田畑駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田畑駅
TabataStation-IidaLine.jpg
ホーム(2005年11月)
たばた*
Tabata
伊那北 (2.1 km)
(2.2 km) 北殿
所在地 長野県上伊那郡南箕輪村田畑[1]6354
北緯35度51分39.39秒 東経137度58分40.65秒 / 北緯35.8609417度 東経137.9779583度 / 35.8609417; 137.9779583座標: 北緯35度51分39.39秒 東経137度58分40.65秒 / 北緯35.8609417度 東経137.9779583度 / 35.8609417; 137.9779583
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CD 飯田線
キロ程 181.0 km(豊橋起点)
電報略号 タハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
159人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1911年明治44年)11月3日[1][2]**
備考 駅員無配置駅[1]
標高:650m[1]
* 開業時から1959年までは「たた」で呼称。
** 伊那電車軌道の停留場としての開業日(廃止時期あり)。
テンプレートを表示

田畑駅(たばたえき)は、長野県上伊那郡南箕輪村田畑にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。ホームは本線の西側にある。駅はカーブ区間に設置されているため、車両とホームの間に隙間が開く。

伊那市駅管理の無人駅で、駅舎はないがホーム上に待合所がある。東側に県道489号がすぐ横を通っているが、ホームが西側のため県道489号には接しておらず、もし県道489号に出たければ、一般道路で大回りして行く必要がある。

利用状況[編集]

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

  • 2007年度 - 137人[1]
  • 2009年度 - 134人[1]
  • 2010年度 - 132人
  • 2011年度 - 138人
  • 2012年度 - 140人
  • 2013年度 - 140人
  • 2014年度 - 137人
  • 2015年度 - 153人
  • 2016年度 - 166人[6]
  • 2017年度 - 156人[7]
  • 2018年度 - 159人[8]

駅周辺[編集]

天竜川が駅の東側50mを流れており[1]、その河岸段丘の段丘崖が西側に路線に沿って存在する。段丘崖の下には湧水が出ることが多いがここもその例にもれず、付近に湧水「不死清水(しんずらしみず)」がある。天竜川との距離が近いために市街は主に一段上の段丘面に発達しており、駅付近には民家が少ない。

  • 上伊那圏域障害者総合支援センター「きらりあ」(段丘上の国道153号沿いに所在する)

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CD 飯田線
快速(下りの「みすず」のみ停車)・普通
伊那北駅 - 田畑駅 - 北殿駅

1923年まで、伊那北駅と当駅の間に山寺停留場、御園停留場、神子柴停留場が、当駅と北殿駅の間に南殿停留場が存在。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、187頁。ISBN 9784784071647 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、110頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ 「日本国有鉄道公示第148号」『官報』、1970年3月31日。
  4. ^ 「通報 ●飯田線田畑駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報日本国有鉄道総裁室文書課、1970年3月31日、7面。
  5. ^ 曽根悟(監修)「飯田線・身延線・小海線」『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』第3号、朝日新聞出版、2009年7月26日、 17頁。
  6. ^ 平成28年(2016年)長野県統計書 - 13.運輸 (PDF)”. 長野県企画振興部情報政策課統計室. 2019年3月15日閲覧。
  7. ^ 平成29年(2017年)長野県統計書 - 13.運輸 (PDF)”. 長野県企画振興部情報政策課統計室. 2020年3月14日閲覧。
  8. ^ 平成30年(2018年)長野県統計書 - 13.運輸 (PDF)”. 長野県企画振興部情報政策課統計室. 2021年3月9日閲覧。

関連項目[編集]