リンクのボウガントレーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > リンクのボウガントレーニング
リンクのボウガントレーニング
+
Wiiザッパー
Link's Crossbow Training
+Wii Zapper
ジャンル シューティング
対応機種 Wii
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1~4人
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 アメリカ合衆国の旗 2007年11月19日
欧州連合の旗 2007年12月7日
オーストラリアの旗 2007年12月13日
日本の旗 2008年5月1日
韓国の旗 2010年10月28日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRBT(13歳以上)
PEGI:12+
OFLC:PG(Parental Guidance)
デバイス ヌンチャク対応
Wiiザッパー対応
売上本数 日本の旗 約25万本[1]
世界 約480万本[2]
その他 Mii対応
テンプレートを表示

リンクのボウガントレーニング』(Link's Crossbow Training)は、任天堂開発・発売のWii専用ゲームソフト。『ゼルダの伝説シリーズ』の派生作品。銃型のアタッチメント「Wiiザッパー」を同梱した『リンクのボウガントレーニング+Wiiザッパー』として発売されており、ソフト単品での発売はされていない。

概要[編集]

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』の舞台をベースにしたガンシューティングおよびTPSゲーム。ミニゲーム性が強く、シリーズの続編としては今までの大作・アクションRPGの方向性とは特に違ったものになる。主人公のリンクが操る武器は剣でもなければ弓でもなく、Wiiザッパーの形に似たボウガンを操る。

スコアアタック[編集]

1人用モード。レベル1~8とFINALの9レベルがあり、1つのレベルにつきゲームシステムの違う3つのステージの全27面で構成される。制限時間内でより多くのスコアを稼ぐのが目的。最初はレベル3までできる。

主観視点・視点固定で移動も自動というガンシューティングタイプの「ターケッドシュート」、三人称視点・リンクの位置は固定だがポインターで360度旋回可能の「ディフェンダー」、ポインターで旋回・スティックで移動可能なTPSタイプの「レンジャー」の3種類のステージからなる。なおステージは、前作『トワイライトプリンセス』の面を再利用しており、似通った面が多く登場する。

終了時に点数に応じて、4種類のメダルを獲得できる。メダルを獲得することによって次のレベルをプレイできる。

みんなであそぶ[編集]

最大4人まで遊ぶことができるモード。Wiiザッパーを手渡しながら1つのステージのスコアを競う。

れんしゅう[編集]

全27ステージの練習ができる。ただし、まだ出現していないステージはできない。

ステージ1つごとにハイスコアが記録される。

ボス[編集]

タートナック(Tartknuckle)
今作の中ボス。相変わらずの剣術と破壊力を持つ。攻撃を与えた後も鎧(?)のようなのが飛んでくる。鎧を剥がし、身軽な状態にすると、体をバラバラの虫の大群の状態にし、急にリンクの前に現れたりする。『トワイライトプリンセス』とは異なった攻撃が多い。
ハーラ・ジガント(Hahra Zigant)
今作のラスボス。口から炎の付いた岩石とバブルを吐き出し攻撃をしてくる。手と頭が弱点。手を撃った時はまるでボケキャラのような動きをする。今回は頭だけで襲ってくることはない。
元は『トワイライトプリンセス』の1ダンジョン「砂漠の処刑場」のボス。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 任天堂株式会社 決算説明会資料 2009年 3月期 決算説明会(2008年5月8日開催)参考資料” (日本語). 任天堂株式会社 (2009年5月8日). 2011年9月22日閲覧。
  2. ^ 任天堂株式会社 決算説明会資料 2010年 3月期 決算説明会(2009年5月7日開催)参考資料” (日本語). 任天堂株式会社 (2009年5月7日). 2011年9月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]