トライフォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > トライフォース
トライフォースの形状

トライフォース(Triforce)とは、任天堂のコンピューターゲーム『ゼルダの伝説』シリーズに登場する架空の秘宝である。

概要[編集]

トライフォースは3枚の三角形の板が連なって大きな三角形を構成した形状で、「黄金の大三角」とも呼ばれる。触れた者の願いを叶える力を持ち、作中ではこれを巡ってリンクゼルダ、ガノン(ガノンドロフ)の3人が渦中に巻き込まれていく。

作品世界において神々が天地開闢の地に遺した神器とされ、聖地に安置されている。『時のオカリナ』で語られた創世の物語によれば、世界を創造した「三柱の女神」である「力の女神ディン」「知恵の女神ネール」「勇気の女神フロル」によって残された遺産とされている。これらの女神たちの名前を由来とし、トライフォースの3つの構成要素はそれぞれ「力のトライフォース」「知恵のトライフォース」「勇気のトライフォース」と呼ばれている(以下、それぞれを「力」「知恵」「勇気」と略記する)。トライフォースを正面から見て上に位置するものが「力」、左下のものが「知恵」、右下のものが「勇気」に当たる。なお、このトライフォースが全シリーズ同一のものかどうかは不明である。

第1作目の『ゼルダの伝説』では「力」と「知恵」の2種のみ登場し、「勇気」は第2作目『リンクの冒険』で初登場する。トライフォースの形状は物語の舞台となるハイラル王国の紋章にも用いられ、王国各地で目にすることができる。また王国と関係なくとも、本シリーズの特徴的なマークとしてゲーム内の様々な物や場所に描かれている。

一部のシリーズ作品では、トライフォースを小さくしたような「フォース」と呼ばれるものが登場する。このフォースとトライフォースとの関係性は不明。『ふしぎのぼうし』では、天から降り立った種族「ピッコル」がもたらしたのちにハイラル王家の姫に宿ったとされ、『大地の汽笛』では、賢者・センリンが「人が人を思う感謝の心の結晶」と語っている。

トライフォースと所有者[編集]

前述の通り、トライフォースには触れた者の望みを叶える力がある。しかし、触れた者に力、知恵、勇気のいずれかの要素が欠けていた場合、それぞれの力を司る3つの部分に分かれてしまう。この時、触れた者の手元にはその人物を最も象徴する要素の部位しか残らず、残りは他の最もふさわしい人物の手に渡る。トライフォースを宿した者の利き手の甲にはトライフォースの紋章があざとなって現れ、宿した要素の部分が金色の輝きを放つ。

トライフォースは3つの要素が合わさって初めて本来の力を発揮する。そのため、トライフォースの一部を宿した者が完全な力を得るためには、残りのトライフォースを宿した者、またはトライフォースそのものを探し出す必要がある。分かれた3つのトライフォースは共鳴し合い1つになろうとすることから、手にした者はそれぞれ対面する運命にある。

善悪の概念が生まれる前の時代に創られた物であるため、トライフォース自体が物事の善悪を判断することはなく、その効果は使用者に左右される。『神々のトライフォース』では、ガノンがトライフォースを用いて闇の世界を作り、リンクはトライフォースを用いて世界を元に戻した。

また、トライフォースの一角がさらに細かく分割されることがあり、その欠片を集めることで分割前のトライフォースの力が得られる。一例として、第1作目ではゼルダ姫が「知恵」を8つに分割して各地に隠していたが、リンクがこれらを集めて力を手にしている。

作品別の位置付け[編集]

ゼルダの伝説シリーズ[編集]

