ダックワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダックワーズにエッグノッグムースを重ねたケーキ

ダックワーズ(Dacquoise)とはアーモンド風味のメレンゲを使った焼き菓子。語源はフランス温泉保養地Daxfr)に由来する。

19世紀末に存在した「アンリ4世」というお菓子が祖形と言われ、このお菓子のスポンジ状の生地を改良したものが「ダコワーズ(ダックワーズ)」であるとされる[1]。もともと、アントルメ(ホールケーキ)の底生地として、クレーム・オ・ブール(バタークリーム)を塗って複数枚を積み重ねる形で使われており、生菓子としても使われていた。

小判型の物は日本生まれであり、外側がパリッと、中はしっとりしているのが特徴。福岡市浄水通の菓子店『16区』のオーナーシェフ・三嶋隆夫パリ16区の菓子店「ARTHUR」のシェフを務めていた1979年に考案した[2]。「これを和菓子最中に相当するものにできたら、新感覚の焼き菓子ができるのではないか」と考えた彼は試行錯誤を繰り返し、1981年、福岡に店をオープンする時、この菓子の名前を本来のフランス語の発音である「ダコワーズ」から響きがいいようにあえて「ダックワーズ」と変えて売り出した。

現在ではフランスでも小判型のダックワーズが売られている。

脚注[編集]

  1. ^ [お菓子の由来物語(猫井登 著、幻冬舎ルネッサンス、2008年出版)]
  2. ^ 16区のスペシャル ダックワーズ

関連項目[編集]

日本で初めてダックワーズを販売した「フランス菓子16区」

外部リンク[編集]