ミス・ユニバース1957

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミス・ユニバース1957
開催日 1957年7月19日
司会者 ボブ・ラッセル
会場 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ロングビーチ市立公会堂
参加 32
セミファイナル 15
初参加
不参加
再参加
優勝者 グラディス・ツェンダー
ペルーの旗 ペルー
好感度部門 マピタ・メルカド・コルデロ
 プエルトリコ
フォトジェニック部門 ゲルティ・ダーブ
西ドイツの旗 ドイツ

ミス・ユニバース1957(Miss Universe 1957、第6回ミス・ユニバース世界大会は、1957年7月19日アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチで開催された。この大会では32か国の代表が競い、ペルーグラディス・ツェンダーが優勝し、ラテンアメリカ女性初のミス・ユニバースとなり、アメリカのキャロル・モリスから栄冠を授けられた。日本大谷享子はトップ15に入賞し、ミス・アジア賞を受けた。[1]

最終結果[編集]

ミス・ユニバース1957参加国と最終結果

入賞者[編集]

最終結果 参加者
Miss Universe 1957
第2位
  •  ブラジル – テレジーナ・モランゴ (Teresinha Morango)
第3位
第4位
第5位
トップ15

参加者[編集]

ノート[編集]

初参加[編集]

辞退者[編集]

再参加[編集]

1953以来の参加

1955以来の参加

特別賞[編集]

ミスUSAの失格[編集]

ミスUSAレオナ・ゲージ (メリーランド州)はトップ15入りと発表されたが、決勝戦前の午後、彼女が結婚していて二人の幼い子供の母であることが発覚したため、大会から追放された。[1]16番目の補欠に選ばれていたミス・アルゼンチンのモニカ・ラマスが代わりに昇格した。ゲージはミスUSAのタイトルも剥奪され、シャーロット・シェフィールドが昇格したが、既に予選が終わっていたので参加出来ず、ミス・ユニバース大会に参加しなかった初のミスUSAとなった(2人目は2017年)。シェフィールドはミス・ワールド1957に参加したが入賞出来なかった。

参考文献一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1958年度ミス・ユニバース(ミス・アジア)日本代表大谷享子思い出の記『週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号ミス・ユニバース、ワールド美の祭典42~43頁