ブリティッシュ ベイクオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブリティッシュ・ベイクオフThe Great British Bake Off)は、イギリスの料理コンテスト番組。

2010年から2013年(第1から第4シーズン)はBBC Two、2014年から2017年(第5から第7シーズン)はBBC One、2018年(第8シーズン)以降はチャンネル4で放送されている。

日本ではDlifeで、2017年1月より第4シーズン、2018年7月より第5シーズン、2019年1月より第6シーズン、2019年7月より第7シーズンが放送された。Dlife閉局後は、2020年にクリスマススペシャルがFOXチャンネルで放送され、同局で2021年の2月20日より放送中(Dlife版と同様に第4シーズンからの放送)。NHK Eテレでも一週分を前後編に分け30分ずつの形態を採って2022年4月7日夜10時から放送を開始。それに先立ちBSプレミアムで同年1月17日から第1シーズン、3月7日から第2シーズンが集中放送された(時間は早朝6時)。

概要[編集]

事前オーディションで選考されたアマチュア料理家(番組内では「ベイカー」(Baker)と呼ばれる)たちが、毎週与えられるテーマに沿ったパンパイケーキや焼き菓子などの出来栄えを10週に渡って競い合う番組。

第1シーズンから第7シーズンまでの司会進行は、コメディアンのスー・パーキンス英語版メル・ギェドロイツ英語版、審査員は料理研究家メアリー・ベリー英語版シェフポール・ハリウッド英語版が勤めた。

ひとつのシーズンに参加するベイカーは12名(第1シーズンは10名、第4シーズンは13名)。

各ベイカーには一人一台ずつのオーブンやグリル、製菓用ミキサーIHヒーターなどを備えた調理台が割り当てられ、司会者による「ベイク!(Bake!)」の掛け声で一斉に調理を開始する。

ベイカー達は毎週、下記3つのチャレンジに挑戦する。

オリジナルチャレンジ(Signature Challenge)
事前に用意し試作した、自分が得意なレシピで作成する。
テクニカルチャレンジ(Technical Challenge)
審査員(第7シーズンまではポール又はメアリー)が作成した簡素なレシピ(焼成温度や焼く時間、混ぜる順序、材料を刻む細かさなどが省かれている)と材料が会場で与えられ、それを用いて課題を作成する。課題は事前に知らされず、レシピと材料は全ベイカーに同じのものが用意される。
完成品はどのベイカーが作ったかわからない状態で審査される。
マスターピースチャレンジ(Showstopper Challenge)
事前に用意したレシピとデザインでそれぞれの技術と個性を競う。

各チャレンジには制限時間が設けられ、ベイカーはその時間内で材料の準備、生地の醗酵、焼き上げ、冷却、飾り付けなどの作業をすべて終わらせる。

毎週、審査員の評価が低かった1から2名が脱落し、その週に最も評価が高かった者は、「スターベイカー」(Star Baker)の称号を得る。

決勝では、それまでに勝ち残った3名のベイカーからその年の優勝者が選ばれる。

NHKの放送は日本語吹き替え版を新規製作。進行役の声優はDlife/NHK版の順に小島幸子本田貴子(スー)、濱口綾乃樋口あかり(メル)、羽鳥靖子唐沢潤(メアリー)、永野善一楠大典(ポール)。

テーマ[編集]

第1シーズン[編集]

  • 第1週:ケーキ
    • オリジナルケーキ
    • ビクトリアサンドイッチケーキ(スポンジの間にジャムを挟んで粉砂糖を振りかけたケーキ)
    • お祝い用のチョコレートケーキ
  • 第3週:パン
    • オリジナルブレッド
    • コブローフ(イギリス伝統の丸パン)
    • バスケットいっぱいのパンを作る(食事系・スイーツ系を12個ずつ)それぞれ3種類まで作っていいが、すべてが審査対象に入る。
  • 第4週:プディング
    • オリジナルプディング
    • レモンスフレ:あるベイカーが卵黄を入れ忘れるアクシデントがあった。
    • 3種類のプディング(クランブル・パンプディング・スェットプディング(suet pudding、生地にスエット(牛や羊の脂)を使った伝統的なプディング))
  • 第5週:ペイストリー
    • お惣菜系のオリジナルセイボリーパイ
    • コーニッシュパスティ(ショートクラスト生地に肉と野菜のフィリングを詰めた半月型のパイ)
    • 3種類のペイストリーのセット 2種(セイポリー系のカナッペのセット・スイーツ系のタルトのセット)
  • 第6週(決勝 前編):24個のプチケーキ
    • ポールとメアリーが後編のチャレンジに向けて、どのベイカーを脱落するかで大もめになるアクシデントがあった。
  • 第7週(決勝 後編):ガーデンパーティ
    • スコーン・シュークリーム・タルト・サンドイッチの4種のアフタヌーンティセットを作る。:あるベイカーがシュー生地の出来に納得できず、ごみ箱ではなく流しに捨てるアクシデントがあった。

