ムプル・クェラゴベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムプル・クェラゴベ
Mpule Kwelagobe.jpg
2013年 MPULE Institute for Endogenous Development
プロフィール
生年月日 1974年11月14日
現年齢 44歳
出身地 ボツワナ・ガボローネ
瞳の色 ブラウン
毛髪の色 ブラック
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 178 cm / kg
活動
デビュー 1997
他の活動 実業家・社会活動家
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

ムプル・クェラゴベ(Mpule Keneilwe Kwelagobe, 1979年11月14日-)は、ボツワナのモデル・実業家・社会活動家である。1999年、ミス・ユニバースに選ばれる。健康権(health rights)に関する活動家として知られ、特にAIDSとの戦い、子どもと女性の性教育(sexual reproductive education)へのアクセス支援に力を入れる。アフリカと南アジアで金融サービス・再生可能エネルギー・農業に投資するQuesS Capital LLCという未公開株式投資会社の共同設立者[1]アフリカ数理科学研究所役員[2]を務める。

経歴[編集]

1997年8月、Lobatse Secondary School在学中に当時最年少でミス・ボツワナに選ばれる。同年のミス・ワールドに出場。

1999年2月、第1回ミス・ユニバース・ボツワナに選ばれ、ミスコンで2回ボツワナを代表した最初の人物となる。

1999年5月26日、ミス・ユニバースに選ばれる。5月28日、これから1年間の活動拠点としてニューヨークのトランプ・タワーに入居。

2000年、青少年とAIDSに関心を集めてもらうため、国連は彼女を親善大使(goodwill ambassador)に任命する。

2000年、MPULE Foundation設立、CEO(2010年まで)。サブサハラの保健システムの改善のために活動[3]

3月8日、下院銀行金融委員会(Representatives Committee on Banking and Financial Services)で証言。ボツワナにおけるAIDSの惨状について述べる [4] [5]

2001年5月、第3回国連後発開発途上国会議に出席[6]

8月、第4回World Youth Forumに出席[7]

2002年持続可能な開発に関する世界首脳会議に出席[2]

2003年世界経済フォーラムよりGlobal Leader for Tomorrow (GLT) に選定される[8]

2010年、農業・食糧安全保障・栄養・健康・人間開発に関する独立系政策提言シンクタンクMPULE Institute for Endogenous Development設立、CEO[3]

2015年10月8日、インド北部パンジャブ州出身のAbujoy Ghandhiと結婚[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mpule Kwelagobe”. LEVO. The Levo League Corporation. 2018年11月9日閲覧。
  2. ^ a b Ms Mpule Kwelagobe”. AIMS. African Institute for Mathematical Sciences. 2018年11月9日閲覧。
  3. ^ a b Mpule Kwelagobe Head, QuesS Capital’s Africa Investments”. ONE. 2018年11月11日閲覧。
  4. ^ HIV/AIDS Subject of Banking Committee Hearing”. The Women’s Congressional Policy Institute. 2018年10月9日閲覧。
  5. ^ The Comittee on Financial Searvices”. アメリカ合衆国連邦議会 (2000年3月8日). 2018年10月9日閲覧。
  6. ^ PROVISIONAL LIST OF PARTICIPANTS”. UNCTAD (2001年5月12日). 2018年10月9日閲覧。
  7. ^ WORLD YOUTH FORUM OPENS FOURTH SESSION IN DAKAR”. United Nations (2001年8月8日). 2018年10月9日閲覧。
  8. ^ Kristin Hetle (2003年1月27日). “World Economic Forum Selects UNFPA Goodwill Ambassador as a Global Leader for Tomorrow”. UNFPA. 2018年10月9日閲覧。
  9. ^ Onneile Setlalekgosi (2015年10月8日). “No 600k For Mpule”. thevoicebw. 2015年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]