ハスカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハスカップ
Lonicera caerulea L2.jpg
ハスカップ(北海道苫小牧市・2006年7月)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: スイカズラ属 Lonicera
: ケヨノミ L. caerulea
変種 : ハスカップ var. emphyllocalyx
学名
Lonicera caerulea L.
var. emphyllocalyx Nakai
和名
クロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)
英名
ハニーベリー(Honeyberry)

ハスカップ(学名:Lonicera caerulea var. emphyllocalyx)はスイカズラ科スイカズラ属の漿果樹で、樹高1m - 2mの落葉低木。果実は、青みがかった黒色の液果で、食用になる。和名はクロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)。なお、クロミノウグイスカズラという転訛もあるが、ツル性の植物ではないため適切な名称ではない。

名称[編集]

苫小牧市ではゆのみと言う愛称で親しまれている[1]。他にやちぐみやちのみフレップネズミフレップ[2]など。

日本国外でも、ハスカップ、又はハスカップベリー(Haskap Berry)、ハニーベリー(Honeyberry)[3]ブルーハニーサックル(Blue Honeysuckle)[4]などと呼んでいる。ハニーサックルとはスイカズラ属のことであり、ブルーハニーサックルとは「青いスイカズラ」といった意味になる。また「スイカズラ」(吸い葛)の名は、花の基部に甘い蜜があり、昔、子供たちが花をちぎって、蜜を吸ったことに由来する。「Honeysuckle」も「honey(蜜)」を「suck(吸う)」という意味である。属 (分類学)名の「Lonicera」(ロニセラ)は、ドイツ本草学者、アダム・ロニチェル(1528~1586)の名に因んでいる。

解説[編集]

名称は、ハスカップの実をさすアイヌ語のハスカプ(ラテン文字表記:haskap)に由来する。[5]

ハスカップの果実は「アイヌの不老長寿の果実」といわれて宣伝されてきたが、これは商品を販売するための創作であり[6]、アイヌにとっては身近な植物であり、特別なものではなかった。

分布[編集]

北方系の植物で、シベリア中国東北部朝鮮半島サハリン樺太)、千島列島カムチャツカ半島などの寒冷地に分布する。

北海道では、勇払原野が、最大の群生地であるが、1960年代の苫小牧港や、臨海工業地帯の建設により、勇払原野のハスカップは壊滅的な打撃を受け、群生地は急速に縮小した。現在では、弁天沼 (北海道)周辺と、ウトナイ湖周辺などに僅かに残る程度である[7]

その他、檜山振興局留萌振興局を除いた12の振興局で自生が確認されていて、ほぼ全道的に自生しているが、分布が連続的ではなく、散在している。釧路湿原別寒辺牛湿原霧多布湿原大樹町周辺、別海町周辺、標津湿原など、北海道東南部の海岸沿いの低湿地や、大雪山美幌峠、道北のピヤシリ山知床、道南の横津岳など、高山から亜高山にかけて分布する[8][9]

本州以南では高山植物として知られ、栃木県の日光戦場ヶ原[10]、静岡県の荒川岳などに、僅かに自生している。

原産地はロシアのバイカル湖周辺で、渡り鳥によって運ばれ、渡り鳥が排せつした糞の中にあった種子が発芽し、根付いたものと考えられている。

特徴[編集]

ハスカップの実

枝は褐色で、薄く折り重なるような特徴のある樹皮を持つ。葉は、長さ3-8cm、幅1.5-3.0cmの楕円形で、対生する。葉縁に鋸歯はなく全縁である。5月中頃、クリーム色でラッパ状の花を2個ずつ下向きにつける[11]。果実ははじめは黄緑色だが、熟すとブルーム (果実)により粉白色を帯び、青みがかった黒色になる。果実の大きさは、1-1.5cm位で、形は長円、卵形、銚子形、円筒形など変異がある。野生のものは酸味が強く甘みはほとんどなく、やせた土壌ではより酸味が強くなる。この実にはビタミンCビタミンEカルシウムポリフェノールの一種で、眼精疲労や視力低下に効果があるといわれるアントシアニン[12]などが豊富に含まれている。味や、使い方はブルーベリーに似ているが、ブルーベリーはツツジ科であってスイカズラ科のハスカップとは科 (分類学)が異なっている。

利用[編集]

ハスカップはかつて、勇払原野、及び白老町から苫小牧市厚真町早来町千歳市の一帯周辺に沢山自生していて、古くからこの地域の人々には大変なじみの深い果実であった。小学生が学校帰りにハスカップを摘みながら帰ったり、放課後にハスカップを摘みに行ったりなど、初夏になるとハスカップ採りの風景が見られた。採ったハスカップの実は、塩漬け砂糖漬け焼酎漬けなどの保存食にしていた。また、この地域では、おにぎりの具に梅干しの代わりとして、ハスカップの塩漬けを使う文化がある[13][14]

