線香花火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
線香花火

線香花火(せんこうはなび)は、日本の伝統的な花火の種類。免許の不要なおもちゃ花火に分類される手持ち花火である。線香花火の名の由来は、江戸時代で練った黒色火薬の先に塗って火をつけ、香炉線香のように立てて遊んだことからとされる。

すぼ手と長手[編集]

基本構造には「すぼ手(スボ手)」と「長手」とがある。「すぼ手」は西日本に、「長手」は東日本に多い。

すぼ手は、竹ひごでできた柄の先に、黒色火薬がむき出しに付着している。使うときは先を上げる。長手は和紙こうぞ紙)のこよりの先に、黒色火薬が包み込まれている。使うときは先を下げる。元々、最初に稲作の盛んだった上方ですぼ手が作られ、公家の遊びとして用いられた。公家の間では現代のように手に持つ物ではなく香炉に立てて鑑賞していた。やがて江戸にも広まったが、江戸では藁が手に入りにくかった。すぼ手が販売されてから数年後、藁の代わりに和紙を使った長手が作られ、今に至る。

火薬[編集]

黒色火薬は硝石硫黄から作るが、線香花火の火薬には、本来は、炭として松煙麻炭を使う。松煙は、切り株から作られる油煙である。近年は入手が困難で、代用品を使うものが多い。火薬の使用量は0.06 - 0.08グラムである。火花を生むための特別な薬品は添加されていない。

生産[編集]

ほとんどは中国製である。

(の空き)をヤスリで削り、鉄粉をオブラートに並べて捩じって棒状に包むことで、簡易的なものを作ることができる。(手で持たずピンセットで挟んで着火すること。)

燃え方[編集]

線香花火の燃え方は、段階に分けられ名前がついている[1]

  1. :着火すると直径5mm程度の火球(玉)ができる。炭素燃焼により気泡ができては破裂し、再び火球の形に戻るを繰り返すため、火球が震えて見える。
  2. 牡丹:火球内の燃える火薬が、温度上昇により液体状に。火球が破裂した時の表面張力で生じた流れに沿って、火花が飛び出す。
  3. 松葉:火花がより多く、激しく散って、松葉のように見える。
  4. :火花が低調になる。
  5. 散り:消える直前。火花が分裂しなくなり、火球は落ちたり、燃え尽きたりする。

玉は、溶融した硫黄や各種不純物が表面張力で球状になったものである。玉は落ちやすく、落ちてしまったら終わりなので、なるべく動かさないことがコツである。純粋に火花を眺める楽しみ方の他に、誰が一番長く消さずにいられるかを競ったり、消えるまで玉を落とさずにいられるか挑戦したりする遊び方などがある。

季語[編集]

花火に関する多くの言葉同様、季語である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]