エピソード・シックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エピソード・シックス (Episode Six)は、1960年代に活動したイギリスフォークロック、ポップロックバンド。イアン・ギランが在籍したことで知られる。

来歴[編集]

1964年イギリスのミドルセックス、ハッチエンド(en)地区でハーロウ・グラマー・スクールに通っていたグレアムとシーラのカーター=ディモック兄妹にアンディ・ロスらによって結成された。ボーカルとドラムス担当ハーヴェイ・シールドが加わり、その友人でクラスメイトのロジャー・グローヴァーが誘われ参加した。1965年パイ・レコードとの契約が結ばれる前後の時期にボーカルのロスが脱退、バンドはボーカル、コーラス、ハーモニーを中心に据えた音楽活動を進めていたことから後任を探すことになった。そこでグローヴァーは、ジャヴェリンズと云うセミ・プロのバンドに参加し、私生活では婚約が決まってキャリア・アップを希望している人物、友人のイアン・ギランを紹介した。ギランの実力は申し分なく、加入後の1966年1月、ホリーズのカバー曲「Put Youself In My Place」でデビュー。TV音楽番組「レディ・ステディ・ゴー」などに出演し、以後MGM、チャプター・ワンに移籍してシングルをリリースするが、チャートインすることはなく、大きな成功は収められなかった。1969年にギランとグローヴァーがディープ・パープルに参加。残ったメンバーはメンバー・チェンジをしながら1974年頃まで活動した。

2015年12月6日、ロンドンで結成50周年を記念してシーラ・カーター=ディモック、ランダー、グローヴァー、シールド、ギラン、ケリソンが参加した一夜限りの再結成と公演が行われた。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • "Put Yourself In My Place / That's All I Want" (1966年1月)
  • "I Hear Trumpet's Blow / True Love Is Funny That Way" (1966年4月)
  • "Here, There & Everywhere / Mighty Morris Ten" (1966年8月) ※ビートルズのカバー。日本でも「いつでもどこでも」の邦題で1966年に日本コロムビアから発売された。型番:LL-997-Y
  • "I Will Warm Your Heart/ Incense" (1966年10月) ※シーラ・カーター&エピソード・シックス名義
  • "Love, Hate, Revenge / Baby Baby Baby" (1967年1月)
  • "Morning Dew / Sunshine Girl" (1967年6月)
  • "I Won’t Hurt You / U.F.O." (1967年9月) ※ネオ・マヤ名義
  • "I Can See Through You / When I Fall In Love" (1967年10月)
  • "Little One / Wide Smiles" (1968年2月) ※ジ・エピソード名義
  • "Lucky Sunday / Mr. Universe" (1968年10月)
  • "Mozart Vs The Rest / Jak D'Or" (1969年2月)

アルバム[編集]

  • Put Yourself in My Place (1987年)
  • The Complete Episode Six: The Roots of Deep Purple (1991年)
  • 『エピソード・シックス登場!!』 - Episode Six (1991年)
  • The Radio 1 Club Sessions, Live 68/69 (1997年)
  • Cornflakes and Crazyfoam (2002年)
  • Love, Hate, Revenge (2005年)
    • すべて後年のコンピレーション・アルバム。現役時代は未発売。

参考文献[編集]

  • 『The Complete Episode Six』Sequel (CD)、1991年
  • 『Love, Hate, Revenge』Castle Music (CD)、2005年

外部リンク[編集]