第2シーズン[編集]

  • 第1週:ケーキ
    • カップケーキ 24個(2種まで) カップケーキにアイシングを施すこと
    • コーヒーとくるみのバッテンバーグケーキ
    • 2段以上のケーキ:あるベイカーがケーキを落として1段になってしまうアクシデントがあった。
  • 第2週:タルト
    • キッシュ
    • レモンタルト
    • スイーツ系のミニタルト 2種24個
  • 第3週:パン
    • 型を使わずに焼くパン:あるベイカーが材料を切る際に指を切るアクシデントがあった。
    • フォカッチャ
    • かごいっぱいのパン パンに入れるかごもパン生地で作らなければならない。かごに入れるパンは24個で、スイーツ系・セイボリー系どちらでもいいが2種まで。
  • 第4週:ティータイムのお菓子
    • ビスケット
    • ブランデースナップ 12個
    • マカロン 3種60個
  • 第8週:

第4シーズン[編集]

  • 第1週:ケーキ
  • 第2週:パン
    • ブレッドスティック(生地を細い棒状に切り分けてカリッと焼いた固いパン) イースト菌で醗酵させた長さ25cm以上のもの36個
    • イングリッシュ・マフィン 8個:あるベイカーが醗酵させていたマフィンを、スーがヒジで押しつぶしてしまうアクシデントがあった。
    • ローフ(切っていない一塊のパン)
  • 第3週:デザート
    • トライフル:あるベイカーが誤って他人のカスタードを使ってしまうアクシデントがあった。
    • イル・フロッタント(Ile flottante、スプーンで卵形に丸めたメレンゲをカスタードソースで蒸し煮し、飴細工を飾った菓子)
    • プチフール 2種24個
  • 第4週:パイとタルト
  • 第5週:ビスケットとトレイベイク
    • トレイベイク(Traybake、円筒形のケーキ型ではなくトレイに流し込んで焼き、四角く切り分けたケーキ)
    • チュイール 2種18個
    • 高さ30cm以上のビスケットのタワー:メルがあるベイカーのタワーの高さを測定している最中に、タワーが崩壊するアクシデントがあった。
  • 第6週:菓子パン(Sweet Dough)
    • ティー・ローフ(tea loaf、様々な茶類を素材にしたローフ)
    • アプリコット・クーロンヌ(apricot couronne、アプリコットを具材にし、ねじった生地を環状にした王冠を模したパン) 8個
    • ヨーロッパの菓子パン(European sweet buns) 2種24個
  • 第7週:ペイストリー
    • スエット・プディング
    • ルリジューズ(religieuse、二つの小さなシュークリームにチョコレート掛けして、だるまのように重ねた菓子) 8個
    • ペイストリー 3種36個
  • 第8週(準々決勝):前例に囚われない素材(Unconventional Ingredients)
  • 第9週(準決勝):フレンチ・ペイストリー
  • 第10週(決勝)
    • ピクニック・パイ(Picnic Pie、箱型のペイストリー生地に肉や野菜などを層状に詰めて焼き、冷えた状態で切り分けて食べるパイ)
    • プレッツェル 2種12個
    • 三段重ねのウェディングケーキ

第5シーズン[編集]