昭和22~23年頃の沼ノ端小学校では、「ハスカップ休暇」というものがあって、ハスカップの最盛期の7月に3日間休校し、その間、児童たちは、ハスカップ群生地で摘み取りを行った。

栽培[編集]

新千歳空港の工事によってハスカップの群生地が壊されることとなった千歳市では、1978年(昭和53年)頃から、千歳市農協と農家が千歳空港周辺や、自衛隊演習地に自生するハスカップ株を採集し、農家の畑に移植して、栽培が始まった。

美唄市では、菓子メーカーの三星 (菓子製造)から委託され、1977年(昭和52年)からハスカップ栽培が行われている。

苫小牧市厚真町では、1980年(昭和55年)から1982年(昭和57年)の3ヶ年で、苫小牧西港の臨海工業基地や苫小牧東部工業基地の企業立地予定地から約23,000株のハスカップが農家の畑に移植され、栽培がスタートした。

ジャム果実酒菓子などの加工用[15]として北海道内では広く栽培されており、苫小牧市厚真町安平町千歳市美唄市富良野市美瑛町名寄市などが主要なハスカップの産地であるが、中でも厚真町[16][17]は、ハスカップの作付面積が28haあり、日本一である[18]。これらの農園の中には、「ハスカップ狩り」を楽しめるような所もある[19][20]

品種[編集]

野生のハスカップは酸味が強かったり、果実が小さかったり、苦みがあったり、木によって味にばらつきがある。品種改良により、甘みを増したものや多く実のなるもの、果実が大きいものも広まっている。日本では現在、4つの品種が登録されている。

  • ゆうふつは、日本で最初に登録された品種で、北海道立中央農業試験場が、1967年(昭和42年)に苫小牧市沼ノ端の自生地から採取した株などの中から、1986年(昭和61年)に選抜した。1990年(平成2年)3月には、北海道の優良品種に採用され、1992年(平成4年)1月16日に品種登録された[21]
  • あつまみらいゆうしげが、2009年(平成21年)12月21日に、厚真町のハスカップ栽培農家、山口善紀氏[22][23][24]により品種登録された。
    • ゆうしげの特徴は、大粒で、酸味が少なく、糖度が12以上あって甘い。
    • あつまみらいも大粒で、実が固く、甘いが、ハスカップらしい爽やかな酸味がある。
  • みえは、2012年(平成24年)に苫小牧市の農家により品種登録された[25]

ほとんどの場合、食品として加工された状態のものが流通している。これは、果実の日持ち性が悪く、生のままの保存が極めて難しい(生のままだと、徐々に果肉や皮が柔らかくなり、溶け出して液状化してしまう)ためである。近年では冷凍技術の発達により、実を冷凍した状態で流通している場合もあるが、流通量は極少である。

加工品[編集]

  • ハスカップを初めて菓子の原材料にしたのは、1923年(大正12年)に苫小牧市沼ノ端駅に近藤待合所(個人の待合所)を開いた近藤武雄である。近藤は、当時、沼ノ端駅の周辺一面に自生していたハスカップを何とか活用したいと考えていたが、1933年(昭和8年)に「ハスカップ羊羹」と「ハスカップ最中」を考案し販売した。更に「ハスカップ」も販売し、これらを駅の立ち売りで販売したのが最初である。これらの商品は、沼ノ端の名産としてなかなか評判が良かった。「ハスカップ羊羹」は、ハスカップジャムと白あんザラメを原料とし、四角いものと丸いものがあった。白あんにハスカップ果汁を練り込み、色は綺麗な深い紫色であった。「ハスカップ羊羹」は1936年(昭和11年)9月、陸軍特別大演習[26]で来道した天皇陛下に献上しており、宮内省から表彰状を受けている。
  • 1953年(昭和28年)には、苫小牧市の菓子メーカー三星 (菓子製造)、初代社長である小林正俊の考案した北海道銘菓[27]よいとまけ[28]が製造販売された。これは、王子製紙の紙の原料となる丸太をモチーフにしたロールカステラの内側と外側にハスカップジャムがたっぷりと塗ってあり、食べる際にジャムが手につき、べたべたになるため、「日本一食べにくいお菓子」[29][30]として知られている。従来の「よいとまけ」は、カットされていなかったが、切る際にべたべたして切りにくいということから、最近のものは、あらかじめカットされている。

その他、羊羹[43][44]キャラメル[45]ゼリー[46]グミ[47]ジュース[48]などに加工されている。

  • 食品以外の用途としては、「蓮香布織り」という染色にも使われている[49][50]

