下市田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下市田駅
ホームと待合室(2008年6月)
ホームと待合室(2008年6月)
しもいちだ
Shimo-ichida
元善光寺 (1.8km)
(1.2km) 市田
所在地 長野県下伊那郡高森町下市田1441
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 飯田線
キロ程 135.6km(豊橋起点)
電報略号 シイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
62人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1923年大正12年)3月18日
備考 駅員無配置駅
標高:435m
テンプレートを表示

下市田駅(しもいちだえき)は、長野県下伊那郡高森町下市田にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅飯田駅管理の無人駅で駅舎はなく、待合所トイレがある。ホームは、もともと石積みであったものを、覆うようにコンクリートで補強している。ワンマン列車運行に伴いミラーが設置され、ワンマンの入り口の表示がなされた以外、長年姿を変えていない。

ホームの北側の柵を超えると、すぐに国道へ出る道へ行けることから、危険といわれているにもかかわらずそこから出て行くものが絶えず、地元の地区会などでは問題になったこともある。

利用状況[編集]

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

  • 2007年度 - 60人
  • 2010年度 - 52人
  • 2011年度 - 45人
  • 2012年度 - 42人
  • 2013年度 - 49人
  • 2014年度 - 50人
  • 2015年度 - 59人
  • 2016年度 - 62人[1]

駅周辺[編集]

高森町文化財に指定されている大柊の木がある。近年では郊外店の進出が著しく、天竜川沿いには工業団地の誘致も進んでいる。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
飯田線
快速「みすず
通過
普通
元善光寺駅 - 下市田駅 - 市田駅

出典・脚注[編集]

  1. ^ 平成28年(2016年)長野県統計書 - 13.運輸 (PDF)”. 長野県企画振興部情報政策課統計室. 2019年3月15日閲覧。
  2. ^ “リニア駅「高森南東部」案が有力 JR飯田駅含まぬ見通し”. 信濃毎日新聞. (2011年5月31日). オリジナルの2011年6月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110602155841/http://www.shinmai.co.jp/news/20110531/KT110530ATI090019000.html 2011年6月29日閲覧。 

関連項目[編集]