紫の肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
紫の肖像
ディープ・パープルスタジオ・アルバム
リリース
録音 1972年7月10月
ジャンル ハードロック
時間
レーベル イギリスの旗パープル・レコード(オリジナル盤)
EMI(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗日本の旗ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ディープ・パープル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス[1]
  • 15位(アメリカ[2]、日本[3]
ディープ・パープル 年表
ライヴ・イン・ジャパン
(1972年)
紫の肖像
(1973年)
紫の炎
(1974年)
テンプレートを表示

紫の肖像(むらさきのしょうぞう、原題: Who do We think We are)はイギリスロックバンドディープ・パープル1973年に発表したアルバム

収録曲[編集]

  1. ウーマン・フロム・トーキョー - Woman From Tokyo 5分50秒
  2. マリー・ロング - Mary Long 4分25秒
  3. スーパー・トゥルーパー - Super Trouper 2分56秒
  4. スムース・ダンサー - Smooth Dancer 4分10秒
  5. ラット・バット・ブルー - Rat Bat Blue 5分23秒
  6. プレイス・イン・ライン - Place In Line 6分31秒
  7. アワ・レディ - Our Lady 5分12秒

メンバー[編集]

解説[編集]

いわゆる第2期最後のスタジオ・アルバムでメンバー間の人間関係の悪化、特にリッチー・ブラックモアとイアン・ギランの関係が険悪になっており綿密な打ち合わせをせずに製作されたアルバムと一般的に評価されている。しかしながら皮肉にもこの頃の彼らはまさに商業的な成功と名声を得ようとしていた時期でもあった。同じくして1972年5月に予定されていた初来日公演がリッチー・ブラックモアとイアン・ギランが病気で倒れたため延期になっていた。この後、伝説的なコンサートと評される日本公演を目前に控えた時期、メンバー間の意見調整が十分に行われぬまま前作のアルバム『マシン・ヘッド』と同様にローリング・ストーンズモービル・ユニットを使用しレコーディングが開始された。

レコーディングは1972年7月にイタリアローマ、同年の10月にドイツフランクフルトで行われた。イタリアでは録音場所であるにモービル・ユニットを通すことが出来ず、リッチー・ブラックモアのギター・パートはモービル・ユニットの車内で演奏し録音された。ミックスダウンにはロジャー・グローヴァーとイアン・ペイスが担当した。

様々な問題を抱えながら完成した本作はほぼ同時期に発表されたライブ・アルバムライヴ・イン・ジャパン』の好調さにも引っ張られ本国イギリスで最高4位、アメリカで15位まで上昇しゴールド・ディスクを獲得した。

作品の特徴[編集]

人間関係の悪化からかリッチー・ブラックモアの積極的なプレイはこのアルバムではほとんど聴くことが出来ない。代わりにこの頃からシンセサイザーを使い始めたジョン・ロードの前衛的なキーボード・ソロを随所で聴くことが出来る。アルバム全体の雰囲気は『ディープ・パープル・イン・ロック』ほどのハードさは無いが『マシン・ヘッド』よりもさらに音楽性の幅を広げた作品に仕上がっている。

脚注[編集]

  1. ^ ChartArchive - Deep Purple
  2. ^ Deep Purple - Awards : AllMusic
  3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.205