  • 第1週:ケーキ
    • ロールケーキ
    • チェリーケーキ(cherry cake)
    • イギリスの伝統的なケーキ(classic British cake) ミニサイズを36個
  • 第2週:ビスケット
    • 甘くないビスケット 36枚
    • 片面にチョコレート掛けしたフロランタン 18枚
    • 物語の立体ビスケット(3D biscuit scene、他の支え無しで自立するビスケットのみを用いて、物語性のある一場面を立体的に作る)
  • 第3週:パン
  • 第4週:デザート
    • セルフソーシングプディング(self-saucing pudding、フォンダン・オ・ショコラのように焼けたスポンジの中からトロっとしたソースが流れ出るプディング) 8個
    • ティラミスケーキ
    • ベイクド・アラスカ(スポンジケーキとアイスクリームソルベをメレンゲで覆い、表面にバーナーで焼き目をつけたデザート):複数のベイカーが同じ冷蔵庫を使用した結果、あるベイカーのアイスクリームが室温に放置されて溶解してしまい、さらにそのベイカーが自分の作品を捨ててしまうというアクシデントが発生した。
  • 第5週:パイとタルト
    • ファミリーサイズのカスタードタルト
    • ミニ洋梨パイ(シナモンなどの入ったシロップで煮た丸ごとの洋梨に、細く切ったパイ生地を螺旋状に巻き付けてオーブンで焼いたもの) 6個
    • ティアードパイ(tiered pie、大きさを変えて複数段に積み重ねたパイ) 3段以上で、支えなしで自立するもの
  • 第6週:ヨーロッパのケーキ(European Cakes)
  • 第7週:ペイストリー
  • 第8週(準々決勝):パン生地 上級編(Advanced Dough)
    • バターと卵に富んだリッチな生地で作る、フルーツが入った甘いパン。ただしパン型は使わないこと
    • ポティツァ(povitica、ナッツのフィリングを渦巻状に巻き込んでパン型に入れて焼いたスロヴェニアのパン)
    • ドーナッツ 2種36個
  • 第9週(準決勝):パティスリー
    • バクラヴァ(フィロ生地でナッツのフィリングを巻いた後、渦巻き状に整形して焼き、シロップをかけたトルコ風のペストリー) 2種24個
    • シヒトトルテ(schichttorte、バームクーヘンのように生地を薄く多層に重ねてグリルで焼いたドイツのケーキ) 表面にチョコレートでグレーズを施し、白いアイシングで装飾する。生地の層は20層あること
    • アントルメ(entremet) 技巧を凝らした独創的なもの 2種24個
  • 第10週(決勝)
    • ヴィエノワズリークロワッサンのようなパイ生地のパン) 2種24個
    • ヴィクトリア・サンドイッチ(スポンジにクリームとジャムを挟んだケーキ)、タルト・オ・シトロン(レモンクリームのタルト)、スコーン 各12個
    • ピエスモンテ(Piece Montee、豪華で巨大かつ複雑な装飾菓子) 各ベイカーが思い入れを持つ何かの形にすること

第6シーズン[編集]

