ミス・ユニバース2007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミス・ユニバース2007
開催日 2007年5月28日
司会者 ヴァネッサ・ミニロマリオ・ロペス
出演 RBD
会場 メキシコシティ
アウディトリオ・ナシオナル
放送局 NBC, テレムンド, テレビサ
参加 77
セミファイナル 15
初参加 モンテネグロセルビアタンザニア
不参加 ケイマン諸島、チリ、エチオピア、ガーナ、アイスランド、アイルランド、ラトビア、ナミビア、北マリアナ諸島、スリランカ、セントマーチン、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、スウェーデン、トリニダードトバゴ、トルコ、イギリス
再参加 バルバドス、キュラソー、ホンジュラス、ベリーズ、イタリア
優勝者 森理世
日本の旗 日本
好感度部門 Zhang Ningning
中華人民共和国の旗 中国
フォトジェニック部門 アンナ・テレサ・リカロス
フィリピンの旗 フィリピン

ミス・ユニバース2007(Miss Universe 2007)は56回目のミス・ユニバースで、2007年5月28日メキシコの首都メキシコシティナショナル・オーディトリアムで開催された。メキシコでの開催は1993年以来14年ぶり4回目。

同年のミス・ユニバース・ジャパンである森理世が日本代表として出場して優勝、日本人として2人目のミス・ユニバースとなった。

概要[編集]

5月1日~3日に候補者およびミス・ユニバース2006のスレイカ・リベラが続々到着し、さまざまなイベント等をこなし、21日・22日に事前審査(面接)、23日に事前審査(水着審査・イブニングガウン審査)が行われた。司会はミス・ティーンUSA1998のヴァネッサ・ミニロと、ミス・アメリカ2007司会のマリオ・ロペスで、各国の予選を勝ち抜いた77カ国が参加した。

世界大会はミス・ユニバース機構ドナルド・トランプと共に共同保有するNBC、テレムンド(メキシコ国内ではテレビサ)が中継し、世界各国で放送された。審査員は、デザイナーのMarc Bouwer、テレビ女優・モデルのLindsay Clubine、ファッション誌「エル」のファッションディレクターでプロジェクト・ランウェイ審査員もつとめるニーナ・ガルシア、メキシコシティー出身のテレビ俳優Mauricio Islas、米フィギュアスケーターのミッシェル・クワン、韓国系米テレビ俳優のJames Kyson Lee、ミス・ユニバース1953のChristiane Martel(フランス出身、メキシコ在住)、ロックスターのデイヴ・ナヴァロ、フットボール選手でダラス・カウボーイズのクォーターバックのトニー・ロモミス・ユニバース1993のダヤナラ・トレス(プエルトリコ)の10名。音楽ゲストはRBDであった。

イブニングドレス審査では、USA代表のレイチェル・スミスが転倒するアクシデントがあった。しかしトップ5に残り、インタビュー審査でも大ブーイングの嵐に巻き込まれ、最終的に5位止まりとなった。

最終結果[編集]

スコア(大会中はTOP5以外順位発表なし)[編集]

国名 スイムスーツ審査 イブニングガウン審査
日本の旗 日本 9.599 (1) 8.943 (4)
ブラジルの旗 ブラジル 9.560 (2) 9.599 (1)
ベネズエラの旗 ベネズエラ 8.971 (7) 9.510 (2)
韓国の旗 韓国 9.458 (3) 9.183 (3)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 8.995 (6) 8.754 (5)
タンザニアの旗 タンザニア 9.223 (4) 8.488 (6)
アンゴラの旗 アンゴラ 9.150 (5) 8.363 (7)
メキシコの旗 メキシコ 8.527 (9) 7.850 (8)
インドの旗 インド 8.548 (8) 7.825 (9)
ニカラグアの旗 ニカラグア 8.171 (10) 7.674 (10)
スロベニアの旗 スロベニア 8.163 (11)
チェコの旗 チェコ 8.113 (12)
デンマークの旗 デンマーク 7.969 (13)
タイの旗 タイ 7.940 (14)
ウクライナの旗 ウクライナ 7.900 (15)
     Winner (優勝)
     First runner-up (準グランプリ)
     Second runner-up (第3位)
     Third runner-up (第4位)
     Fourth runner-up (第5位)
     Top 10
     Top 15
(#)  Rank in each round of competition

外部リンク[編集]