ハスカップ

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
ハスカップ
Lonicera caerulea L2.jpg
ハスカップ(北海道苫小牧市・2006年7月)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: スイカズラ属 Lonicera
: ケヨノミ L. caerulea
変種 : ハスカップ var. emphyllocalyx
学名
Lonicera caerulea L.
var. emphyllocalyx Nakai
和名
クロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)

ハスカップ(学名:Lonicera caerulea var. emphyllocalyx)はスイカズラ科スイカズラ属の落葉低木。実は食用となる。和名はクロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)。なお、クロミノウグイスカズラという転訛もあるが、ツル性の植物ではないため適切な名称ではない。苫小牧市ではゆのみと言う愛称で親しまれている[1]

解説[edit]

名称は、ハスカップの実をさすアイヌ語のハㇲカㇷ゚(ラテン文字表記:haskap)に由来する。

その語源はハㇲ・カ・オ・ㇷ゚(has-ka-o-p)であり、ハㇲ[2](has)は「枝」、カ(ka)は「上」、オ(o)は「なる」、ㇷ゚(p)は「もの」の意であるから、合わせて「枝の上になるもの」という意味になる。このうち連続する母音の後者(o)が消えて、ハㇲカㇷ゚(haskap)という発音になったと考えられる。

ハスカップの果実は「アイヌの不老長寿の果実」といわれて宣伝されてきたが、これは商品を販売するための創作であり[3]、アイヌにとっては身近な植物であり、特別なものではなかった。

分布[edit]

北海道内では主に勇払原野に自生する。本州以南では高山植物として知られている。

特徴[edit]

ハスカップの実

薄く折り重なるような特徴のある樹皮を持ち、初夏に白い花をつける。果実ははじめは黄緑色だが熟すと青紫色になる。野生のものは酸味が強く甘みはほとんどなく、やせた土壌ではより酸味が強くなる。この実にはビタミンCアントシアニンカルシウムなどが豊富に含まれている。

ジャム果実酒菓子などの加工用[4]として北海道内では広く栽培される。品種改良により、甘みを増したものや多く実のなるものも広まっている。味はブルーベリーに似ている。

ほとんどの場合、食品として加工された状態のものが流通している。これは生のままの保存が極めて難しい(生のままだと、徐々に果肉や皮が柔らかくなり、溶け出して液状化してしまう)ためである。近年では冷凍技術の発達により、実を冷凍した状態で流通している場合もあるが、流通量は極少である。

市町村の花に指定している自治体[edit]

脚注[edit]

  1. ^ ハスカップについて。(三星公式ホームページより)
  2. ^ 標準的なカナ表記では「ハㇱ」となる。
  3. ^ 月刊シロロ4月号”. www.ainu-museum.or.jp. 2020年1月22日閲覧。
  4. ^ 北海道新聞 記事「ハスカップ活用の歴史は 苫小牧で企画展」 2016.2.28 1933年(昭和8年)、旧国鉄沼ノ端駅にあった商店「近藤待合(まちあい)」が苫小牧市内で初めてのハスカップ加工品「ハスカップ羊羹」を発売。地域振興のために製造。その後もハスカップの最中やあめなどを販売。1953年三星が、ジャムを巻いたロールケーキ「よいとまけ」を発売し、ハスカップの知名度を高めるきっかけとなる。