  • 第1週:ケーキ
  • 第2週:ビスケット
    • ビスコッティ(二度焼きして堅く焼き上げたイタリアの焼き菓子) 形と大きさが揃ったもの 24個
    • アルレット(Arlette、パイ生地をうずまき状に丸めて薄くのばし、カリッと焼いたシナモン風味の焼菓子) 8個 
    • ビスケットボックス入りのビスケット(ビスケット36個とそれを入れるビスケットで作った箱)中身と箱は異なる生地のビスケットであること:あるベイカーが焼き上げたドーム状のビスケットを、スーが押しつぶしてしまうアクシデントがあった。
  • 第3週:パン
    • ソーダブレッド(醗酵させず、膨張材として重曹ベーキングパウダーを用いたパン) 型を使わないもの 2個
    • バゲット (棒状のフランスパン)4個
    • 3Dパンアート(3D bread sculpture) 異なる生地のパン3種を使い、うち一つにはフィリングを入れること
  • 第4週:デザート
    • クレームブリュレ バーナーを使わずグリルで表面をキャラメリゼすること 12個
    • スパニッシュ・ウィンドトルテ(Spanische Windtorte、フレンチメレンゲを中空の円筒型にカリっと焼き、もっちりしたスイスメレンゲ、イチゴ、ラズベリーで出来たフィリングを詰めた、オーストリアのデザート) 全面にパイピングを施し、マジパンで作ったスミレの花で飾ること
    • ベイクドチーズケーキのタワー 少なくとも3段に重ねたもの
  • 第5週:代替食材(Alternative Ingredients)
    • 砂糖を使わないケーキ ハチミツや他のシロップ、フルーツなどで甘みをつけること
    • グルテンフリーのピタパン 小麦粉から生成するグルテンの代わりにオオバコ粉を使用すること 12枚
    • 乳原料を使わないアイスクリームロール バターを使わずに焼いたスポンジにジャムを塗り、乳原料を使わずに作ったアイスクリームを棒状に巻くこと
  • 第6週:ペイストリー
    • フランジパーヌのタルト(Frangipane tart、アーモンド風味のクリームとフルーツのタルト)
    • フラウナ(Flaoun、キプロスイースターに食べられているチーズ入りペイストリー) フィリングにはレーズンとチーズを、香り付けにマハレブ(チェリーの種子の核を粉にしたもの)とマスティックを用い、外側に白ゴマをまぶしたもの 12個
    • ヴォロヴァン英語版(肉や魚介など様々な具を入れた円筒形の小さなパイ) 2種48個
  • 第7週:ヴィクトリア調(Victorian)
    • ゲーム・パイ(Game Pie、ジビエのパイ)
    • テニスケーキ(Tennis fruit Cake、ドライフルーツを混ぜ込んで焼いたケーキにアーモンドペースト、緑に着色したシュガーペーストを重ね、ロイヤルアイシングで作ったネット、テニスラケット、ラインを飾ってテニスコートを模したケーキ)
    • シャルロット・リュス(charlotte russe、ババロアゼリーを重ね、レディ・フィンガーで周囲を囲ったデザート)
  • 第8週(準々決勝):ペイストリー
    • クリームホーン(cream horn、円錐状に焼いてクリームを詰めたペイストリー) 2種24個
    • モカティーヌ(Mokatine、ジェノワーズでコーヒー味のクリームを挟んだ四角いケーキ)クレーム・オ・ブール(バタークリーム)でパイピングを施し、上面はフォンダンで覆うこと 9個
    • ルリジューズ・ア・ランシェンヌ(Religieuse a l'ancienne、エクレアのタワー)各層の土台をショートクラストで作って3段以上に重ね、支えなしで2時間以上自立すること
  • 第9週(準決勝):チョコレート
    • チョコレートタルト
    • チョコレートのスフレ:賞味時間の短いスフレの特性から、ベイカー毎に開始時間をずらしてスタートする形式で行われた。
    • チョコレートの立体的なオブジェ 必ずホワイトチョコレートとビスケットを取り入れること
  • 第10週(決勝)
    • フィリング入りのアイシング・パン 2種16個
    • ラズベリーのミルフィーユ 三層で、上面に白とピンクのストライプ柄のアイシングを施すこと
    • イギリス伝統のケーキ 同一の生地で大きさの違う複数のケーキを焼き、すべて同じ焼き上がりであること

第7シーズン[編集]

