トライフォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > トライフォース

トライフォース (TRIFORCE)とは、任天堂のコンピューターゲーム「ゼルダの伝説シリーズ」に登場する、物語の要になる秘宝である。

その形状は、金色の三角形3つを組み合わせた形をしており、日本の北条氏の家紋である三つ鱗紋と似た形をしている。

トライフォースの形状

概要[編集]

3つの金色の三角で連なった三角の形をしており、それぞれが力、知恵、勇気の役割を持つ。この3つの力が1つにまとまった時点で完成し、大三角「トライフォース」となる。触れた者の願いを叶える力を持ち、ゲーム内では「黄金の大三角」や「神の力」とも呼ばれる。ゲーム本編ではこれを巡ってリンクゼルダ姫ガノンの3人が物語の渦中に巻き込まれてゆく。

作品世界において神々が天地開闢の地に遺したとされる神器とされ、守られた聖地に眠っている。『時のオカリナ』で語られた創世の物語によれば、トライフォースは世界を創造した「三柱の女神」である力の女神ディン知恵の女神ネール勇気の女神フロルによって残された彼女らの遺産であると伝えられる。この神器の3つの構成要素も女神の名を指してそれぞれ力、知恵、勇気のトライフォースといい、大三角を正面から見て上の位置にあるトライフォースが「力」、左下のものが「知恵」、右下のものが「勇気」に当たる。なお、このトライフォースが全シリーズ同一のものであるかどうかは不明である。

第1作目の『ゼルダの伝説』には、力と知恵の2種のトライフォースしか登場せず、3つめの勇気のトライフォースは第2作目『リンクの冒険』で初登場する。大三角は「ハイラル王族の紋章」でもあり、ハイラルの至る所にこの王家の紋章が隠されている。また王族と関係なくとも、本シリーズの特徴的なマークとしてゲーム内のアイテム、メモ用紙、石板などにまで描かれている。

トライフォースと所有者[編集]

前述したとおり、トライフォースには触れた者の望みどおりの世界を変える力がある。しかし、もしもトライフォースに触れた者に力、知恵、勇気のいずれかが欠けていた場合、それは構成要素ごとに3つの部分に砕けてしまう。このとき触れた者の手元にはその人物を最も象徴する要素を司った部位しか残らず、残る2つはそれぞれが司る要素に最もふさわしい人物の手の甲にあざとなって宿り、あざは薄く金色の輝きを放つ。

トライフォースは3つの紋章を合わせて初めて完成するため、完全な神の力を得ようと思うならば残る2つの紋章を宿った者、または、その欠片そのものを探し出し手に入れる必要がある。分かれた3つのトライフォースは互いが共鳴し合い、1つになろうとするため、トライフォースを手にした者はそれぞれ対面する運命にある。善悪の概念の前に創られた物であるため、トライフォースには善悪の判断がなく、使う者の心に左右される。『神々のトライフォース』では、トライフォースの力を利用したガノンが「闇の世界」を作った。

また、トライフォースの一角がさらにいくつかに分散され世界に散らばることがあり、その散らばった欠片を集めることで「その集めたトライフォースの力」を得ることができる。一例として第1作では、知恵のトライフォースはゼルダ姫によって8つに分割されたが、リンクはこれを集めてその力を手にしている。

時のオカリナ』では、ガノンが神の力を暴走させたとあるが、その力の使い方はプレイヤーには明確にわからないため、神の力がどのようなものかは定かではない。

ゲームでの登場[編集]

ゼルダの伝説シリーズ[編集]

