ファイアボール (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファイアボール
ディープ・パープルスタジオ・アルバム
リリース
録音 1970年9月~1971年6月
ジャンル ハード・ロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト(オリジナル盤)
EMI(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗日本の旗ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ディープ・パープル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]
  • 32位(アメリカ[2]
  • 66位(日本[3]
  • ディープ・パープル 年表
    イン・ロック
    (1970)
    ファイアボール
    (1971)
    マシン・ヘッド
    (1972)
    テンプレートを表示

    ファイアボール( Fireball )は、イギリスロックバンドディープ・パープル1971年に発表したアルバム

    解説[編集]

    1970年に発表された『ディープ・パープル・イン・ロック』が、ヨーロッパ市場において好調なセールスを記録している最中、彼らは新たなアルバムの製作に乗り出すこととなった。しかしながら、前作のヒットにより、慌しいツアー活動の合間を縫ってレコーディングを行わなければならず、メンバー達も集中してアルバムの製作を行うことが出来なかった。

    レコーディングは、1970年9月から1971年5月までを要し、ロンドンにあるデ・レイン・リー・スタジオ及びオリンピック・スタジオにて行われた。録音の過程でイアン・ペイスは、スタジオの音質が気に入らず、ドラム・セットを廊下に運び出し、ドラム・パートだけ録り直した。

    アルバムの選曲は、日本盤とアメリカ盤、イギリス盤では異なり、前者の3曲目は「ストレンジ・ウーマン」、後者には「デイモンズ・アイ」[4]が収められた。

    前作『ディープ・パープル・イン・ロック』のヒットの勢いもあり、本作の売れ行きも好調で本国イギリスでは初の1位に輝いた。アメリカでもビルボード・チャートで最高32位に食い込んだ。

    メンバーが、宇宙の彼方へ火の玉となって飛び出す様子を描いたユニークなジャケットは、ニュー・ミュージカル・エキスプレス紙の「ベスト・デザイン・ナンバー・ワン・アルバム賞」を獲得している。タイトル曲である1曲目の最初の部分の効果音は、エアコンコンプレッサーを作動させた時の音である。また同曲で、イアン・ペイスは珍しく2バスドラムのセットで演奏している。レコーディング当時、たまたまスタジオで隣り合わせになったザ・フーのドラマー、キース・ムーンから借用してレコーディングしたということを後に語っている[要出典]。当時のコンサート映像でも、この曲を演奏する際にローディーがバスドラムを追加する様子が捉えられているものも存在する。

    収録曲[編集]

    1. ファイアボール - Fireball 3分22秒
    2. ノー・ノー・ノー - No No No 6分52秒
    3. ストレンジ・ウーマン - Strange Kind of Woman 4分07秒
    4. 誰かの娘 - Anyone's Daughter 4分40秒
    5. らば - The Mule 5分19秒
    6. 愚か者たち - Fools 8分16秒
    7. 誰も来ない - No One Came 6分24秒

    メンバー[編集]

    評価[編集]

    メンバー達のこのアルバムに対する評価は良いとは言い難く、概して辛辣な意見が多い。リッチー・ブラックモアは「主張の無いアルバムだ」、「ツアーが忙しくゆっくりと構想を練る時間が取れなかった」。ロジャー・グローヴァーは「『イン・ロック』の成功のプレッシャーがかかり考え過ぎた」、「ファイアボール(火の玉)というより線香花火のようなものだった」。ジョン・ロードも「どの曲も実験的だった」と語っている。しかし例外的に、イアン・ギランはこのアルバムを気に入っており、ディープ・パープル再結成後も幾度となく本作からの曲をコンサートのセットリストにピックアップしている。

    脚注[編集]

    1. ^ ChartArchive - Deep Purple
    2. ^ Deep Purple - Awards : AllMusic
    3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.205
    4. ^ 同曲は後に、1980年リリースのベスト盤『ディーペスト・パープル』に収録されている。