ミス・ユニバース1994

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミス・ユニバース1994
開催日 1994年5月21日[注釈 1]
司会者 ボブ・ゴーン
アーセル・ネヴィル
アンヘラ・フィッサー
出演 ピーボ・ブライソン
バヤニハン・フィリピン・ナショナル・フォークダンス・カンパニー
会場 フィリピン
マニラ首都圏パサイ
フィリピン国際会議場
プレナリーホール
放送局 CBS (国際放送)
ABS-CBN (公式放送)
参加 77
セミファイナル 10
初参加
不参加
再参加
優勝者 スシュミタ・セン
インドの旗 インド
好感度部門 バーバラ・カハジパラ
ナミビアの旗 ナミビア
民族衣装部門 シャーリーン・ゴンザレス
 フィリピン
フォトジェニック部門 ミノルカ・メルカド
ベスト・イン・フィリピン・ターノ・ガウン
 ベネズエラ[1]

ミス・ユニバース1994(Miss Universe 1994、第43回ミス・ユニバース世界大会)は1994年5月21日[注釈 1]フィリピンパサイ市のフィリピン国際会議場のプレナリーホールで開催された。

ミス・ユニバース1994 優勝者 - スシュミタ・セン

最後に優勝したインドスシュミタ・センプエルトリコダヤナラ・トレスから栄冠を授けられた。インドの優勝はこれが初めてで、この年の大会では77か国の代表が競った。日本からは川人千明が出場した。

最終結果[編集]

ミス・ユニバース1994の参加国と最終結果

入賞者[編集]

最終結果 参加者
ミス・ユニバース1994
第2位
第3位
トップ6
トップ10

特別賞[編集]

開催都市[編集]

マニラは1993年10月、大会開催都市として発表された。[2]フィリピンで世界大会が開かれるのはミス・ユニバース1974がマニラで開かれて以来2度目であった。[2] 大会はマニラ首都圏フィリピン国際会議場で、アメリカのCBSプライムタイムに生中継出来るように、フィリピン標準時の午前8時頃に開催された。

審査のエリア[編集]

代表たちは4月半ばにはマニラに到着し始め、ほとんど4週間、行事と審査に参加した。彼らはまた、フィリピン各地の様々な観光地と遊園地を訪れた。

最後のテレビ放送の前の予選期間に、全ての参加者は水着とイブニング・ガウンの審査を受け、審査員のインタビューにも応じた。

最終審査では、予選の得点の上位10人の参加者が水着、イブニング・ガウン、インタビューの審査を受けた。上位6人の参加者が最後の舞台でのインタビューを受けて3人に絞られ、第3位、第2位、新しいミス・ユニバースが発表された。

ノート[編集]

  1. ^ a b この大会はフィリピン標準時UTC+8)で午前8時に開催された。アメリカ大陸では、これは合衆国を含む地方時で5月20日であった。

参考文献一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Came with $500USD cash prize and 10,000PHP worth value of Philippine-made products.
  2. ^ a b “Philippines to host Miss Universe pageant”. Reuters. (1993年10月24日) 

外部リンク[編集]