ギラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギラン(Gillan)は、イギリスのハードロック・バンド。1978年イアン・ギラン・バンドを解体して再結成、NWOBHM・シーンの中で頭角を現す。1982年解散。

略歴[編集]

1978年イアン・ギランとコリン・タウンズを中心にグループ名をシンプルにギランとして再始動。ギタリストにはスティーブ・バード、ドラムにはリアム・ジェノッキー/ピート・バーナクルを迎え、ギラン名義のファースト・アルバム『Gillan』は本国ではリリースされずにオーストラリア、ニュージーランドそして日本でのみの発売となった。日本でのディストリビュート作は東芝傘下のイーストワールド。グループはマーキーなどクラブを中心に活動を再開し、よりシーンを見据えた人選をはかりタウンズとギランにギタリストのバーニー・トーメ、ドラマーのミック・アンダーウッド、ベーシストのジョン・マッコイの5人がリフレッシュされた布陣となる(尚イアン・ペイスはオーディションで落選している)。本国での最初のアルバムにあたる『Mr.Universe』を1979年にリリース、翌1980年にはヴァージン・レコードと契約してアルバム『Glory Road』を制作発表するとNWOBHMの流れに乗って英国のレディング・フェスティヴァルや欧州各地のフェスティヴァルのヘッドライナー・クラスに出演する。1981年にはアルバム『Future Shock』が全英2位のヒットとなるが、ギランのサウンドの要だったバーニー・トーメが金銭問題でバンドを離れることになり、トーメに変わりギタリストのヤニック・ガーズがグループに加わる。グループは1982年までにアルバム『Double Trouble』、『Magic』を制作、好調な活動を続けたがイアン・ギランの声帯の治癒の為にグループの活動を停止すると声明を発表した。

現在までにタウンズは映画音楽の仕事でキャリアを積み、マッコイはインディーレーベルの制作者、トーメはソロギタリストとしての地位を築き上げ、アンダーウッドはセッション・ドラマーとして活動する他、ヤニック・ガーズは1990年よりアイアン・メイデンのギタリストとして活動している。

ディスコグラフィー[編集]