ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
ディープ・パープルライブ・アルバム
リリース
録音 1969年9月24日
ジャンル クラシック音楽ハードロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト(オリジナル盤)
EMI(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗テトラグラマトン(オリジナル盤)
ワーナー・ブラザース・レコード(リイシュー盤)
プロデュース ディープ・パープル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 26位(イギリス[1]
  • 149位(アメリカ[2]
ディープ・パープル 年表
III
(1969年)
ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
(1969年)
イン・ロック
(1970年)
テンプレートを表示

ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』(Concerto for Group and Orchestra)は、ジョン・ロード1969年に作曲した協奏曲、およびマルコム・アーノルド指揮によるディープ・パープルロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の初演を録音したライブ・アルバム

BBCとロードの共同企画により作曲、演奏された。イアン・ギランロジャー・グローヴァーが加入して初のアルバムであり、ディープ・パープルとしても初のライブ・アルバムにもなった。演奏は1969年9月24日ロイヤル・アルバート・ホールにて。同時にビデオ撮影も行われた。観客を前にしたオーケストラとバンドの合同演奏は歴史上初めてと言われている。1999年に30周年記念として同じロイヤル・アルバート・ホールにてロンドン交響楽団と共演した。

内容は合奏協奏曲協奏交響曲、そして管弦楽のための協奏曲と、各々の特徴を組み合わせたものになっている。

収録曲[編集]

  1. 第1楽章
    • モデラート
    • アレグロ
    • ヴィヴァーチェ
  2. 第2楽章
    • パート1 アンダンテ
    • パート2
  3. 第3楽章
    • ヴィヴァーチェ
    • プレスト

参加ミュージシャン[編集]

ビデオ[編集]

当該公演はテレビ収録され、アルバムと同名でビデオソフト化されている。2003年にリリースされたDVDは2001年6月にJonathan Allenによってミックスされ、2002年3月にPeter Mewによってデジタル・リマスタリングされた(どちらもロンドンのアビーロード・スタジオ)事がクレジット表記されている。

脚注[編集]