ミス・ユニバース2018

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミス・ユニバース2018
{
開催日 2018年12月17日[注釈 1]
司会者
会場 タイ王国
バンコク首都圏
ノンタブリー県
インパクト・アリーナ
放送局 国際放送: 公式放送:
参加 94
セミファイナル 20
初参加
不参加
再参加
優勝者 カトリオナ・グレイ
フィリピンの旗 フィリピン
民族衣装部門 オン=アノン・ホムソムバト
ラオスの旗 ラオス

ミス・ユニバース2018(Miss Universe 2018、第67回ミス・ユニバース世界大会)は2018年12月17日[注釈 1]タイ王国バンコクの北の郊外のノンタブリー県にあるインパクト・アリーナで開催された。[1][2]最後にフィリピンカトリオナ・グレイが優勝し、南アフリカ共和国デミ=リー・ネル=ピーターズから後継者として栄冠を授けられた。日本からは加藤遊海が出場した。

ショーの司会はコメディアンのスティーヴ・ハーヴィーとスーパーモデルのアシュリー・グラハムが行い、テレビ司会者のカーソン・クレスリーとランウェイコーチのルー・シエラがショーの間ずっとコメントと分析を加えた。[3]審査の間、アメリカのシンガー・ソングライターのニーヨが歌った。[4]

この年の大会には94の国と地域の代表たちが参加し、2017年の92か国を上回る史上最多となった。[5]スペインアンヘラ・ポンセは初めてトランスジェンダーを公表してミス・ユニバースのタイトルを競う参加者となった。[6][7]

最終結果[編集]

入賞者[編集]

ミス・ユニバース2018の参加国・地域
最終結果 参加者
ミス・ユニバース2018
第2位
第3位
トップ5
トップ10
トップ20

特別賞[編集]

ノート[編集]

  1. ^ a b この大会はタイ時間UTC+7)7時に開催された。アメリカ大陸では、まだ地方時で12月16日であった。

脚注[編集]

  1. ^ “THAILAND here we come!”. MUO. (2018年7月31日). https://www.instagram.com/p/Bl6QpT4D0EJ/ 
  2. ^ “Thailand to host Miss Universe 2018 as pageant returns to Asia after 2 years”. ABS-CBN News. (2018年7月31日). http://news.abs-cbn.com/life/07/31/18/thailand-to-host-miss-universe-2018-as-pageant-returns-to-asia 2018年7月31日閲覧。 
  3. ^ “Our favorite pageant insiders are back! Supermodel & pageant expert Lu Sierra, and TV personality & style guru Carson Kressley also will return to provide analysis and commentary throughout the live telecast.”. MUO. (2018年11月17日). https://www.instagram.com/p/BqNxn5TgWSu/ 
  4. ^ Hosts & Performers”. MUO. 2018年11月17日閲覧。
  5. ^ Contestants”. MUO. 2018年12月2日閲覧。
  6. ^ Amy B Wang (2018年12月17日). “Miss Spain makes history as first transgender woman to compete in Miss Universe pageant”. The Washington Post. 2018年12月18日閲覧。 “After Talackova threatened legal action, the organization — then owned by Donald Trump — changed the rules to allow transgender contestants in its pageants.”
  7. ^ Cady Lang (2018年12月17日). “Miss Spain Made History as the First Miss Universe Transgender Competitor”. Time. 2018年12月18日閲覧。