ギラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギラン
Gillan
Ian Gillan in Barcelona.jpg
フロントマンでリーダーのイアン・ギラン(1983年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
活動期間 1978年 - 1982年
レーベル ヴァージン・レコード
RSOレコード
Acrobat
Edsel
エンジェル・エアー・レコード
共同作業者 ディープ・パープル
イアン・ギラン・バンド
GMT
マッコイ
アイアン・メイデン
ブラック・サバス
ホワイト・スピリット
旧メンバー イアン・ギラン
コリン・タウンズ
ジョン・マッコイ
スティーヴ・バード
リアム・ゲノッキー
ピート・バーナクル
ミック・アンダーウッド
バーニー・トーメ
ヤニック・ガーズ

ギランGillan)は、イギリスのハードロック・バンド。1978年イアン・ギラン・バンドを解体して再結成、NWOBHM・シーンの中で頭角を現す。1982年解散。

略歴[編集]

1978年イアン・ギランとコリン・タウンズを中心にグループ名をシンプルにギランとして再始動。ギタリストにはスティーヴ・バード、ドラムにはリアム・ゲノッキー/ピート・バーナクルを迎え、ギラン名義のファースト・アルバム『ギラン』は本国ではリリースされずにオーストラリア、ニュージーランドそして日本でのみの発売となった。日本でのディストリビュートは東芝傘下のイーストワールド。

グループはマーキーなどクラブを中心に活動を再開し、よりシーンを見据えた人選をはかりタウンズとギランに、ギタリストのバーニー・トーメ、ドラマーのミック・アンダーウッド、ベーシストのジョン・マッコイの5人がリフレッシュされた布陣となる(なおイアン・ペイスはオーディションで落選している)。本国での最初のアルバムにあたる『ミスター・ユニバース』を1979年にリリース、翌1980年にはヴァージン・レコードと契約してアルバム『グローリー・ロード』を制作発表するとNWOBHMの流れに乗って英国のレディング・フェスティヴァルや欧州各地のフェスティヴァルのヘッドライナー・クラスとして出演する。1981年にはアルバム『フューチャー・ショック』が全英2位のヒットとなるが、ギランのサウンドの要だったバーニー・トーメが金銭問題でバンドを離れることになり、トーメに変わりギタリストのヤニック・ガーズがグループに加わる。グループは1982年までにアルバム『ダブル・トラブル』、『マジック』を制作。好調な活動を続けたがイアン・ギランが声帯を治癒するためにグループの活動を停止すると声明を発表した[1]

現在までにタウンズは映画音楽の仕事でキャリアを積み、マッコイはインディーレーベルの制作者、トーメはソロ・ギタリストとしての地位を築き上げ、アンダーウッドはセッション・ドラマーとして活動する他、ヤニック・ガーズは1990年よりアイアン・メイデンのギタリストとして活動している。

メンバー[編集]

  • イアン・ギラン (Ian Gillan) - ボーカル (1978年-1982年)
  • ジョン・マッコイ (John McCoy) - ベース (1978年-1982年)
  • コリン・タウンズ (Colin Towns) - キーボード (1978年-1982年)
  • スティーヴ・バード (Steve Byrd) - ドラム (1978年-1979年)
  • リアム・ゲノッキー (Liam Genockey) - ドラム (1978年)
  • ピート・バーナクル (Pete Barnacle) - ドラム (1978年-1979年)
  • ミック・アンダーウッド (Mick Underwood) - ドラム (1979年-1982年)
  • バーニー・トーメ (Bernie Tormé) - ギター (1979年-1981年)
  • ヤニック・ガーズ (Janick Gers) - ギター (1981年-1982年)

イアン・ギラン・バンド - ギラン・タイムライン[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ギラン』 - Gillan (1978年、East World)
  • 『ミスター・ユニバース』 - Mr. Universe (1979年、Acrobat)
  • グローリー・ロード』 - Glory Road (1980年、Virgin)
  • フューチャー・ショック』 - Future Shock (1981年、Virgin)
  • 『ダブル・トラブル』 - Double Trouble (1981年、Virgin)
  • マジック』 - Magic (1982年、Virgin)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live at Reading '80 (1990年、Raw Fruit)
  • The BBC Tapes Vol 1: Dead of Night 1979 (1998年、RPM)
  • The BBC Tapes Vol 2: Unchain Your Brain 1980 (1998年、RPM)
  • 『ギラン・アット・ザ・BBC』 - Live At The BBC - 79/80 (1999年、Angel Air)
  • Live Tokyo Shinjuku Koseinenkin Hall (2001年、Angel Air)
  • On The Rocks Live in Germany, June 1981 (2002年、Angel Air)
  • Live Wembley 17 December 1982 (2002年、Angel Air)
  • Mutually Assured Destruction Glasgow 1982 (2006年、Angel Air)
  • Live At The Marquee 1978 (2008年、Angel Air)
  • No Easy Way CD:Live Hammersmith 1980, DVD:Live Edinburgh 1980 (2008年、Angel Air)
  • Triple Trouble (2009年、Edsel) ※1981年/1982年録音

コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Gillan Tapes Vol. 1 (1997年、Angel Air)
  • The Gillan Tapes Vol. 2 (1999年、Angel Air)
  • 『ザ・テイプス・ヴォリューム3』 - The Gillan Tapes Vol. 3 (2000年、Angel Air)
  • Unchain Your Brain: The Best Of Gillan (2007年、Music Club)
  • The Gillan Singles Box Set (2007年、Edsel)
  • The Vinyl Collection 1979-1982 (2016年)

DVD[編集]

  • Live Edinburgh 1980 (2006年、Angel Air)
  • The Glory Years (2008年、Eagle Rock) ※1981年ライブ録音

脚注[編集]

  1. ^ Mayo, Bob (2019年5月2日). “Was Gillan's Magic a hidden concept album about the end of the band?”. Classic Rock. 2019年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]