ミス・ユニバース1971

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミス・ユニバース1971
開催日 1971年7月24日
司会者 ボブ・バーカージューン・ロックハート
会場 アメリカ合衆国
フロリダ州
マイアミビーチ公会堂
放送局 CBS
参加 60
セミファイナル 12
不参加
再参加
優勝者 ジョルジーナ・リザーク
レバノンの旗 レバノン
好感度部門 マグノリア・マルチネス
ペルーの旗 ペルー
民族衣装部門 マリア・ルイサ・ロペス・コルソ
メキシコの旗 メキシコ
フォトジェニック部門 ヴィダ・ヴァレンティーナ・ドリア
フィリピンの旗 フィリピン

ミス・ユニバース1971(Miss Universe 1971、第20回ミス・ユニバース世界大会)は1971年7月24日[1]アメリカ合衆国フロリダ州マイアミビーチ公会堂で開催された。レバノンジョルジーナ・リザークが優勝し[2]プエルトリコマリソル・マラレから栄冠を授けられた。日本武富茂子はトップ12に入賞した[3]

最終結果[編集]

ミス・ユニバース1971で競った国・地域と最終結果

入賞者[編集]

出典:[4]

最終結果 参加者
ミス・ユニバース1971
第2位
第3位
第4位
第5位
  • ブラジルの旗 ブラジル - イリアーヌ・ギマラエス(Eliane Guimarães)
トップ12

特別賞[編集]

出典:[4]

参加者
ミス・アミティー
  • ペルーの旗 ペルー - マグノリア・マルチネス
ミス・フォトジェニック
ベスト・ナショナル・コスチューム
  • メキシコの旗 メキシコ - マリア・ルイサ・ロペス・コルソ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Miss Universe 1971 - Georgina Rizk from Lebanon (colored video)”. LEBANON IN A PICTURE. 2019年2月28日閲覧。
  2. ^ MISS UNIVERSE 1971 Georgina Rizk”. MISS UNIVERSE. IMG Universe, LLC. 2019年2月28日閲覧。
  3. ^ 「23年間のミス・ユニバース 美女の運命はいかに?」、『週刊朝日』第79巻第20号、朝日新聞社、1974年5月3日、 139-143頁。
  4. ^ a b MISS UNIVERSE 1971”. pageantopolis.com. 2012年2月27日閲覧。

参考文献一覧[編集]