ハウス・オブ・ブルー・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハウス・オブ・ブルー・ライト
ディープ・パープルスタジオ・アルバム
リリース
録音 バーモント州ストウ The Playhouse
ジャンル ハードロック
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース ロジャー・グローヴァー&ディープ・パープル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(スウェーデン[1]、ドイツ[2]
  • 2位(ノルウェー[3]
  • 3位(スイス[4]
  • 9位(日本[5]
  • 10位(イギリス[6]
  • 11位(オーストリア[7]、オランダ[8]
  • 25位(ニュージーランド[9]
  • 34位(アメリカ[10]
  • ディープ・パープル 年表
    The Anthology
    (1985年)
    ハウス・オブ・ブルー・ライト
    (1987年)
    ノーバディーズ・パーフェクト
    (1988年)
    テンプレートを表示

    ハウス・オブ・ブルー・ライト』(原題:The House of Blue Light)は、ディープ・パープル1987年に発表した通算12作目、再結成後としては2作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    前スタジオ・アルバム『パーフェクト・ストレンジャーズ』(1984年)と同じラインナップで制作された。アメリカでは1986年10月の末にリリースされるという噂も流れたが、リッチー・ブラックモアによれば、かなりの部分が再録音されたため遅れが生じたとのことで、ポリドール・レコードにテスト盤が届いたのは12月18日であった[11]

    本作に伴うツアーの終了後、1989年にイアン・ギランが解雇される。

    反響[編集]

    全英アルバムチャートでは9週チャート・インして、最高10位に達した[6]。スウェーデンのアルバム・チャートでは2週連続で1位を獲得し[1]、ドイツのアルバム・チャートでは3週にわたって1位を獲得している[2]

    アメリカでは前作『パーフェクト・ストレンジャーズ』ほどの成功は収められず、Billboard 200では34位に終わり[10]、ゴールド・ディスクの認定も受けられなかった[12]。本作からのシングル「コール・オブ・ワイルド」と「バッド・アティテュード」は、いずれも『ビルボード』のメインストリーム・ロック・チャートで14位に達した[10]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はリッチー・ブラックモアイアン・ギランロジャー・グローヴァーの共作。

    1. バッド・アティテュード - Bad Attitude (Ritchie Blackmore, Ian Gillan, Roger Glover, Jon Lord) - 4:43
    2. アンリトゥン・ロウ - The Unwritten Law (R. Blackmore, I. Gillan, R. Glover, Ian Paice) - 4:34
    3. コール・オブ・ワイルド - Call of the Wild (R. Blackmore, I. Gillan, R. Glover, J. Lord) - 4:50
    4. マッド・ドッグ - Mad Dog - 4:29
    5. ブラック・アンド・ホワイト - Black & White (R. Blackmore, I. Gillan, R. Glover, J. Lord) - 3:39
    6. ハード・ラヴィン・ウーマン - Hard Lovin' Woman - 3:24
    7. スパニッシュ・アーチャー - The Spanish Archer - 4:56
    8. ストレンジウェイズ - Strangeways - 5:56
    9. ミッティー・デュプレー - Mitzi Dupree - 5:03
    10. デッド・オア・アライヴ - Dead or Alive - 4:42

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]