※以下は発売順ではなくシリーズ内における時系列順に表記している。時系列の詳細は「ゼルダの伝説シリーズ#時系列」を参照。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード
作中の伝承では、神々が地上で暮らす人々のために与え女神ハイリアがこれを守護したとされている。作中の時代では天空の島「スカイロフト」にある「空の塔」に3箇所に分けて保管され、リンクによりトライフォースが一つになる。その後、リンクがトライフォースに願いを込め、復活を目論んでいた魔物「封印されしもの」が消滅する。
ゼルダの伝説 時のオカリナ
聖地に安置されていたが、その入り口となる「時の神殿」の封印をリンクが解き7年後の世界に渡った際、隙を突いて聖地に侵入した大盗賊ガノンドロフが「力」を手に入れ大魔王となる。またこの際、「知恵」はゼルダに、「勇気」はリンクに宿る。最終的にガノンドロフは「力」を所持したまま封印され、「勇気」はリンクが元の時代に戻る時に8つに分かれ飛び散った。
ゼルダの伝説 風のタクト
『時のオカリナ』の未来世界から数百年後の時代の話であり、登場するトライフォースも『時のオカリナ』のものと同一である。
「力」はガノンが引き続き所持しており、「知恵」は王家で代々受け継がれて現代のゼルダに宿っている。「勇気」はハイラル各所にある「トライフォースのかけら」をリンクが集めることで完成する。最終的には3つともガノンドロフの手に渡るが、ハイラル王がガノンドロフよりも先に触れて野望を阻止し、その後、トライフォースはどこかへ飛び去る。
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
『風のタクト』の時間軸とは異なる。『時のオカリナ』の元の時代から百数年後の話である。
トライフォース自体は登場しないが、リンク、ゼルダ、ガノンドロフそれぞれの手の甲にトライフォースの紋章が浮かび上がり、力が発揮される。物語の中では「神の力」と呼ばれている。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
『風のタクト』や『トワイライトプリンセス』の時間軸とは異なる。『時のオカリナ』で時の勇者リンクが魔王ガノンドロフに敗れた後の時代の話である。
勇者を倒し全てのトライフォースを手に入れた魔王ガノンは、その力を用いて聖地を闇の世界へと変えてしまう。しかし、後の時代でリンクがガノンを倒しトライフォースに願いを込めたことで世界が元通りになり、命を奪われた者たちが蘇る。
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
トライフォースの導きによりリンクがハイラルとは別の地方「ホロドラム」「ラブレンヌ」へ転移し、ガノン復活を目論む者達と戦うことになる。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
『神々のトライフォース』のはるか未来の話。ハイラルと対をなす世界・ロウラルにはかつて逆三角形のトライフォースが存在したが、これをめぐって争いが絶えず、王家によって破壊された。争いは終息したものの、トライフォースを失ったロウラルは衰退の一途をたどっていた。そうした中、ロウラルの司祭ユガが聖地で偶然ハイラルへつながる入口を見つけ、その先にトライフォースがあることを知る。ロウラルの王女ヒルダは王国復興のためにハイラルのトライフォースの強奪を企て、ユガをハイラルへ派遣する。しかしトライフォースは分裂し、この際、「力」は封印されていたガノンに、「知恵」はゼルダに宿る。ユガはハイラルの7賢者とゼルダを絵画の中に封印した後、ガノンを復活させて自らと融合し「力」を手にする。その後、リンクは7賢者を救出し「勇気」の力を宿す。最終決戦の際、ゼルダに宿った「知恵」をヒルダが強奪するも、ユガが裏切ってトライフォースごとヒルダを絵画に封印、その絵画を取り込んで、ユガは「力」と「知恵」の2つを宿す。最終的にユガはリンクに倒され、再びひとつになったトライフォースはハイラルに戻される。帰還したリンクとゼルダはトライフォースに願いを込め、ロウラルのトライフォースが復活する。
ゼルダの伝説 トライフォース3銃士
『神々のトライフォース2』から数年後の話。舞台となるドレース王国の各地にはトライフォースが描かれた台座が点在しており、使命を帯びた3人の勇者候補が台座に乗ることで冒険の地へと空間転移する。この台座とトライフォースとの関係性は不明である。
ゼルダの伝説
復活したガノンがトライフォースの強奪を目論む。「力」はガノンに奪われたが、「知恵」は寸前のところでゼルダが8つに分けて隠した。リンクはこの8つの欠片を集めて「知恵」を完成させ、「力」を持つガノンに立ち向かう。
この作品では、「勇気」は登場しない。
リンクの冒険
リンクこそが「勇気」を宿す素質を持つ者だと判明する。リンクは試練に身を投じ、大神殿にいるトライフォースの守護神を撃破して「勇気」を手にする。

派生作品[編集]

ゼルダ無双 / ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ
「勇気」は勇者が、「知恵」はハイラルの王女が、「力」は魔女が持ち、それぞれが代々受け継がれていた。しかし、「力」を所持していた魔女シアが、かつての所持者であったガノンドロフに心の闇を突かれて善の心を排除され、操られてしまう。その後、トライフォースの所持者であるリンクとシーク(=ゼルダ)を罠にかけてトライフォースを強奪、その力で時空を捻じ曲げ異次元世界を次々に出現させる。やがてシアは自身から分離しトライフォースを狙ったガノンドロフを退けるも、再び攻め込んできたハイラル軍によって倒される。「知恵」と「勇気」は元の持ち主に戻り、「力」はシアの半身(善の部分)だった魔女ラナが受け継ぎ、時空は元に戻る。しかし、完全復活したガノンドロフがラナ、ゼルダ、リンクを襲って3つのトライフォースを強奪、最後はその力を暴走させて魔獣ガノンに変身する。戦いの末、ハイラル軍が勝利してトライフォースは再び元の持ち主に戻り、その力でガノンは消滅する。
その後、今度はファントムガノンがラナを襲って「力」を奪い、その力で『風のタクト』の異次元世界を出現させる。ラナは闇の世界に追放されていたシアを救い出し、シアと共にハイラル軍に加勢して異次元世界に攻め込む。結果ファントムガノンは倒され、「力」が奪還されて時空も元に戻る。以降、「力」はラナとシアの2人によって管理されることとなる。

ゼルダの伝説シリーズ以外の作品[編集]

星のカービィ スーパーデラックス
「洞窟大作戦」モードの中で、宝物の1つとして登場する。高い値打ちがある。
どうぶつの森シリーズ
部屋の中に置くことができる「家具」の1つとして登場する。部屋作りの出来を評価する「ハッピールームアカデミー」からとても高い評価を得られる「ラッキー家具」に数えられている。
大乱闘スマッシュブラザーズDX
オープニングにリンク、ゼルダともう1人の手が登場する時に出現する。この手はガノンドロフの手であり、同作でガノンドロフが隠しキャラクターとして登場する伏線となっている。
大乱闘スマッシュブラザーズX
「亜空の使者」モードではリンク(『トワイライトプリンセス』仕様)の左手に宿っており、勇気のトライフォースのあざは濃い金色の輝きを放っている。
「大乱闘」モードなどでは、リンクとトゥーンリンク(『風のタクト』仕様)がスマッシュボールというアイテムを取ると、オリジナルの必殺技「最後の切りふだ」として「トライフォースラッシュ」を使用できる。これは、2組のトライフォースで相手を挟み込んだ後、空中で連続斬りを繰り出すというもの。この技は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』でも用いられている。

その他[編集]

2002年に発表された、任天堂、セガ(後のセガ・インタラクティブ)、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が共同開発したアーケードゲームシステム基板にも「トライフォース」の名称が用いられている。