イアン・ギラン・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イアン・ギラン・バンドIan Gillan Band)はイアン・ギランディープ・パープル脱退、復帰に際して結成したジャズ・ロック・バンド。

略歴[編集]

1975年秋、ジャズ・ロックを基盤とした個人名義のバンドを編成し、1976年のアルバム「Child in Time」がグループのデビュー作となる。結成メンバーはギタリストのレイ・フェンウィック、ベーシストのジョン・ガスタフソン、キーボーディストのマイク・モラン、ドラマーのマーク・ノーシーフ。即興演奏へのアプローチやパーカッシヴなリズムの組み立て、キーボーディスト/フルート奏者のコリン・タウンズが参加しての2作目「Clear Air Turbulence」からはホーン・セクションを導入してのプログレッシヴなR&Bスタイルが中心となる。

日本には1977年9月に来日公演を行い、その記録を同年「Live At The Budokan」としてリリースしている。また同アルバムは1983年には当時の契約先のヴァージン・レコードから新たに2枚組のLPアルバムとして再リリース、2001年には広島公演を収録した「Yubin Chokin Hall, Hiroshima 1977」も制作している。ライブ・パフォーマンスの評価は高かったもののパンク全盛の時代ではセールは及ばず1978年にバンド再編の為に解散に至る。

来歴[編集]

  • 1975年:イアン・ギランがレコーディングの為にロジャー・グローヴァーの"Wizards Convention"に参加していたレイ・フェンウィック、ジョン・ガスタフソン(元クォーターマスロキシー・ミュージック)、スタジオ・ミュージシャンのマイク・モラン、マーク・ノーシーフ(元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドエルフ)を選出しファースト・アルバム「Child In Time 」を録音。元々クォーターマスのメンバーでありギランの気にいっていた曲"Black Sheep Of The Family"の作曲にも関与していたガスタフソンの参加はギランの要望であり、彼の参加を待ってレコーディングを終えている。
  • 1976年:ライブ活動の為にキーボーディストが元エルフのミッキー・リー・ソウルに決定し、ファースト・ギグを行う。その後、新たにマルチ・プレイヤーのコリン・タウンズが曲作りの面でイアン・ギランのパートナーになり、ソウルを除いたメンバーとホーン・セクションを用いたセカンド・アルバム「Clear Air Turbulence」録音。
  • 1977年:同メンバーで「Scarabus」録音。その後日本武道館でライヴを行う。(この時の音源が「Live At The Budokan」となる)
  • 1978年:バンドの運営方針を変更する為にタウンズ以外のメンバーと契約は行わず解散、ヘヴィメタル指向を強めたサウンドとバンド名をギランに改名する。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1975年~1976年[編集]

  • イアン・ギラン(Ian Gillan) - vocals
  • レイ・フェンウィック(Ray Fenwick) - guitar/vocals
  • ジョン・ガスタフソン(John Gustafson) - bass guitar/vocals
  • マイク・モラン( Mike Moran) - keyboard
  • マーク・ノーシーフ(Mark Nauseef) - drums/percussions

+


1st「Child In Time 」録音。ガスタフソンがロキシー・ミュージックのツアーのため、レコーディング・セッション時に数曲プロデューサーのロジャー・グローヴァーがベースを弾いているが、後にガスタフソンがベース・パートを新たにオーバー・ダブしている。

第2期 1976年[編集]

  • イアン・ギラン(Ian Gillan) - vocals
  • レイ・フェンウィック(Ray Fenwick) - guitar/vocals
  • ジョン・ガスタフソン(John Gustafson) - bass guitar/vocals
  • ミッキー・リー・ソウル(Micky Lee Soule) - keyboard
  • マーク・ナウシーフ(Mark Nauseef) - drums/percussions

このメンバーでファースト・ギグを行う。

第3期 1976年~1978年[編集]

  • イアン・ギラン(Ian Gillan) - vocals
  • レイ・フェンウィック(Ray Fenwick) - guitar/vocals
  • ジョン・ガスタフソン(John Gustafson) - bass guitar/vocals
  • コリン・タウンズ(Colin Towns) - keyboard/flute
  • マーク・ノーシーフ(Mark Nauseef) - drums/percussions

+

  • フィル・カーシー(Phil Kersie) - sax(ゲスト/2nd)
  • ジョン・ハックリッジ(John Huckridge) - trumpet(ゲスト/2nd)
  • デレク・ヒーレー(Derek Healey) - trumpet(ゲスト/2nd)
  • マルコム・グリフィス(Malcolm Griffiths) - trombone(ゲスト/2nd)
  • マーティン・フリス(Martin Frith) - sax(ゲスト/2nd)


2nd「Clear Air Turbulence」、3rd「Scarabus」、ライブ「Live At The Budokan」録音。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Child In Time (1976年 第1期)
  • Clear Air Turbulence (1977年 第3期)
  • Scarabus (1977年 第3期)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live At The Budokan (1978年 第3期)
  • Live At The Budokan Vol.2(1978年 第3期)
上記2枚は日本のみの発売だったが、1982年にイギリスでは2LPsで発売された。
  • Live At The Rainbow (1998年 第3期)
  • Live Yubin Chokin Hall,Hiroshima 1977 (2001年 第3期)

コンピレーション[編集]

  • Rarities 1975-1977 (2003年 第1期~第3期)
ロジャー・グローヴァーがベースを弾いている1stレコーディング・セッション時の未発表曲や未発表テイク、ガスタフソンがリード・ヴォーカルをとった未発表曲等も収録している。

その他[編集]

  • Ian Gillan Band / Clear Air Turbulence/The Rockfield Mixes Plus(1997年)
発売が決定されたアルバムとは違うオリジナル・ミックス・ヴァージョン、ボーナス曲追加

映像作品[編集]

  • Ian Gillan Band / Live At The Rainbow 1977 (2006年:DVD)

関連項目[編集]