近縁種[編集]

  • ハスカップに近い仲間で、同じスイカズラ属ウグイスカグラ(鶯神楽)(学名:Lonicera gracilipes var. glabra[51][52]は、俗にウグイスノキ(鶯の木)[53]ゴリョウゲ[54]グミサガリンコ[55]とも言う。北海道(南部)、本州四国九州の山野の日当たりの良い場所に自生する日本固有種である。ピンク色でラッパ状の花を2個ずつ下向きにつける。6月に赤熟する液果は、甘みがあり食べられ、ジャム果実酒にすることも出来る[56]。ウグイスカグラの名は、ウグイスの鳴く頃に花が咲くことに由来している。なお、黄色い液果をつけるものは、キミノウグイスカグラ(黄実の鶯神楽)と言い、この果実も甘みがあり、食べられる[57][58]
  • ウグイスカグラは無毛だが、ヤマウグイスカグラ(山鶯神楽)(学名:Lonicera gracilipes var. gracilipes[59]の枝、葉、花には、が生える。
  • ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)(学名:Lonicera gracilipes var. glandulosa[60]は、本州四国九州の、主に日本海側に自生する。枝、葉、花、実に、やや粘りけのある腺毛[61]が生える。
  • ツクバウグイスカグラ(筑波鶯神楽)(学名:Lonicera tenuipes var. tukubana)は、茨城県の筑波山にだけ生えていた日本固有種で、清楚な白い色の花をつける。液果は、キミノウグイスカグラに近いオレンジ色である[63][64]。1938年に筑波山の林床で採集された個体が最後で、その後の発見はなく、茨城県レッドデータブックでは絶滅種とされている[65]

市町村の花に指定している自治体[編集]

関連する文化[編集]

楽曲[編集]

  • 1982年に井沢八郎がシングル「勇払原野」をリリースした[66]
  • 北海道出身の演歌歌手、美咲じゅん子が、2010年に、ハスカップを歌った「ゆのみの花」をリリースした[67][68]
  • 2016年に苫小牧市の三上俊一さん作詞の「ハスカップ音頭」がリリースされた[69][70][71]
  • 千歳市ローカルアイドル、小娘 (シャオニャン)が2019年、ハスカップのPRソング「ハスカップ小町」をリリースした[72][73]
  • 他、竹中直人の曲「ベロの付いた赤い財布」[74]に"ハスカップ"という歌詞が見られる。

マスコットキャラクター[編集]

ハスカップレディ[編集]

苫小牧市の観光親善大使「ハスカップレディ」は、毎年8月上旬に開催する「とまこまい港まつり」[82]で選ばれ、1年間市内外の各種イベントや観光キャンペーンなどでPR活動を行う[83]

交通[編集]

道南バスの「高速ハスカップ号」は、札幌市苫小牧市を結ぶ高速バスで、1985年から運行している。

関連書籍[編集]

ハスカップ学習漫画『東胆振でみつけた!お宝!!ハスカップ』[84]

脚注[編集]

