勇払川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勇払川
勇払川 2012年6月30日撮影
勇払川(苫小牧市沼ノ端) 沼の端橋より下流を望む
水系 二級水系 安平川
種別 二級河川
延長 37.8[1] km
平均流量 -- /s
(沼の端水位観測所)
流域面積 219.4[1] km²
水源 モラップ山苫小牧市
水源の標高 506.5 m
河口・合流先 太平洋安平川
流域 北海道胆振総合振興局管内
テンプレートを表示

勇払川(ゆうふつがわ)は、北海道胆振総合振興局管内を流れ安平川と合流した後に太平洋に注ぐ二級河川安平川水系の支流である。

地理[編集]

北海道胆振総合振興局苫小牧市石狩振興局千歳市の境にある支笏湖畔のモラップ山に源を発し苫小牧市あけぼの町で新旧河川区間に分離。①旧河川(沼ノ端):旧勇払川として沼ノ端を流れた後にウトナイ湖下流の美々川と合流 ②新河川(沼ノ端):植苗の合流点でトキサタマップ川と呼称を変えてウトナイ湖に流入した後に美々川として湖から流出。②が①と合流点となるJR千歳線新勇払川橋梁の手前で美々川から勇払川に呼称を返上。更に湿地帯の勇払原野で③旧河川(勇払):三日月湖(呼称は勇払川) と④新河川(勇払):蛇行改修の本流 が合流した勇払川は河口付近の勇払で安平川水系本流の安平川に統合されて太平洋に注ぐ。

以上より治水工事の結果、沼ノ端と勇払でウトナイ湖を挟み新旧①~④系統で構成される集合河川となる。

地名由来[編集]

アイヌ語で「イプト」(それの、その口)という意味が考えられる。

古く新井白石が胆振鉏(いぶりさへ)の中心地が、勇払(いぶつ)地域[1]ではないのかと物の本に書いてある。

沼の端橋にある勇払川の河川標識
勇払橋にある安平川河口
本流と合流後は安平川に統合される

治水[編集]

中流の沼ノ端の区間は築堤護岸で治水工事を施されている。下流の勇払原野の区間は、本流の安平川と同様に両岸にある築堤の間隔を遠くに離して氾濫水を河道調整敷地内で受け止める河道調整地方式[2]である。

利水[編集]

植苗地区に在る工業用水の取水堰は、苫小牧臨海工業地区へ向けて工業用水の供給を担っている。 また勇払川下流にある日本製紙勇払工場製紙プラント用の工業用水として利水される。

流域の自治体[編集]

北海道
胆振総合振興局苫小牧市

支流[編集]

括弧内は流域の自治体

  • 美々川(苫小牧市、千歳市)
  • トキサタマップ川(苫小牧市)
  • 植苗川(苫小牧市)
  • 勇振川(苫小牧市)

主な橋梁[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『北海道大百科事典 下』北海道新聞社、1981年
  2. ^ 安平川河川整備(苫小牧民報)

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]