横須賀寄港シーンが撮影された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野木恵一「エセックス級戦後近代化改装の概要 (特集 米空母エセックス級)」『世界の艦船』第761号、海人社、2012年6月、 102-109頁、 NAID 40019305396
  2. ^ Friedman, Norman (1983). U.S. Aircraft Carriers: An Illustrated Design History. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-739-9. 
  3. ^ NavSource Online: Aircraft Carrier Photo Archive USS ORISKANY(CV-34)(later CVA-34 and CV-34)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]