※以下はシリーズ内における時系列順に表記するため、作品の発表順は異なる。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード
本作では、神々が地上に住む者達のために与えた万能の力とされ、女神ハイリアがこれを管理していたが、かつて魔族がこれを手に入れんと地上を荒らしまわったとされている。劇中の時代では女神ハイリアによってスカイロフトの女神像の真下に隠されている“空の塔”に、それぞれ3つに別れて保管されており、リンクが3個のピースを入手し、それが組み合わさる事でトライフォースとして完成する。その後、リンクが“封印されし者/終焉の者”の消滅を願った事で女神像は封印の地へと降り立ち、封印されし者(終焉の者)は神殿の下敷きとなって消滅する事となった。
ゼルダの伝説 時のオカリナ
本来人の手の触れない聖地の、「ヒト」が管理する「時の神殿」にて、「コキリ」「ゴロン」「ゾーラ」の三種族の秘宝を鍵とすることで守られていたが、リンクがマスターソードを手に入れることでその封印を解き、その隙を狙って聖地に侵入した大盗賊ガノンドロフが力のトライフォースを手に入れた。このことにより、世界は重大な転機を迎える。そして、知恵のトライフォースはゼルダ、勇気のトライフォースはリンクに宿る。
最終的にガノンドロフは力のトライフォースを所持したまま封印される。知恵のトライフォースは新たにハイラルの王となったゼルダが王家の秘宝として受け継がせ、勇気のトライフォースはリンクが元の時代に戻るときに8分割される。
ゼルダの伝説 風のタクト
『時のオカリナ』から数百年後の時代の話であるため、登場するトライフォースも『時のオカリナ』のものと同一である。
力のトライフォースはガノンが継続して持っており、知恵は王家に代々受け継がれて現在のゼルダに宿り、勇気は『時のオカリナ』でリンクが元の時代へと帰るにあたって分割され、ハイラル王家によってハイラル各所に隠され、現在では海底に沈んでいるのをリンクが集め、リンクに宿る。最後は3つともガノンドロフが手に入れてしまうが、ハイラル王がガノンドロフよりも先にこれに触れて、リンクとゼルダに光明な未来を与えるように願う。その後、トライフォースはどこかに飛んで行ってしまったため、リンクとゼルダの手を離れ行方不明になっている。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
聖地にて静かに眠っていたものが、最終的にガノンを破ったリンクが手に入れており、その際にハイラルの平和とガノンの野望によって失われたものを取り戻している。その力は死亡したリンクの叔父や、ハイラル王達の復活すら可能としていた。
その後はハイラル城に保管され、ゼルダ姫の管理下に置かれることとなる。
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
ガノンの気配を感じたトライフォースの導きにより、リンクはハイラルとは別の地方へと転移(『大地の章』ならホロドラム、『時空の章』ならラブレンヌ)、ガノン復活を目論む者達と戦うことになる。その戦いの中で、リンクはトライフォースの加護を借りて再びガノンを退治する。
その後時代は下り、ハイラルの偉大な王はトライフォースの力で秩序を保っていたが、後を継いだ彼の息子はトライフォースだけは完全には受け継ぐことはできなかった。妹の初代ゼルダ姫は、父からトライフォースに付いて何か聞かされていたらしいが、彼女はそれについて喋ることなく魔術師の呪文によって眠らされてしまった。それ以来、勇気のトライフォースは行方不明になる。
ゼルダの伝説
復活したガノンが力と知恵のトライフォースを手に入れようとして力のトライフォースはガノンに奪われたが、知恵のトライフォースは寸前のところでゼルダが8つに分けて隠した。リンクはこの8つの欠片を集めて知恵のトライフォースを完成させ、力のトライフォースを持つガノンに立ち向かう。
リンクの冒険
リンクこそが勇気のトライフォースを手にする素質を持つ者だと判明し、ガノンの邪気で乱れてしまったハイラルを元に戻すために、大神殿に封印されている勇気のトライフォースを手に入れるべく、クリスタルを6つの神殿の奥にはめて大神殿の結界を解き、勇気のトライフォースを守る守護神と戦うことになる。

他作品での登場[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズDX
オープニングにリンク、ゼルダともう1人の手が登場する時に出現する。
大乱闘スマッシュブラザーズX
「亜空の使者」版ではリンク(『トワイライトプリンセス』仕様)の左手に宿っており、勇気のトライフォースのあざは濃い金色の輝きを放っている。また「大乱闘」版ではスマッシュボールというアイテムを取ると、必殺技「トライフォースラッシュ」というオリジナル技を使用できる。これは勇気のトライフォースで相手を挟み込んで突進、空中で連続斬りを繰り出すというもの。

この他『星のカービィ スーパーデラックス』、『どうぶつの森』にも登場しているが、いずれもゼルダの伝説シリーズとの関係はない。

その他[編集]

2002年に発表された、任天堂、セガナムコ(現バンダイナムコゲームス)が共同開発したアーケードゲームシステム基板の名称にも「トライフォース」が用いられている。