ディキシー・ドレッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディキシー・ドレッグス
Dixie Dregs
Andy West.jpg
アンディ・ウエストとアレン・スローン(1999年)
基本情報
別名 ザ・ドレッグス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州 オーガスタ
ジャンル フュージョンハードロックカントリーロックプログレッシブ・ロックプログレッシブ・メタルサザン・ロック
活動期間 1970年 -
レーベル カプリコーン・レコード、アリスタ・レコード
公式サイト dixiedregs.com
メンバー スティーヴ・モーズ
アンディ・ウエスト
ロッド・モーゲンスタイン
アレン・スローン
スティーヴ・ダヴィドフスキー
旧メンバー フランク・ブリッティンガム
デイヴ・モーズ
ジョニー・カー
マーク・パリッシュ
バート・ヤーナル
ギルバート・フレイヤー
フランク・ジョセフ
T・ラヴィッツ
マーク・オコナー
デイヴ・ラルー
ジェリー・グッドマン

ディキシー・ドレッグス (Dixie Dregs)は、1970年代に結成された、アメリカプログレッシブ・ロックサザン・ロックブルーグラスジャズ・ロック・バンド。

サウンドはプログレッシブ・ロック、ジャズ・ロックを基調に、南部アメリカ特有のドライなカントリー要素をふんだんに盛り込んでいる。ほとんどの楽曲をスティーヴ・モーズが手掛けている。

略歴[編集]

フロリダ州のマイアミ音楽大学に在籍する同級生仲間でディキシー・ドレッグスを結成。1974年、メンバーを選考してギタリストのスティーヴ・モーズとベーシストのアンディ・ウエスト、ドラマーのロッド・モーゲンスタイン、ヴァイオリニストのアレン・スローン、キーボーディストのフランク・ジョセフの5人で活動を続ける。1975年に、アルバム『The Great Spectacular』を自主制作。1978年に、キーボーディストにT・ラヴィッツが入れ替わり、ジョージア州メコンのカプリコーン・レコードを通じてファースト・アルバム『フリー・フォール』を発表。1979年にリリースされた3作目のアルバム『ナイト・オブ・ザ・リヴィング・ドレッグス』は、1980年のグラミー賞Best Rock Instrumental Performanceにノミネートされた。所属先のカプリコーン・レコードの倒産に伴いアリスタ・レコードに移籍、グループ名をザ・ドレッグスと改名した。

同バンドは、1982年の『インダストリー・スタンダード』リリース後一時活動を休止。1980年代後半にディキシー・ドレッグスとして活動再開している。

最近のグループ・メンバー個々の活動は、スティーヴ・モーズはディープ・パープルに、ロッド・モーゲンスタインはウインガーに参加し、T・ラヴィッツはグレイトフル・デッドの曲を楽器のみで演奏するJazz is Deadを結成している。

過去に参加したヴァイオリニストにはマハヴィシュヌ・オーケストラのジェリー・グッドマン、またベーシストにスティーヴ・モーズ・バンドジョー・サトリアーニのバンド・メンバーとして知られるデイヴ・ラルーがいる。

2018年、オリジナル・メンバーが再集結し、ライブ・ツアーを開催した[1]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • The Great Spectacular (1976年)
  • 『フリー・フォール』 - Free Fall (1977年)
  • 『ホワット・イフ』 - What If (1978年)
  • 『ナイト・オブ・ザ・リヴィング・ドレッグス』 - Night of the Living Dregs (1979年)
  • 『ドレッグス・オブ・ジ・アース』 - Dregs of the Earth (1980年)
  • 『アンサング・ヒーローズ』 - Unsung Heroes (1981年) ※ザ・ドレッグス名義
  • 『インダストリー・スタンダード』 - Industry Standard (1982年) ※ザ・ドレッグス名義
  • Off the Record (1988年)
  • Full Circle (1994年)

シングル[編集]

  • "Cruise Control/Refried Funky Chicken/Cosmpolitan Traveler" (1976年)
  • "Take It Off The Top/Little Kids" (1978年)
  • "Punk Sandwich/Country House Shuffle" (1979年)
  • "Pride O' The Farm/The Great Spectacular" (1980年)
  • "Cruise Control/Go For Baroque" (1981年)
  • "Crank It Up/Bloodsucking Leeches" (1982年)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ブリング・エム・バック・アライヴ』 - Bring 'Em Back Alive (1992年)
  • 『キング・ビスケット・ライヴ』 - King Biscuit Flower Hour Presents (1997年)
  • California Screamin' (2000年)
  • From the Front Row... Live! (2003年) ※DVD-A

コンピレーション[編集]

  • Best of the Dixie Dregs (1987年)
  • The Best of the Dregs: Divided We Stand (1989年)
  • 20th Century Masters: The Best of the Dixie Dregs (2002年)

脚注[編集]

  1. ^ ディキシー・ドレッグスのオリジナル・ラインナップが再集結、40年ぶりのライヴ・ツアー開催へ”. amass. 2017年12月3日閲覧。