  1. ^ ハスカップについて。(三星公式ホームページより)
  2. ^ 果物歳時記
  3. ^ Growing Honeyberry bushes, about Honeyberry Berries Unlimited USA
  4. ^ Blue Honeysuckle: A Berry of Longevity That Only Grows in Harsh Climates THE ROOTS OF SHUN (July / BACK NUMBER 2018)
  5. ^ アイヌ語辞典
  6. ^ 月刊シロロ4月号”. www.ainu-museum.or.jp. 2020年1月22日閲覧。
  7. ^ ハスカップの歴史
  8. ^ ハスカップの自生地
  9. ^ クロミノウグイスカグラの地理的分布と倍数性調査。
  10. ^ 戦場ヶ原
  11. ^ 「ハスカップ」ブルーベリーに似た北海道の果物の花!春の花の種類は豊富!
  12. ^ アントシアニンの効能
  13. ^ ハスカップおむすび
  14. ^ 厚真町観光協会認定おむすび発売!
  15. ^ 北海道新聞 記事「ハスカップ活用の歴史は 苫小牧で企画展」 2016.2.28 1933年(昭和8年)、旧国鉄沼ノ端駅にあった商店「近藤待合(まちあい)」が苫小牧市内で初めてのハスカップ加工品「ハスカップ羊羹」を発売。地域振興のために製造。その後もハスカップの最中やあめなどを販売。1953年三星が、ジャムを巻いたロールケーキ「よいとまけ」を発売し、ハスカップの知名度を高めるきっかけとなる。
  16. ^ 北海道厚真町
  17. ^ 厚真町観光協会
  18. ^ 行きましたハスカップで町おこしの厚真町
  19. ^ ふれらんどでハスカップ狩り
  20. ^ 【2.5%還元】【北海道・乙部町・果物狩り】道南でも数少ない隠れスポット!ハスカップ狩り体験【1名から予約可能】
  21. ^ ハスカップ新品種「ゆうふつ」の育成について
  22. ^ ハスカップファーム 山口農園
  23. ^ ハスカップファーム山口農園
  24. ^ 北海道厚真町のハスカップ農家・山口善紀さん
  25. ^ 行きましたハスカップで町おこしの厚真町
  26. ^ [1]
  27. ^ 懐かしの北海道銘菓15選|定番&安心のお土産が勢ぞろい!
  28. ^ “日本一食べにくい”のに愛されすぎ!「よいとまけ」はハスカップたっぷりの北海道名菓
  29. ^ 日本一食べにくいお菓子「よいとまけ」は本当に日本一食べにくいのか検証してみた
  30. ^ 苫小牧 三星のよいとまけ
  31. ^ いろはすハスカップを買う前にチェックしたいことをまとめました
  32. ^ いろはすハスカップ味!Japanese Famous Water!
  33. ^ ~北海道産ハスカップを使用したプレミアムな炭酸飲料が装いも新たに新登場~「Ribbon ハスカップソーダ」2015年8月31日(月)より北海道限定で新発売
  34. ^ ポッカ/北海道限定「Ribbon ハスカップソーダ」
  35. ^ まさに北海道の飲み物って感じハスカップとガラナがひとつに合体
  36. ^ ハスカップ果汁液 「ドラキュラの葡萄」
  37. ^ 厚真産ハスカップ使ったアイス セイコーマート1181店で発売
  38. ^ セコマが厚真産ハスカップのソフトクリーム
  39. ^ セコマ、「北海道美瑛町産ハスカップサワー」発売
  40. ^ えっ、紫色のカレー!?「ハスカップカレー」をベル食品が発売し話題
  41. ^ 小樽 中野製菓 《ハスカップかりんとう》
  42. ^ ハスカップティー
  43. ^ HASKAP羊羹
  44. ^ https://the-easylife.com/2018/12/26/kaldi-hasuwinecandy/
  45. ^ 北海道ハスカップキャラメル
  46. ^ 太陽いっぱいのハスカップゼリー
  47. ^ はすかっぷグミ
  48. ^ 瞳にやさしく、気分スッキリ!北海道産ジュース
  49. ^ ハスカップで染めた、北海道の貴重な蓮香布織りとは?
  50. ^ 「ハスカップ染織」見聞録
  51. ^ ウグイスカグラの花
  52. ^ ウグイスカグラ/うぐいすかぐら/鶯神楽
  53. ^ ウグイスノキ
  54. ^ ゴリョウゲ
  55. ^ サガリンコの実
  56. ^ ウグイスカグラ
  57. ^ キミノウグイスカグラ
  58. ^ キミノウグイスカグラ
  59. ^ ヤマウグイスカグラ(山鶯神楽)
  60. ^ ミヤマウグイスカグラ
  61. ^ 腺毛をもつ植物
  62. ^ コウグイスカグラ
  63. ^ ツクバウグイスカグラ
  64. ^ 絶滅種 筑波ウグイスカグラ
  65. ^ ツクバウグイスカグラ
  66. ^ [2]
  67. ^ ハスカップの歌
  68. ^ ゆのみの花 (ハスカップ) 歌・美咲じゅん子
  69. ^ ハスカップ音頭
  70. ^ ハスカップ音頭完成 苫小牧の三上俊一さん、37年前に作詞
  71. ^ ハスカップ音頭(北海道苫小牧市)
  72. ^ 千歳のご当地アイドル・シャオニャン結成15周年 全国流通第2弾CD発売へ
  73. ^ 小娘(シャオニャン) 「千歳初恋物語」、「花園、、、快感!」、「ハスカップ小町」
  74. ^ 竹中直人 ベロのついた赤い財布 歌詞
  75. ^ 苫小牧市公式キャラクター「とまチョップ」の部屋(とまチョップオフィシャルサイト)
  76. ^ とまチョップ
  77. ^ 初山別村
  78. ^ しょさまる・初山別村イメージキャラクター
  79. ^ しょさまる
  80. ^ あつまるくん
  81. ^ カゴメ株式会社と北海道のタイアップ事業:リトルベリーズが「野菜生活100 ハスカップミックス」を紹介。
  82. ^ 第63回 とまこまい港まつり
  83. ^ 2019ハスカップレディ
  84. ^ ハスカップ学習漫画『東胆振でみつけた!お宝!!ハスカップ』が発行されました

外部リンク[編集]