  • 第1週:ケーキ
    • ドリズルケーキ(drizzle cake、仕上げに様々な香味のシロップを染み込ませたケーキ) 全体を均一にしっとりさせること
    • ジャファケーキ(jaffa cake、スポンジ生地の上にオレンジのゼリーをのせ、チョコレートでコーティングしたもの) マフィン型を用い、仕上げのチョコレートに伝統的な格子模様を入れること 12個
    • ミラーケーキ(mirror glaze cake) ジェノワーズ生地のケーキの表面をチョコレートやアイシングでのように滑らかに仕上げること
  • 第2週:ビスケット
    • アイシング・ビスケット 同じ厚さ、同じ食感、同じ焼き色で、アイシングにより同一の装飾を施したもの 24個
    • ヴィエニーズワール(Vienna Whirls、渦巻き型に搾り出して焼いた円盤状のショートブレッド生地でバタークリームとラズベリージャムを挟んだもの) 12個
    • 3Dのジンジャーブレッドでつくる物語 ベイカーそれぞれの思い出に残る物語を表現する。但し、高さ30cm以上であること、また8体以上の人物や物体を登場させること
  • 第3週:パン
    • チョコパン チョコレートを使うのはフィリングでも生地でもデコレーションでも良い
    • ダンプフヌーデル(Dampfnudel、深底のフライパンや鍋に醗酵させた生地を丸めて並べ、牛乳とバターで蒸し焼きして作るドイツ蒸しパン) プラムソースとバニラカスタードソースを添えること  12個
    • 編込みパンのオブジェ 3種類の小麦粉を使用すること
  • 第4週:バッター(batter、小麦粉、卵などを水や牛乳で溶いた生地)
  • 第5週:ペイストリー
    • 朝食用ペイストリー(breakfast pastrie) デニッシュ生地を用いたもの 2種各12個 計24個
    • ベイクウェルタルト(feathered Bakewell tart) ラズベリージャムとフランジパーヌをフィリングにし、ピンクと白の矢羽模様のアイシングを施すこと
    • フィロ生地のアミューズ(filo amuse-bouche) 甘いものと甘くないもの 2種各24個 計48個
  • 第6週:植物(Botanical)
    • シトラスメレンゲパイ 種類は問わないがシトラスのフィリングを用いること
    • ハーブのフーガス(leaf-shaped herb fougasse、プロヴァンス地方の伝統的な木の葉型パン) 2個
    • 3段以上の花のケーキ
  • 第7週:デザート
    • ファミリーサイズのルーラード(roulade) 
    • マルジョレーヌ(Marjolaine、ダックワーズプラリネ入りバタークリームとガナッシュを挟み、ガナッシュとナッツで飾ったフランスのケーキ) 長辺が20cmの長方形の生地4枚を使って綺麗な3層をつくること、表面をガナッシュのパイピングと砕いたナッツで覆うこと
    • ミニムースケーキ 2種各12個 計24個
  • 第8週:チューダー朝(Tudor)
    • パイのディスプレイ(shaped pie with Tudor flavours) 複数の異なったパイをテーマに沿ってディスプレイすること。生地もフィリングも自由だが、中身が浸み出さず、切っても崩れないこと。
    • ジャンブル(jumble、キャラウェイアニスシードメース入りのクッキーの一種) ノットボール(knot ball)形とケルトノット(Celtic knot)形のものを各6個 計12個
    • マジパンのオブジェ(marchpane (marzipan) cake) 立体的ですべて食べられること。マジパンはすべて手作りすること
  • 第9週:パティスリー(準決勝)
    • パルミエ(palmier、両端から巻きこんだパイ生地を輪切りにして焼いたパイ(例:源氏パイ))甘くないもの2種各12個 計24個 
    • サバラン(Savarin)
    • フォンダン・ファンシー(fondant fancy、小さくカットしたスポンジにバタークリームなどをはさみ、フォンダンでコーティングしたケーキ) 2種各18個 計36個
  • 第10週:(決勝)
    • メレンゲの王冠(meringue crown、焼き上げたメレンゲを最低でも3層以上に積み上げてフィリングを挟み、王冠のように装飾したケーキ)
    • ヴィクトリアン・サンドイッチ ラズベリージャムとバタークリームを挟むこと
    • 女王陛下にふさわしいピクニック:チョコレートケーキ1台、甘くないスコーン12個、ミニキッシュ12個、フルーツとカスタードのタルト12個 計49個

第8シーズン[編集]

  • 第1週:ケーキ
    • フルーツケーキ
    • ミニロール 12個
    • そっくりケーキ
  • 第2週:ビスケット
  • 第3週:パン
    • ティーケーキ 12個
    • コテージローフ
    • パンアート
  • 第4週:キャラメル
  • 第5週:プディング
  • 第6週:ペイストリー
  • 第7週:イタリアン
  • 第8週:忘れられないベイキング
    • ベッドフォードシャー・クランダー
    • ラムニッキー
    • サヴォイケーキ
  • 第9週:パティスリー
  • 第10週:(決勝)
    • パン 3種12個
    • ジンジャービスケット 10枚
    • アントルメ

スピンオフ[編集]

ブリティッシュ ベイクオフ マスタークラス
番組の審査員を務めるメアリー・ベリーとポール・ハリウッドが、番組内で出題された課題のいくつかを実際に作り、そのコツを披露する料理番組。「ブリティッシュ ベイクオフ」各シーズンの終了後に放送される。
日本ではシーズン4のマスタークラス全4回を2018年6月より、シーズン5のマスタークラス全4回を2018年9月より、シーズン6のマスタークラス全4回を2019年3月よりDlifeで放送。
クリスマス ベイクオフ
2016年に撮影された特番。過去の出場者から選ばれた4名がクリスマスをテーマにした3つのチャレンジに挑み、優勝者1名が決定される。2回にわたって放送され、それぞれ異なるベイカーが出場した。
日本では2019年12月に全2回がDlifeで放送された。
ソーイング・ビー (The Great British Sewing Bee)
ブリティッシュ ベイクオフと同じフォーマットで構成されたソーイング(裁縫)コンテスト番組。

国内リメイク[編集]

ベイクオフ・ジャパン
当番組の日本版。2022年4月22日よりアマゾンプライムにて配信。司会は、女優の坂井真紀と俳優の工藤阿須加[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 坂井真紀&工藤阿須加『ベイクオフ・ジャパン』競い合いながらも助け合う参加者たちに感動”. ORICON NEWS (2022年4月12日). 2022年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]