ミス・ユニバース2009

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミス・ユニバース2009
STEFANIA2.JPG
ミス・ユニバース2009、ステファニア・フェルナンデス
開催日 2009年8月23日
司会者 ビリー・ブッシュ
クローディア・ジョーダン
出演 フロー・ライダーデヴィッド・ゲッタケリー・ローランドヘイディ・モンタグ
会場 バハマの旗 バハマナッソー
アトランティス・パラダイス・アイランド
インペリアル・ボールルーム
放送局 NBCテレムンドZNS-TV
参加 83人
セミファイナル 15人
不参加 アンティグア・バーブーダデンマークカザフスタンスリランカトリニダード・トバゴタークス・カイコス諸島
再参加 ブルガリアエチオピアガイアナアイスランドレバノンナミビアルーマニアスウェーデンザンビア
優勝者 ステファニア・フェルナンデス
ベネズエラの旗 ベネズエラ
好感度部門 王静瑶
中華人民共和国の旗 中国
民族衣装部門 ディアナ・ブロス
パナマの旗 パナマ
フォトジェニック部門 チュティマ・ドゥロンデ
タイ王国の旗 タイ

ミス・ユニバース2009(Miss Universe 2009)は、58回目のミス・ユニバースであり、世界大会は2009年8月23日バハマナッソーにあるアトランティス・パラダイス・アイランドで開催された。

日本からは、同年のミス・ユニバース・ジャパンである宮坂絵美里が代表として出場した。

概要[編集]

開催地選定に当たってはドバイなどが関心を持っていたが、“ミス・ティーンUSA2008”開催実績を持つアトランティスが2009年3月に開催意思を示した。世界大会期間中は7月31日に“ミス・ティーンUSA2009”も同時開催された。

司会はビリー・ブッシュとクラウディア・ジョーダンが担当。83カ国が参加、最後にステファニア・フェルナンデスミス・ユニバース2008ダイアナ・メンドーサからクラウンを受け取った。ベネズエラがミス・ユニバース史上初の大会2連覇を達成した。

大会の模様はNBCを通じて衛星生中継された。

日本代表[編集]

日本代表は2006年に知花くららが第2位、2007年に森理世が優勝、2008年に美馬寛子が第14位になるなど活躍が続いていたことから、この大会でもその動向が注目されていた。しかしながら、代表として出場していた宮坂絵美里は、セミファイナルの15位以内に入賞することは出来なかった。

ミス・ユニバースではいろいろと厳しい制約が設けられ、報道関係者ですら、事務局が定めるエリアでしか取材を行うことができない厳戒態勢が敷かれている。そんな中で、大会に関与するNBCと日テレが提携関係にあることから、日テレ系列の中京テレビが制作している『カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!2009年9月13日放送分で、その舞台裏が明らかにされた。ただし、前述の通り、報道関係者もシャットアウトとなることから、宮坂にビデオカメラを託し、自身で撮影してもらう形をとった。また同番組では、宮坂に敗れた日本代表候補者たちのその後も紹介された。

最終結果[編集]

ミス・ユニバース2009の参加国・地域と最終結果

入賞者[編集]

最終結果 参加者
ミス・ユニバース2009
第2位
第3位
第4位
第5位
トップ10
トップ15

特別賞[編集]

スコア[編集]

審査発表順[編集]

(スコアに関係なく順不同)

Top 15

Top 10

Top 5

  • 1. Dominican Republic
  • 2. Australia
  • 3. Puerto Rico
  • 4. Venezuela
  • 5. Kosovo

参考文献一覧[編集]

外部リンク[編集]