ミス・ユニバース2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミス・ユニバース2000
{
ミス・ユニバース2000 ララ・ダッタ
開催日 2000年5月12日[1]
司会者
出演
会場 キプロスニコシア
エレフセリア屋内ホール
放送局 CBS (国際放送)
CyBC (公式放送)
参加 79
セミファイナル 10
初参加 サン・マルタン (西インド諸島)
不参加
再参加
優勝者 ララ・ダッタ
インドの旗 インド
好感度部門 タマラ・スカロニ
アルバの旗 アルバ
民族衣装部門 レティ・マレー
メキシコの旗 メキシコ
フォトジェニック部門 エレン・リンデス
スペインの旗 スペイン

ミス・ユニバース2000(Miss Universe 2000、第49回ミス・ユニバース世界大会)は2000年5月12日[1]キプロスニコシアエレフセリア屋内ホールで開催された。最後にインドララ・ダッタが優勝し、ボツワナムプル・クェラゴベから後継者として栄冠を授けられた。79か国の代表がタイトルを目指して競った。インドの優勝は1994年以来で2度目であった。日本からは遠藤真由が出場した。

ミス・ユニバース2000の参加国と最終結果

最終結果[編集]

入賞者[編集]

最終結果 参加者
ミス・ユニバース2000
第2位
第3位
トップ5
トップ10

特別賞[編集]

開催都市[編集]

ニコシアは1999年7月1日に大会開催都市として発表された。[2]キプロスは大会に350万ドルを投資した。それは大会の宣伝により、キプロス島の主要産業である観光を伸ばせると見たからである。[3]

保守的なキプロスの教会指導者たちは島で大会を開催するという決定に抗議した。彼らはキリスト生誕2000年祭のほうが重要であり、大会は恥ずべきもので女性の裸を氾濫させると主張した。[4]

参考文献一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b この大会はキプロス時間UTC+3)で午後8時から世界中の様々なテレビ局で生中継された。アメリカ合衆国ではプライムタイムに合わせて録画で放送された。
  2. ^ “Cyprus to host Miss Universe in millennium”. Agence France Press. (1999年7月1日) 
  3. ^ Kambas, Michele (1999年7月1日). “Cyprus to host Miss Universe next year-official”. Reuters 
  4. ^ “Church and state feud over Miss Universe contest”. Associated Press. (1999年8月4日) 

外部リンク[編集]