SCB-125

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

SCB-125(英語: Ship Characteristics Board Program 125) は、アメリカ海軍エセックス級航空母艦を対象に実施した近代化改装であり、SCB-27改装の対象艦に対し1954年から1959年の間に実施された。目的は、アングルド・デッキ装備をはじめとした飛行甲板の拡張による艦上機運用能力向上および航海性能向上にあった。

改装の経緯[編集]

1959年の「オリスカニー」(後方から)

イギリス]ではカタパルトの発明に続き、より発着艦を合理化できる飛行甲板設計としてアングルド・デッキが考案され、1952年2月より試験を実施していた。アメリカ海軍でも1953年より「アンティータム」で同様の試験を実施した後、当時SCB-27C改装の途上にあった「シャングリラ」「レキシントン」「ボノム・リシャール」の3隻に対し、アングルド・デッキ化などを含む改装をSCB-125と総称して同時に施行することとした。1954年からは、SCB-27A/C改装を受けた艦のうち「レイク・シャンプレイン」を除く10隻も同様の改装を受けた。

本改装の工期は1年半程度で、SCB-27に比べると船体の基本構造の変更は少ないものの、後部エレベータの移設や艦首のエンクローズド・バウ化等によって外見上は大きく変化している。

改装の内容[編集]

共通内容
竣工時、SCB-27、SCB-125改装に伴う艦影の変化、艦ごとの差異を比較
  • アングルド・デッキの装備
  • 艦首部を甲板と一体化(エンクローズド・バウ化)
  • ミラー・ランディング・システムを導入
  • Mk.7アレスティング・ギアの装備
  • 第一航空管制室を艦橋後端に移設
  • 空調設備の設置
艦ごとの差異
  • SCB-27A改装対象艦のみ、飛行甲板後方のエレベータ(第三エレベータ)を甲板上から右舷デッキ端に移設(インボード式からデッキサイド式への変更。SCB-27C改装では既に実施済み)
  • ハンコック」「イントレピッド」「タイコンデロガ」は第三エレベータの位置が若干後方であり、この三艦と「オリスカニー」は飛行甲板前方のエレベータ(第一エレベータ)の面積が拡大され五角形となった。
  • オリスカニー」はSCB-125改装を最後に受けた艦であるが、飛行甲板の素材にアルミニウムを導入、カタパルト油圧式H8から蒸気式改良型のC11-1に、アレスティング・ギアをフォレスタル級と同じMk.7-1に更新するなど、さらに充実した内容となった[1](本艦の改装のみ「SCB-125A改装」と呼ばれる[2])。

なお、SCB-27A改装対象艦はカタパルト機器室の容積不足が理由で、油圧式H8のまま最後まで更新されなかった。

SCB-125改装対象艦の一覧[編集]

[3]

艦番号 艦名 区分 改装場所 開始 完了 退役
CVA-38 シャングリラ
USS Shangri-la
SCB-27C/125 ピュージェット・サウンド 1952年10月 1955年1月 1971年
7月30日
CVA-16 レキシントン
USS Lexington
SCB-27C/125 ピュージェット・サウンド 1953年9月 1955年8月 1991年
11月8日
CVA-31 ボノム・リシャール
USS Bon Homme Richard
SCB-27C/125 ハンターズ・ポイント 1953年5月 1955年9月 1971年
7月2日
CVA-20 ベニントン
USS Bennington
SCB-125 ニューヨーク 1954年6月 1955年5月 1970年
1月15日
CVA-10 ヨークタウン
USS Yorktown
SCB-125 ピュージェット・サウンド 1955年3月 1955年10月 1970年
6月27日
CVA-18 ワスプ
USS Wasp
SCB-125 ハンターズ・ポイント 1955年3月 1955年12月 1972年
7月1日
CVA-15 ランドルフ
USS Randolph
SCB-125 ノーフォーク 1955年8月 1956年2月 1969年
2月13日
CVA-9 エセックス
USS Essex
SCB-125 ピュージェット・サウンド 1955年8月 1956年1月 1969年
6月30日
CVA-12 ホーネット
USS Hornet
SCB-125 ピュージェット・サウンド 1956年1月 1956年8月 1970年
6月26日
CVA-19 ハンコック
USS Hancock
SCB-125 ハンターズ・ポイント 1956年4月 1956年11月 1976年
1月31日
CVA-33 キアサージ
USS Kearsarge
SCB-125 ピュージェット・サウンド 1956年7月 1957年1月 1970年
2月13日
CVA-14 タイコンデロガ
USS Ticonderoga
SCB-125 ノーフォーク 1956年8月 1957年4月 1973年
9月01日
CVA-11 イントレピッド
USS Intrepid
SCB-125 ニューヨーク 1956年9月 1957年5月 1974年
3月15日
CVA-34 オリスカニー
USS Oriskany
SCB-125A ハンターズ・ポイント 1957年1月 1959年3月 1976年
9月30日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野木恵一「エセックス級戦後近代化改装の概要 (特集 米空母エセックス級)」、『世界の艦船』第761号、海人社、2012年6月、 102-109頁、 NAID 40019305396
  2. ^ Friedman, Norman (1983). U.S. Aircraft Carriers: An Illustrated Design History. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-739-9. 
  3. ^ [1]Naval Historical Center home page

参考文献[編集]

  • Friedman, Norman (1983). U.S. Aircraft Carriers: An Illustrated Design History. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-739-9. 

外部リンク[編集]